なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製塩らーめん」@とものもとの写真まず煮干。この食欲を煽る香りに、帆立の柔らかい香りが舞う。丸鶏だろうか、そのふくよかな優しい旨味に、強烈な磯の香りが纏わり付く。蛤のような味だが、粗雑さと塩味の立った個性的な風味、どうやらホンビノス貝らしい。
そのホンビノス貝、相当大量に使っているのではないだろうか。食べ進めるに比例して、席巻するのは癖のある貝の旨味。ラーメンらしい癖になる仕上がりも見事なもので、磯臭さが気にならなければ、類を見ぬ個性に魅せられる。
中細麺は全粒粉で、少し硬めの茹で加減。歯切れが良く、爽やかな甘さが芳醇に香る質の高さに咀嚼が進む。束の張力でスープが遠慮なく絡むため、渾然一体は申し分ない。設計力と技術の高さが、高次元で商品に込められる。
具では海苔が白眉、相性抜群で、可能ならば十枚くらい追加したいくらいだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは^^ フランス料理のような美しさですね。
拉麺はいかようにも変化するのも面白いです。

昭和のBecky! | 2019年1月29日 11:42

万人受けするかはさておき、手の込んだ商品から熱意をひしひしと感じました。
スープストックの技術が確かであれば、変幻自在なのがラーメンの魅力のひとつです。

Dr.KOTO | 2019年1月30日 19:02