なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:15頃訪問。ほぼ満席と中々の盛況ぶり。店は駅ビルにあり、入り組んだ形状のカウンターが設けられている。やや窮屈だが、居心地は悪くない。男女5名程による切り盛りで、接客は手慣れた感じ。

本セットメニューを選択。暫く待って、ラーメン→デミカツ丼の順番で配膳された。

スープは、穏やかな色合いに茶濁。粘度はあまり感じられないが、表層は乳化が進んでいる。
飲んでみると、豚骨のコクと旨みが豊かに口中に広がる。極めてナチュラルな出汁感だが、クセ、臭みや余計な重さは抑えられており、場所柄に相応しく、幅広い客層に受け入れられそうな方向性だ。
そこに和風出汁が加わり味わいを深めているが、あくまでも上質の豚骨出汁を主役とした組み立て。これで良いと思う。
カエシの立ち方は適度。余計なトガりは無いものの、最後まで飽きの来ないキレを生み出しており文句無し。

麺は、ストレート中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。表面のツルツル感と、噛み切る際のグニグニという適度な抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめだが、セットトータルとしては十分な満腹感が得られた。

具として、チャーシューは、細長くしっかりと厚みのあるバラ肉が1枚。ホロホロ&トロトロに柔らかく煮込まれており、適度な味付けが施されている。非常に美味。
太めのメンマは2本。柔らかめのもの。甘みが効いているが嫌みの無い味付けで、良い箸休め。
半味玉は、黄身ネットリの仕上がり。個人的にはあまり好きで無い味付け。
中央には、白髪葱と青葱が乗り、風味と食感の両面で良い役割を果たしている。

なお、デミカツ丼は、ハーフとしては十分なサイズのデミカツに、少量のキャベツも添えられている。名物とは言え、驚く程の旨さという訳では無いが、カツのコロモがカリッと揚げられているのが好印象。

立地を考えると、思いの外、本格的なラーメンを大いに楽しむ事が出来た。移動や買い物の合間に食べるラーメンとしては、十分以上の価値を有していると思う。この人気ぶりにも頷けるというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。