なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:00の少し前に到着し、3名の待ちに接続。少し待ってから入店、着席する事が出来た。なお、退店時までの後客は4名だった。店内は適度なスペースを有しており、L字型カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男女各1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは醤油の色目が中庸に出ており、濁りを帯びている。表層には大小の背脂が多めに浮遊。
飲んでみると、生姜が前面で力強く主張。主役の座を独り占めしている感じだ。食べ手を選びそうなレベルの主張具合だが、中途半端さの無い味わいには好感を覚える。生姜好きの人にはたまらないのではなかろうか。
一方、豚のコク、旨みがベースをしっかりと支えており、味に何ら不足の無い厚みをもたらしている。背脂の果たしている役割も大きいが、過度の重さは無く、程好くコクを補強している印象だ。
タレの醤油感は生姜に押され気味だが、十分なキレを生み出しており文句無し。
最後、カウンター上の生姜酢を加えてサッパリ感を楽しんだ。

麺は、程々のうねりを有する平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際の適度な抵抗感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は、大盛だと適度に多め。自分には十分な満腹感が得られた。

具として、チャーシューは、薄い巻きバラ肉が2枚。適度な食感を有し、控えめな味付けが施されており旨い。
ホウレン草はクタっているが、風味が十分に残された仕上がり。
他に、小ぶりの海苔1枚、少量の刻み葱、カラフルな球状の生麩。

潔いまでに生姜を前面に打ち出した背脂醤油ラーメン。食べ手によって評価が分かれそうなタイプだが、ベース部分からキッチリと作り込まれているのは明らかで説得力十分。実に面白い一店だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。