なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鯛塩らーめん+鯛おこわ」@らーめん いつ樹 本店の写真[訪問時期] 2019年2月下旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] 鯛塩らーめん
[価格] 750円
[スープ] 鯛/白湯
[味] 塩
[麺] 手揉み太縮れ麺(160g位)
[トッピング] チャーシュー、メンマ、海苔、玉ねぎ、葱
[その他] 鯛おこわ(200円)


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12443544082.html

-------------------------------------------------------------------

青梅での所用を片付け、迷うことなく「いつ樹」へ。
移転後初訪問。
駐車場の入り口が分からなかったりしてやや手間取り、開店5分前に到着、シャッターズ8番手。
定刻開店時には10名、ものの数分で満席となる。
外待ちの間には店内から強烈な海老の匂いが漏れていたが、入店すると、そこにこれも強い鯛の匂いが混ざって来る。
旧店では海老つけを食べたので、今日は鯛塩、何となく鯛おこわも付けてみた。
着席から15分ほどでご対麺。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238277.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238281.html

■ スープ
濃厚白湯を啜るや否や、ブワッと強烈な鯛が攻めてきて、口中が鯛一色になり、それをショッパめな塩気が追い討ちするイメージ。
出汁感も油もほぼ鯛まみれなのだが、ひょっとしたら動物系がバランスだけ取っているかも知れない。
とにかく凄い旨味。
鯛が上品だなんて誰が決めたんだ!と言わんばかりの、鮮魚臭さギリ寸止め。
この鯛と塩気のワイルドパンチは、苦手な人も居そうな感じだが、自分はグイグイ引きずり込まれる。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238297.html

■ 麺
自家製太麺を丹念に手揉みした、ボコピロ縮れタイプ。
茹で加減やや硬めで、多加水らしいシコシコモッチリ。
かなりインパクトある食感だが、特濃級スープとはジャストバランス。
スープがショッパいので、噛むほどに小麦の甘味が浮かび上がる感じ。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238314.html

■ トッピング
チャーシュー、メンマ、海苔、玉ねぎ、葱。
2枚のバラ煮豚チャーシューは、ほど良い食感で旨味たっぷりの赤身と、トロッとした脂身のバランスに感心。
名物の三角メンマは、かつての印象よりずっと軟らかで薄味。
シャリシャリ玉ねぎの甘味はスープのパンチを上手い具合に和らげ、これは出来れば増量したいほど。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238321.html
[チャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238328.html

■ 感想など
普段滅多にご飯ものなど食べないのに、今日は何故かビビッときて頼んだ「鯛おこわ」。
鯛出汁、薄い醤油味で炊いてあり、鯛の解し身入り。
そのまま食べても、雑炊風にしても超旨かった。

[鯛おこわ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12443544082-14364238344.html

鯛の荒々しい側面を、搾り切るように引き出した一杯を堪能。
鯛まみれで塩気も強く、鮮魚系には珍しくかなり中毒性がある。
この攻め方が、神田の「五ノ神水産」に繋がったんだなと、改めて認識。
そう言えば、「五ノ神水産」では「銀だら搾り」に撃沈寸前になったままなので、そろそろリベンジマッチに行かなければ。

ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

この系列は個人的嗜好に
マッチしておりますので
いずれこちらもお邪魔したいです(^^♪

YMK | 2019年3月1日 08:24

こんにちは。

鯛出汁の強さは錦糸町以上のようで。
これは鯛ごはんつけて正解でしたね。

glucose(また一時休止) | 2019年3月1日 08:41

こんにちは。
五ノ神系の総本家ですね〜
寸止めは流石です。
系列店では寸止めしきれなかった打撃を何度か食らいました。

kamepi- | 2019年3月1日 09:00

荒々しい鯛ですか!
神田の五ノ神にも行かないと!

NORTH | 2019年3月1日 09:17

こんにちは
鯛が凄そうですね〜!
中毒性もあって、これ系好きな人ハマっちゃいそうですね
ほぐし身があれば尚いいかもと思いました

キング | 2019年3月1日 10:18

こんにちは。
かなり攻めている鯛感のようですね!モコさんは無理でしょうね(笑)私は五ノ神の銀だらも好きなので、これくらい攻めていても美味しくいただけそうです^^

poti | 2019年3月1日 14:47

どもです。
わたし、此方の系統では怖くて鮮魚系は
遠慮してます(笑)
貝系で濁してます(*^^*)

ラーするガッチャマン | 2019年3月1日 18:13

いつ樹の鯛塩とは基本に行きましたね。
いつ樹って移転しまくっているので、現在のお店には行ったことがありません。
鯛おこわ、いいですねえ。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2019年3月1日 18:27

今晩は。
私は間違いなく撃沈でしょうね。
五の神は、鮭で撃沈でした(~_~;)

mocopapa(疲れ気味) | 2019年3月1日 19:51

こんばんは!
鯛が上品なんて〇〇!のフレーズにビビッと来ました(笑)
鯛おこわもナイスチョイスでしたね、鯛おこわだけでも相当満足できそうですw
確かカッパハウスさんもコチラのご出身ですよね。

塩対応 | 2019年3月1日 23:03

こちらが五ノ神系の総本家ですか。初めて知りました。
じつはラーメン好きの歴史が皆さん方より浅めなので(苦笑)。
好みは別れるでしょうが、攻めの姿勢を評価したいです。

おゆ・Sometimes | 2019年3月1日 23:18

こんにちは。

こちらも鯛のラーメンですね。
五ノ神さんは、つけ麺しか食べたことがないので
両方の鮮魚系を味わってみたいです。

ももも | 2019年3月1日 23:21

こんばんは〜
これは美味しそう、麺もですけどおこわが超美味しそう。
雑炊風にしたら昇天です(^^)

がく | 2019年3月2日 00:50

としさん,どうもです。
一時五ノ神さん系にはハマりました。
ここは移転したんでしたっけね。
五ノ神水産も好きなのでこのメニューももちろんイケると思います。

RAMENOID | 2019年3月2日 05:23

こんにちわ~

移転後は自分も、まだ行けてませんw
一昨年の秋、機会があったんですが、あの広い駐車場に入れず撃沈w
また、コッチ方面に行ったら覗いてみます。

バスの運転手 | 2019年3月2日 15:42