なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30の開店時間に合わせて到着したが、数分遅れてからの開店となった。なお、先待ち無し後客は4名。店内は適度なスペースを有しており、L字型カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。最初は店主さんと女性1名がいたが、女性は仕込みの手伝いなのか、すぐに退店。接客は良好。

本メニューを選択。並盛と大盛は同額。暫く待って配膳された。

麺は、黄色味を帯びたストレート中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際の強い抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。つけ汁との相性はまずまず。
量は、大盛でつけ麺として適度に多め。自分には十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、オレンジ色がかった色合いに茶濁。コラーゲン由来と思しきトロみが感じられる。
少し飲んでみると、鶏を主体とする動物系のコクと旨みが前面でしっかりと主張。味の厚みが十分に打ち出されている。余計なクセや過度の重さの抑えられた上質のまろやかな出汁感に文句無し。
白身魚のアラも使用されているとの事だが、その主張はさほど強くなく、味わいを深める役割に徹している印象。
タレは中々強く立っており、塩分濃度はつけ汁として適度に高め。上述のまろやかな出汁感を引き締めつつ力強いキレを生み出しており、バランス良く組み立てられていると思う。
ただ、最初に温めで供される点がちょっと残念。
途中から、カウンター上の味変アイテムを使用。揚げ葱はクリスピー感と風味が実に効果的。カレー塩は当然ながらショッパさも増してしまう。個人的にはカレー粉の方が有難いところ。白胡麻は香ばしく期待以上に良い味変に。
最後、卓上ポットの割りスープを多めに投入して飲んだが、これもまた美味。結局、ほぼ完飲してしまった。

具は、全てつけ汁に入れられているが、見た目上の彩りという点で少し損をしている気がする。
チャーシューは、十分なサイズと厚みを有するロース肉が2枚。低温調理により柔らかく仕上げられている。良質の肉の旨みを生かす控えめな味付けが施されており、美味。
味玉は、黄味ネットリの仕上がり。オーソドックスに旨い。
メンマは、サクサク食感が心地良く、良い箸休め。
中央近くには、少量のおろし生姜が乗るが、個人的には不要。味変用に卓上に設置してくれた方が有難い。
他に、適量の刻み葱。

丁寧にバランス良く作り上げられた上質のつけ麺。味変を含めて大いに楽しむ事が出来た。立地的には微妙という気もするが、末永い営業を願いたくなる良店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。