なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば」@白河手打中華そば  一番いちばんの写真土曜の13時ちょい前に着 10人弱の外待ちに接続

初来訪なのでとりあえずデフォをポチ
お!青鬼がある いいなぁ 今度飲もう

広々としたカウンターのある店内には会話がなく静か
しかし緊張感があるわけではなくゆったりとした時間が流れている
提供まではやや時間がかかるようなのでラーメンが作られる様子をぼーっと眺める

着丼 シンプルな見た目だ
まずはスープを まず醤油の味が来る 見た目同様かなりシンプルな醤油 そしてあとから鶏 ややエッジが効いていてしょっぱめ
ごくごく飲むようなスープではない
麺 茹でる前に丁寧に手揉みを加えた麺はイメージしてたよりやや加水率高めのつるもちピロピロ 全然スープを吸っていないし纏ってもいないので麺そのものの味 おや?今時流行りの"麺が主役"系ラーメンなのかと思った
...が、食べ進めるうちにピロピロ部分がスープを吸って茶色くなってくる 食感も変化していく 楽しい こんなセルフ味変があったのかと しょっぱめスープも麺と合わさるとちょうどよい
具にも軽く触れておく 鶏チャーはややパサでちょっと残念 豚はかなりうまい 脂身があるタイプでジューシー
シャキッとした青菜の食感と苦味がアクセントになり良い

一口目からうま!!!!となるような感動と驚きはなかったが、食べ終わった後にしみじみ「あ~~~美味しかった...また絶対来よう」と思えるラーメンだった

人に勧められて来たけど、正直来る前は皆さんのレビュー内容と写真見ても、ふーん普通の醤油ラーメンじゃん今さらこんなのいいよ、てな感じで全く食指が動かなかった でも本当に来てよかった
ラーメン観変わった

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。