なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ごぐえぎ」@長尾中華そば 青森駅前店の写真※2月訪問時のレポとなります、ご了承ください。

青森駅前で1泊し、翌朝は実家の用事がありますが…時間に多少の余裕があります。
せっかくのチャンスなので朝ラーをしてしまいましょう(笑)
昨日本店で頂いたこちらは7:00から営業と早くからやってるんですね。

10時02分の到着で、先客は2名。
店頭の券売機を見ますと、あっさりやこく煮干しなど基本的なメニューは同じなんですね。
その中で駅前店限定の「ごぐえぎ 800円」が気になりそちらを購入。
ご飯は炊飯器からよそい放題のようで、大食いな方にありがたい仕様ですw

店内はセルフの配膳口のような特殊なコの字造りのカウンター。
厨房内に男性とバイトの女性?の2名体制で、日曜の中途半端な時間なのでゆったりした雰囲気。
着席から6分ほどで配膳されました。

スープは見事にビターな煮干しの色合いをしてますね!
見た目通り濃度高めで、トロトロな口当たりにニボの味わいが満載。
意外にも苦味や酸味は走らず、煮干自体の風味がストレートに感じられますね。
カエシは控えめで、これだけ出汁の主張強めならもう少し塩気強めでもいいかな?

麺は手打ちの太ストレート。
かん水の気配は抑えめで、瑞々しくプルンとした歯触りが独特ですね。
手打ちの食感は堪能できますが…うーん絡みは今ひとつのような気がします。
この感じなら清湯の方が似合っているかなぁ。
麺量は150gほどで、ライスが食べ放題なので量には困りませんね。

具はチャーシュー・メンマ・刻みネギ。
チャーシューは本店と同じモモ肉かな、2枚入ってて肉質も良好。
メンマは普通の印象ですが、逆にこういうクラシカルなのが好みだったりしますw
刻みネギはたっぷり入ってて嬉しいですね~、煮干のホロ苦さにも良く映えますよ。

スープのドロニボ感をじっくり楽しみ、完食です。
塩気控えめで煮干しの魅力をド真ん中に据えたストライクゾーンの絞られた一杯。
麺の相性など、ちょっと好みとは外れてしまったかな。
しかし青森の煮干は関東のそれとは違う構成をしてて、非常に勉強になりましたね!
こちらは駅前なうえ朝から営業しているので、青森にお出かけの際は重宝しそうです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

ペンギンさんご無沙汰です。
2月の青森ですか、それはさぞ涼しかったでしょう。
ところでメニュー名「ごぐえぎ」とは何のことですか?
津軽弁か何かでしょうか?

あたと_13号 | 2019年5月6日 13:17

ペンギンさん,どうもです。
店舗によって置くメニューが少し違うんでしょうかね。
東京の支店でいただいたのがかなり気に入ったので,青森で食べてみたいんですよ。

RAMENOID(時々) | 2019年5月6日 17:12

こんばんは〜
あたとさんと同じく「ごくえぎ」がわかりません(^^;)
青森だと関東と違うんですね。
カエシ控えめなのは意外ですね。

がく | 2019年5月7日 01:15

>スープのドロニボ感

仰る通り、泥のような色のスープに惹かれますねー^^
底なし沼みたいな感じがとてもいいですよ。
自分も痛風よくなったらチャレンジしたいです・・・。