なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華麺(650円)太麺+脂多め」@江川亭 調布店の写真会社帰り。この日は、何故だかピンポイントで江川亭の中華麺が食べたくなってしまい、西調布に寄り道をすることにします。駅舎を出たら南下し、品川通りにぶつかったら右に曲がって直ぐの場所。18時半頃に入店すると、先客多数。子供連れの女性客なども平気で食事をしています。背脂豚骨醤油という、多少マニアックなジャンルの商品ですが、メインターゲットはファミリー層なんですな。

券売機で、基本の中華麺の食券を買ってカウンターに着席。食券手交時に、「太麺、背脂多めで」と好みを伝えます。麺は、細麺と太麺から選べるのですが、私は同チェーンではいつも太麺の方。スタッフは、年配の店主らしき方の他、若いアルバイト君まで総勢4名体制。ややあって、バイト君がホールを通って、我が一杯を運んで来ました。

同チェーンお揃いの黄色い丼に、背脂がたっぷり浮いた豚骨醤油スープ。丼中央部にはモヤシの小山が築かれ、これに沿うようにバラロールチャーシュー、メンマに海苔が配されています。麺はスープ上の背脂の層の下に隠れて、ほとんど窺うことが出来ません。

それにしても、なぜ同チェーンの丼は黄色なんだろう。柄の有る無しは別にして、基本色は白か黒の方が、ラーメンが引き立って美味しそうに見えると思うんだけどな。まぁ、アイデンティティとして確立しているからってことかな。まぁいいや、いただきます。

まずはスープ。豚骨と一緒に、ニンニクを株ごと大量に寸胴に放り込んで炊き上げたような、ニンニクの効いた豚骨醤油スープ。醤油ダレは、少し甘みのある、田舎醤油風の香りのものを合せているみたい。背脂由来の自然な甘みとの相乗効果で、実に優しげな味わいのスープですな。美味しい。

麺は、同チェーンの標準仕様が細麺らしいのですが、私はこれまで太麺オンリー。太麺と言っても、番手的には中太程度のストレートタイプのものです。歯が入る際にネチッとした食感と程良いコシがあり、小麦の香る好きなタイプの麺です。でも、一度くらいは標準仕様の細麺も試してみないとな。

チャーシューは、そのままでは少し冷たそうに見えたので、少しスープに浸けて置いてからいただきます。肉の味がよく判る薄味仕様のもの。なかなか良し。モヤシやメンマも箸休めにちょうど良い。

さて半ば。同店の一杯は、標準で結構しっかりとニンニクの効いたスープであることと、追加のニンニクが100円の有料トッピングになっているので、カスタムは卓上の唐辛子を振り掛けるだけ。でもこの唐辛子が秀逸。割と辛めな品種であることと、何よりも香り。辛そうオーラを纏った唐辛子らしい匂いがプンプン。同店ではいつもこのパターンですw

流石に、慌てて啜り上げると咽せそうになるので、用心をしながら、それでも掻っ込んで食了。スープも残さずに行っちゃいましたw

同チェーン。本店が小金井市にあり、東京都下を中心に10店舗ほど展開しています。比較的行きやすかった、つつじヶ丘のお店が閉店するなどしましたが、昨年は、新たに南多摩に出店するなど、地域密着のチェーンとして使いやすいので、たぶん、またこの調布店にも、早晩来ることになるだろうと感じられた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

前にもコメントしましたが
江川亭懐かしいですねぇ~
20年以上前、多摩エリアに住んでいたころ
ちょいちょいお世話になった懐かしい味です。

YMK | 2019年3月15日 08:28

YMKさん、こんにちは。

この背脂系、下町から東の方に比べて、西の方面には少ないんですよね。
特に、私の行動範囲には、この江川亭のグループくらいしか選択肢がないので
結構貴重なお店ですw

NSAS | 2019年3月17日 00:49