なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌味玉子らーめん(薬味ネギ多め)+割りスープ」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真味と言うか塩味が劇的に濃い事は分かっているが、何故これほどに塩味が強烈でも、不思議とバランスが良く感じるのか(※主観です)。それは、麹が多めで粒子まで残っている、芳醇な味噌の香りが鼻先を賑わせるためだ。
中華鍋で豚がらスープと一緒に味噌を馴染ませ、土砂降りの背脂が渾然一体を目指し大量に合流を果たす。脂と麹の甘さと交わる事で、塩味の尖りを錯覚化させる邪悪な構成。割りスープで薄めれば、旨味もしっかり感じられる。
もちもちした歯応えが魅力を放つ太麺。どっしり背脂にも負けぬ力強さを求めて採用された麺なので、小麦の香りが芳醇で、鼻先への抜けも申し分ない。
その昔は、弁慶に劣らぬ重量感を誇った暖簾と記憶しているが、年々ボリュームダウンが否めない点は残念だ。価格維持のため、やむを得ないのだろう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

嗚呼!ソソる景色ですおはようございます!!

ザクシールド | 2019年4月14日 10:31

初めて津田沼でいただいた時のインパクトが忘れられずにいます。
強烈な塩気と背脂。
やはり薬味多めが良いですね。

まだおおお | 2019年4月14日 10:47

背脂と麹のハーモニーなわけですか!
なりたけ凄い!

昭和のBecky! | 2019年4月14日 22:14

塩と様々な甘味、そして脂。アミノバランスが整った液体にこいつらを混ぜ混ぜします。
それをグルテンに絡めて食う。嗚呼、旨か。

…まあ要するに、多少強引な構成でも、バランスが取れてれば旨いんですw

Dr.KOTO@とんこつ月間 | 2019年4月15日 07:44