なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「白そば+瓶ビール+半ギョーザ」@麺屋 ブルーズの写真大人の遠足(静岡)1

JRお得切符でのチョイ旅。
さらに足を伸ばし,この日は静岡へ。
本当は浜松まで行ってみたかったのだが,ツイッターをチェックすると,行きたかった店は何と臨休……。
でも静岡に行くのは決めていたので,最近話題のこちらに向かうことにする。
まずは,東海道本線を乗り継ぎ富士駅まで。
富士駅で身延線に乗り換え,富士宮駅で下車。
駅から出た陸橋の上から眺める富士山の姿は壮観。
前日雪が降ったそうで,なお美しい。

見とれてないで,店を目指そう。
そう言えば,富士宮と言えば「富士宮焼きそば」で有名。
あちこちに幟が立っているし,路地裏の小屋のようなところで営業している店には行列ができていた。
焼きそばヲタではないのでスルーだが,ちょっと食べてみたい気もした。
路地を曲がって店に到着したのは開店30分前。
タッチの差で10名近くのグループが先に並んだ。
富士山に見とれてなければポールだったかと……。
その後,徐々に後続が。
開店時は30人ほどの並びができる人気ぶり。
富士宮焼きそば以外で並びができるのは,この街ではここだけかも。
並んでいるうちにメニュー表が回る。
基本は「白そば」のみ。
「裏そば」として味噌の「ミソバ」があったがここは基本メニューを。
せっかくなのでビールと「鶏汁ギョーザ(3個)」も。
800円+550円+240円,計1590円也。

ほぼ時間通りに開店。
オシャレな感じの店で,比較的お若い店主も今風。
ジャズ?が流れ,厨房上には洋物のCDも飾られている。
ビールはアサヒとサッポロから選択できるので,サッポロをオーダー。
出てきたのは黒ラベル。
黒ラベルを置くセンスがまずいい。
お通しとして,ダイス状のクリームチーズに,白胡麻と乾燥パセリが振られたものが小皿で提供される。
これも嬉しい。
間もなく餃子も登場。
お通しのチーズでビールを1杯ほど飲んだタイミングで餃子を出してくれるという,客の気持ちに沿ったオペも好印象。
名前通り,鶏の旨味があふれ出るような餃子も美味い。
ニンニクやニラ等の臭さの残る野菜は控えめで,この辺もオシャレ。
追って提供されたのは,すり鉢状に深い器に盛られた,生トマトの載った一杯。

麺は,富士宮の老舗製麺所「叶屋」製だという低加水の細ストレート。
茹で具合はやや硬めでジャスト。
豊かな小麦の味わいとパツパツと切れる食感を併せもつ,清湯系によく合う麺だ。
スープは,じわじわと旨味が湧き立つようなバランス系。
東京のどこかでいただけそうな感じではあるが,ハイレベルなのは確か。
薀蓄書きによると,「富士宮で飼育された鶏を使用した清湯と,沼津産の魚節で取る出し汁をブレンド」,「モンゴル・中国・琉球から生まれた三種の塩を独自に配合し,愛知産の白醤油・金沢能登産のいしるを加えた」とのこと。
白醤油やいしるを使ってるなら分類は醤油かな。
魚介を使いながらも,どこか洋風な感じがする。
具は,トマトスライス,針生姜,鶏チャーシュー,緑色の千切りは食べてみると大葉だった。
トマトの下からは長ねぎも登場。
ねぎは必須だが,ビジュアルとしては不要と言うことだろうか。
トマトスライスは「完熟トマト」を使用とのことで,甘みがあるおいしいやつ。
全体は洋風なのに大葉の香りが添えられるのは面白い。
ねぎは白ねぎの輪切り。
洋を前面に押し出しながらも,実は和の要素も仕込むことで,ラーメンらしく仕上げている。
麺量は150g程度だろう。
多く見えなかったが底が深いので,量は見た目よりもあった。

富士山の懐に抱かれたような街でいただく,オシャレな今風ラーメン。
ラーメン自体は,いろいろな工夫がされているとはいえ,東京のどこかでいただけそうな感じはするが,このシチュエーションで,オシャレなチーズのお通し,鶏の旨味溢れる餃子とともにいただく黒ラベルが最高だったので,満足感はアゲアゲ。
今日もいい日になりそうだ。




蛇足;
誤解されるかもしれないが,宿泊はしてない。
いちいち茨城まで戻る日帰り旅行なのである。
この日は6時台に家を出た。
安くお得な旅。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです。
富士山見事ですね!
富士宮焼きそばにはがっかりした記憶が(笑)
お洒落なラーメンだわ🍜

ラーするガッチャマン | 2019年4月1日 07:48

こんにちは☆

昨日から浜松、清水、伊豆と回ってます。
コチラは以前メディアで紹介されて気になってます。
浅間大社の見学が入れば訪問出来そうなのでそれにかけてます。

ノブ(激務中) | 2019年4月1日 10:09

どもです!
JRお得切符を使えばお得なのでしょうか。
ちょっと調べてワタクシも静岡、茨城あたりを攻略したいです。
これは見惚れる富士山ですね。
そして、オシャレなラーメンも見惚れます。
トマトの下にはネギが埋まってますか。
パッと見た時にトマトに目が行くようにというレイアウトセンスを感じますね。

食材も富士宮あたりのものをお使いのようですし、地産地消を感じて、遠征のし甲斐もありますね。

トマトなんて如何にもハイカラな具でごわすの
日帰りラーメンツアー楽しそうばい

赤髪二郎再び | 2019年4月1日 14:48

こんにちは。
今回は静岡ですか!最近はJRお得切符での麺活多いですが、結構お得に遠征できる感じですか?車だとお酒をまったく飲めなくなるのがつらいので、私もこのタイプの遠征はどんどん取り入れていきたいです。RAMENOIDさんの遠征レポがいいモデルケースになりそうです☆

poti | 2019年4月1日 17:31

こんな遠方まで日帰りでとはパワフルですね。
やってやれない事はないかもとの勇気を頂いたかのよう (苦笑)
雄大な富士山にみとれたのは止むを得ないかと思います。
良い写真ですね。

おゆ | 2019年4月1日 17:54

こんにちは。

静岡までとはずいぶん足を延ばしましたね。
富士山見ながらのビールとラーメン、最高です。

glucose(疼くとレポ上げ) | 2019年4月1日 18:00

こんにちは~
静岡遠征お疲れ様です☆
JRお得切符での遠征は今後マネてみたいと思います♪

銀あんどプー | 2019年4月1日 18:10

こんにちは。

ふじさんの写真がいいですね。
確かに交通費は抑えられそうですね。
でも、自分は車で行ってしまいそうです。

ももも | 2019年4月1日 20:22

こんばんは
埼玉や茨城県民なら富士山は撮りますよね^ ^
知りませんでしたが良さげな一杯ですね。
青春18きっぷですか?
泊まりを絡めたら相当遠くに行けますね

あらチャン | 2019年4月1日 20:45

こんばんは.
富士山を眺めての一杯,筑波山とはまた違う趣でしょうね.
bluesの発音はブルーズらしいですね.

Paul | 2019年4月1日 21:31

続いてどうも~

神奈川が続いてましたが、ずいぶん足を延ばしましたね~!
こんなシンプルな構成な一杯は大好きですよ~♪

バスの運転手 | 2019年4月1日 21:56

こんばんは〜
日帰りなんですか、いやはや凄い行動力(^^;)
安く遠出できる様なのでたまには自分も真似してみようかな(笑)

がく | 2019年4月2日 01:10

静岡まで日帰りで、お疲れ様です!
羨ましいです!大人の遠足☆
富士山を見てからの、黒ラベルと美味そうなラーメン!最高でしょうね♪

tomokazu | 2019年4月2日 05:00

おはようございます(*^^*)

遠足が過熱していますね(笑)
何気に見てみたら、富士宮までは
最低3時間半はかかるでしょう。
尊敬します。

としくん | 2019年4月3日 05:04

いいですね〜「大人の遠足」
美しい富士山!美しい拉麺!満足深い旅ですね!
でもなぜ宿泊しないのですか?安い宿もたくさんあるかと思いますが...?

昭和のBecky! | 2019年4月3日 12:50

おはようございます
いいですねぇ~大人の遠足。
もう最近はビールがセットになってきましたね。(*^^*)

mocopapa | 2019年4月4日 07:08

こんにちは。
富士山きれいです。
晴天で遠足日和だったようですね。
しかし、遠いですよ。

M | 2019年4月8日 11:44