なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏とん+生ビール(小)」@温泉つけ麺 維新 熱海本店の写真大人の遠足(静岡)4

JRお得切符でのチョイ旅。
富士宮市で1杯,静岡市で2杯いただいた後,さらに西へ行こうかとも思ったのだが,昼の部終了時刻を過ぎ,あとは狙うなら夜営業という状態。
次の日は仕事なので,戻りながらいただける店はないだろうかと,店を検索しながら東海道線に乗る。
すると,乗換駅になる熱海は,ランキング上位店がほとんど通し営業のなのを発見。
しかし,諸兄の採点はイマイチ。
どこがいいか思案し,熱海市ランキング4位ながらここまでの平均点が82.6点というこちらを選択した。

駅の真ん前の昭和の香りのするビル。
衣料店,お土産物店などが,このビルに入っているが,営業していない店も多く,観光客もほとんどいない。
本当にこんな場所なの?と,ちょっと迷いながらエスカレーターで地下に降りると,目指す店を発見。
店の前の券売機を眺めると,上段のボタンは全てつけ麺と店名通りつけ麺オシだが,下部には「鶏ガラ醤油らーめん」という汁そばのボタンもある。
つけ麺は計6種。
「海老鶏とん」,「鶏とん」,「辛鶏とん」,「魚介鶏とん」,「鶏しょうゆ」,「アサリ塩バターつけ麺」……全て並盛,大盛,特盛が同額である。
ちょっと面白そうな「アサリ塩バターつけ麺」のボタンは×印だったので,基本らしい標記メニューを選択。
特盛400gは流石に重いかと,300gだという大盛のボタンをプッシュ。
生ビール(小)というボタンもあったので,そちらも連打した。
830円+350円,計1180円也。

中途半端な時間なのもあり,店内には先客1名のみ。
いかにも温泉街のお土産物屋にいそうな年配の女性店員に券を渡す。
間もなくビールが登場するが,他店なら「中」と言っていいほどのジョッキである。
これが350円ならかなりお得。
銘柄はアサヒスーパードライ。
万人に愛される美味さだね。
追って,券を渡してから10分弱で提供されたのは,軽く整列させた麺が実に美味しそうな一杯。
つけ汁は石焼タイプでグラグラと煮立っている。
これまた意外。

麺はやや茶色がかった太ストレート。
まず麺だけを少量いただいてみる。
美味い!意外なほど美味しくてびっくりした。
最近いただいた麺では断トツ。
滑らかな麺肌,強い腰,小麦の味わい……だけではない。
見た目は黄色くないが,玉子麺?というような独特な味わいがある。
店を出る時若い男性店員に,麺が美味しかったがどこの製麺所の麺なのか聞いてみると,温泉水を練り込んだ自家製麺とのこと。
この味わいの深さは温泉水にあったのかと納得。
後で写真を見直すと確かに「温泉水使用」と小さく書かれていたが,もっと自家製麺なのを前面に出してもいいのではないだろうか。
次につけ汁に浸けてすすってみる。
粘度は軽めなので,滑らかな麺肌の太麺にはあまり絡まないのだが,つけ汁自体はこれまたメチャ美味い。
鶏白湯と豚骨と謳われているが,鶏の方が優勢。
カエシには醤油も使っている気がする。
絡みに不満を感じる方もいるかもしれないが,麺自体がメチャ美味しいので,このぐらいがかえっていいのだろう。
何より冷たい麺を浸けても熱々なのは好印象。
温度低下を嫌がる方には,申し出れば熱盛もできるようだ。
具は,麺上に大判の海苔,メンマ。
つけ汁中に,青ねぎ,白胡麻,鶏。
海苔は上質,太めのメンマも美味しい。
つけ汁中の肉は鶏モモ。
チャーシューなのかもしれないが,グラグラと煮立つつけ汁中なので,鶏モモを軟らかく煮たもののように感じる。
これまた美味しいつけ汁に馴染んでいて美味しい。
麺量はしっかりと300gあったが,美味しいのでするっと入った。
400もいけたかな?
スープ割があるのかどうか分からなかったので,そのままレンゲですくってつけ汁も完飲。
ほとんど飲み終えたころ,割スープのポットを若い男性店員が出してくる。
遅いよお兄さん(笑)
器に注いで飲んでみたが,節がしっかりと効いた上質な割りスープだった。

温泉水を練り込んだという自家製麺が絶品,つけ汁もメチャ美味い石焼タイプの濃厚つけ麺。
シチュエーションからあまり期待してなかっただけに衝撃だった。
古びた建物の地下というのはもったいない。
もっと日の当たる場所にあれば,店前のタペストリーに書かれているように「熱海新名物」になる逸材だと思う。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

おはようございます
熱海で大当りでしたね。このお店は聞いたことありませんでした。
運営会社を見てみたら、色々やっているんですね。
大井町にもお店があるけど、メニューは違うんでしょうね。
株式会社春夏秋冬
 懐石料理店「日本料理 津田山茶寮」運営
 パーティーケータリング並びに冠婚葬祭向け仕出弁当「春夏秋冬」運営
 まぐろ丼専門店「三崎市場」運営
 ジンギスカン、もつ鍋、もつ焼き料理、スープカレー「北一倶楽部」運営
 越後らーめん・越後つけ麺「維新」運営

mocopapa | 2019年4月4日 07:05

どもです。
何気に行ったお店ですが、ヒットしましたね、
ノイドさん持ってますね(^^)/
麺だけでも味わってみたいです!

ラーするガッチャマン | 2019年4月4日 07:50

おはようございます
ハイスコアですね。
かなり満足度高そうで。
静岡は良い店が多そう。
地方はアクセス数が伸びなくてドキドキしながらのレポ上げですが、また回ってみたいです。

あらチャン | 2019年4月4日 09:58

こんにちは。
この麺は見るからに美味そうですよ。
温泉水を練り込んだ麺というのは聞いたことがないですね。温泉水をスープに使うというのは長野・大町でいただきましたけど。やっぱり山塩と同じ味の効果があるのかもしれません。
熱海の自家製麺・・機会があったら是非伺います。BMします。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2019年4月4日 10:11

こんにちは。
温泉水を使った麺にそそられます~
こう言う発見も食べ歩きの醍醐味ですね。
熱海に行った際は寄ってみます。

kamepi- | 2019年4月4日 12:26

思わぬ出会いを楽しめましたね。

このユニークで美味しそうな自家製麺は、
公式ページによると、この本店のみのようですね。
大井町店でも提供されたら嬉しいのですが...。

おゆ | 2019年4月4日 15:00

こんにちは☆

以前熱海の2位と3位を攻めましたがコチラはノーマークでした。不覚。
麺がいいとの事なので次の熱海宿泊の時は狙ってみたいと思います!

ノブ(激務中) | 2019年4月4日 15:38

こんにちは。
温泉水を練りこんだ自家製麺とは面白い!駅から近くて遠し営業なので遠征のラストに駅で食べて帰るのにもピッタリなので、覚えておきます^^

poti | 2019年4月4日 16:30

こんばんは~
熱海は以前よく行ってたのですが、
こんな面白いお店が出来てたんですねー!
角温泉地で展開すれば面白そうですね♪

銀あんどプー | 2019年4月4日 18:27

こんばんは!

静岡大人の遠足の〆は、熱海っすか?
評判の高いお店があること、知りませんでした。

次の訪問時に追随したいけど、きっと海鮮丼に吸い込まれちゃうだろうな…

こんばんは(*^^*)

ぶらり各駅停車の旅ならではの発見ですな~
温泉地の駅前にこんな拘りの店があるなんて。
静岡は新幹線で通過する県という現実を
改めなければなりません。

としくん | 2019年4月4日 19:19

こんばんは.
なんと温泉水.見た目もツヤツヤでよいですが,味も抜群なようで.大当たりでしたね.

Paul | 2019年4月4日 22:31

こんにちは。

遠征でも責めてますね。
麺がまた大当たりだったみたいですね。
やっぱり麺が美味しいと最高ですよね。

ももも | 2019年4月4日 23:32

こんばんは〜
そういえば先日大井町へ行った時に見ました。
確か線路下だった様な…
大井町なら行けそうですね(^^)

がく | 2019年4月5日 01:18

どもです!
思わぬ名店発掘となりましたね!
うまさの秘密は屋号の通りに。

昭和レトロな商業施設の地下1階でこのレベルの高さはすごいですね。
経営者が変われば、恐らく熱海の飯田商店なんて言われたりするかもですよ。

こんにちは。
温泉水を練り込んだ麺に興味あります。
何か効能もあるんですかね(笑)

名店発掘。やっぱり自分の足で行かなくちゃですね。
このレポでもっと有名になりますね。

M | 2019年4月8日 11:34