なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉濃厚牡蠣煮干中華そば 牡蠣ニボ(1000円)」@麺屋 まほろ芭の写真今年に入ってから目にすることが多くなったこのお店。

BMしてから比較的直ぐに訪問となりました。

13時くらいの訪問。

お店に入って真正面に券売機があり、そこで掲題のチケットを購入。

先客2名。店員さん2名。

お店は想像以上に小さ目な店舗で、カウンター席の厨房側にモノが積まれていたりと物置風な感じもある。

カウンター席に案内される。奥にテーブル席もあるようだ。

ほぼ同じタイミングで同じメニューをオーダーしていた先客と同時提供。

まずはスープから。

ウンチクを見るまでは牡蠣煮干を使用していると思っていたのだけど、煮干しと生牡蠣でスープを取っているんですね。

スープのベースはスゴク濃度のあるドロドロ鶏白湯。

初動から牡蠣の旨みがガツン。

牡蠣を擂り潰したペーストをそのまま食べているみたい。

牡蠣に圧されているが煮干しの風味も相当すごい。

カエシも控えめで塩梅適度。

そのため牡蠣の存在感をすごく感じる。

おそらく生牡蠣を鶏白湯スープで煮てミキサーでペーストにしたモノだろうと思うけど、スープに牡蠣の身からミルキーな感じも上乗せされており、鶏白湯も数段旨みが上がっている。

広島で牡蠣を煮て作ったラーメンスープも美味かったが、ここまで牡蠣感が強い牡蠣ラーメンは初めて。

続いて麺。

菅野製麺所の細麺ストレート。煮干し系にはパツパツと言った定番の茹で加減ではなくややカタメ~普通といった具合。

個人的にはもうパツパツは飽きてます。小麦粉の風味も味わい難いし。

スープに粘度がすごくあるため、絡みはすごく良い。

絡みは良いが塩梅適度な為、最後まで飽きずに食べられる。

具材。

チャーシュー、牡蠣、味玉、玉ねぎ、ねぎ、海苔。

チャーシューはレアに仕上げている。

表面テカテカになっており、何か細工があるかなと味わってみたらバジルオイルでマリネしているモノだった。

牡蠣は単なる剥き身ではなく、軽く燻製にしているかもしれない。

牡蠣の中心部分に酸味が出ていたので、低温で調理したモノだろう。

味玉は外側がカタ茹で気味になっていたが、それは茹で麺機で提供前に温めたものだからだろう。

それ以外の部分はゼリー状で美味かった。

玉ねぎは辛味が抜けていて食感が良し。




接客のお兄さんも笑顔の印象強く、物腰柔らかい。

麺量・スープ量共にやや少な目かなぁという印象だけど、使用している素材が素材だけに相応かな。

具材一つ一つに丁寧な仕事が施されている。

今回はもう一つ候補店があった為、和え玉はやらなかったが、次回は是非。

牡蠣好きは絶対にハマる一杯。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。