なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛つけめん」@六厘舎 大崎店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/08/120000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/BkpPnwY8C6s

<今もしぶとく食べてます・・・・またおま豚骨魚介>
 
 めちゃっめちゃ強い風の中を、店前で並ぶ客あり。仕方なく連結するしかないんだが・・・・本当に真っすぐ立ってられない。しばらくしたら長椅子ベンチに座れたから良かったものの、それ以上またされたら、「あの小宮」へ流れようとすら思ってた次第。そんな感じで今回は何のポリシーもなく、王道の六厘舎のつけめんを食ってきました。
 
 
 
<全体&スープ> もはや行きつくところまで行った感ある王道豚骨魚介!
 
 おおお!もうこれまで何百回と見てきた豚骨魚介つけめん。昔つけめん砂漠だった関西エリアから出張してきたときは度肝を抜かれたっけ。それから見飽きるほど一時期食ったけど・・・・いまとなっては「またおま」感がむしろ「安心安寧」を覚えるようになってきたかも。まさしく「つけめん」を全国区に確立させた功績も、六厘舎のこの麺顔にはあると思うだが、妙に有難みを感じます。
  
 つけだれは、昔は濃厚と映ったが、今ではマイルドな中濃レベルで落ち着いたイメージ。フツーにレンゲを入れて味わいだすと、魚介の甘味が広がるものの、豚骨エキスの重厚感、そして醤油ダレ系の丸みを帯びた塩気がいい感じです。魚粉は香ばしさを残す程度で、コペコペとするほど強力なものではない。サカナ感が少ないほですよ・・・一時期のブームに比べたら。結局王道に還るってやるですね。
 
 黒七味や、ゆず粉などの薬味もあるが、これも当初は六厘舎のオリジナリティを感じた部分だったんだが、いまではどこでもつけ麺やなら見かけるようになりました。また酢を入れることはあまりしない性格だったんですが、濃厚過ぎて思いときは、酢をいれてマイルドに仕上げることも覚えたのは、この系統の味わいから。私がラヲタ(ラーメンヲタク)のきっかけとなった系統だけに、たまに食うとすごく美味い。
 
 
 
 
<薬味> しかし辛味を入れるとまた新しい扉開くのだ!
 
 辛味がいいね!。辣油系で液状を垂らす形式と、フリカケ系で粉を混ぜ込む形式と別れます。こちらは後者なのですが、つけ麺だとこの方が似合いましょう。単に赤唐辛子でオイリーに味付け微塵しただけでなく、いろんな薬味も入っているから奥が深い。単にキレがあるだけでなくコクが深い。
  
 赤唐辛子の他に、まず目につくのが「白ごま」これが甘さと香ばしさを発揮する。そして甲殻類を潰したものか?まさしく海老!っぽくはないのだが、この旨みと香ばしさも、白ごまとリンクしてコクを深めてゆくイメージです。これがつけダレ全体に混じってゆき、辛味が溶けて、全体の味が引き締まりとパンチ力を生みます。
 
 
 
 
<麺> つけめんと言えばこの太さ!この色合い!全国基準と思えるプレゼンスと質感の高さ!
 
 もう語らずとも分かる味。日清製粉「傾奇者」という国産強力粉らしい・・・。極太つけ麺のスタンダードとも言え、薄く褐色に映る地肌感は、まさに旨そう。つやっぽいだけでなく、美しく、また食べやすくなるように、きれいに全体が整っているのがイイね。
 
 低~中程度の加水感。とてもモッチリ感とクシッとした引き締まりを感じるレベル。薄い褐色に見えるそれは、地肌に全粒の打ち込みを微妙に感じさせます。殻が2~3%程度といった感じかな?。つけめん好きなら必ずやってしまう、最初何もつけずの1本食い。濡れているのに粉の風味感あり。ヌツヌツとあとは歯で噛み潰しながら味わいますが、タレが凄くまとわりつく。そして「辛味」の欠片がすごく地肌に引っ付きやすい。一緒に噛むと部分的にホットな風が鼻孔を駆け抜けるのですが、それもまた辛つけ麺の醍醐味。白ごまもしっかり貼りついて胡麻の豊かな滋味を示します。
 
 
 
 
<チャーシュー> つけだれ器の底からサルベージ!ハードに見えてじつはフカフカの柔らかさ!
 
 この手のつけ麺なら、チャーシューはブロックカットされて、器の底に沈んでいるのが多い。ですがこちあは割とでかめの一枚肉で、器の内壁に貼りつくようにして、底に沈んでおります。サルベージして見ると、ロース肉で歯応え感がありそう。ところが実際は、とてもソフトな歯応えでタレをしっかり含んでいるのか、とてもジューシー。これだけで白飯一善が食えそうな勢いある旨さ。この質感なら肉増しはハズレなしですな。
 
 
 
 
<スープ割> セルフ方式:熱さ戻って辛さも復活! 
 
 カウンターやテーブルにはポットに入った割スープが備わっている方式。薄い鰹出汁のようなのを注いで飲み干します。麺が熱を奪っていくため温度が下がるつけダレが、一気に熱をもらって元気な味に感じる。それだけでなく、熱くなると辛味もシンクロしたように復活し、また旨い味風景が立ち上がってゆくのでした・・・・。スープ割は別腹で入ってゆきますね!。旨し!。
 
 
 
 総じまして「王道に飽きることなし!辛味変化で旨さの新発見!再認識!なる質実つけ麺!」・・・と言う感想。昔なつかしい王道豚魚を!と思って来て食ったが、今でも新鮮な気持ちで楽しめる。東京駅の店ほど並ばずに食えるので結構便利。辛つけ以外にも、担々つけもあるので、辛さの違いを確かめるのもいいかもです。思い出したように王道つけめん食うのも新鮮なものですよ。激しくおススメ。そんな応援気分が冷めやらぬうちに、とっとと最後に詠っていつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   青空に
   ビル風強く
   春嵐
 
 
   辛つけ刺激
   旨さの嵐
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

どもです。
懐かしいですよ!
今も並んでいるのですね(^^)
今では凄いグループになっちゃいましたが😱

ラーするガッチャマン | 2019年4月8日 13:48

こんばんは~
昔の並びは凄かったですね~✨
実家のそばなので帰省する度に行きたくなるお店です♪

銀あんどプー | 2019年4月8日 18:15

こんばんはぁ~♪
何か懐かしいですね。
またおまの豚魚 美味しいのタベタヒ。

mocopapa(疲れ気味) | 2019年4月8日 21:46