なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(白)手もみ麺 味玉入り ¥800」@中華そば 六感堂の写真平日 晴天 13:30 店内満席 外待ち5名 後待ち3名

〝ニューオープン狙いうち〟

本日は昼過ぎてから目が覚めた。最近は東北遠征や高級ラーメン巡りをしていたので新規開拓をサボっていた。そこでRDBの新店情報を見てみるとコチラが浮かび上がってきた。

お店情報ではオープン間もないようで、池袋にある店の二号店となっている。確かそちらの店は NO MSGを掲げた自然派ラーメンだったがコチラはどうなのだろかと興味が湧いて初訪問を決めた。午後1時前に家を出て副都心線で20分もすれば最寄り駅の要町だ。この駅には何度か降りた事があるが、全てラーメンのためだけに降りた駅だ。そんな駅にまた新店がオープンとなれば、ご近所さんにとっては朗報に違いない。

改札を出て要町通りを池袋方面へ5分も歩けばシンプルな白い看板が目に入った。昼のピークを外して来たつもりだったが店先には行列が出来ている。同ビルの住人やテナントの飲食店の迷惑にならないように店頭の案内に従って歩道を挟んだ場所での待機となった。そこで店頭に置かれたメニューから品定めをしていると10分ほどで入店となり、券売機でお目当てのお題に味玉を追加発券してカウンターに座った。麺が細麺と手もみ麺からチョイス出来ると知り、食券を手渡す時に最近のマイブームの手もみ麺を告げて店内観察を始める。

わずか7席だけのL字カウンターの店内には新店舗らしく真新しいクロスや木材の香りが満ちている。オープンしたばかりの調理場内のステンレスもピカピカで気持ちが良い。この状態を維持するのは大変だろうが、いつまでも清潔感を保って欲しいと思う。カウンター内の調理場にはマルゼン製の6連式の茹で麺機が見られるが、スープ炊きの大型ガス台が見られない。奥のスペースにも洗い場があるが、スープは奥で仕込まれているのだろうか。そんな仕込み場が見えない不思議な店内を、本日はオープン特需を考えての四人体制の盤石の布陣を敷いている。ほぼ晒しの状態となっている調理台を見ながら待っていると、着席して15分以上もかかって我が杯が到着した。

この時にようやく提供時間がかかっている理由が分かった。それはワンロット2杯で進行していたはずなのに提供されたラーメンは1杯だけが提供された事だった。ひとつ前のロットでも同じ事が起きていたが、麺の種類か茹で時間を間違えたのか、カエシの種類を間違えたのかは分からないが、麺上げされた麺をゴミ箱に破棄している姿を立て続けて見たのだ。その光景は明らかなオープン直後のオペレーション不足だと思った。これでは回転率は悪くなるはずだが、納得できない麺を捨てる事ができる作り手の勇気を、食べ手としては大絶賛したいと思う。

その姿は白磁に雷紋柄のオリジナル切立丼の中で懐かしげな表情を浮かべている。しかしその懐かしさを象徴するナルトを見ると、池袋の旗艦店のような〝NO MSG〟とは違うラーメンである事は残念だが理解できた。

まずは濁りのある焦香色のスープをひとくち。鶏ガラ主体の動物系スープに煮干し出汁を重ねたオーソドックスな中華スープを今風に再現されている。今風に感じたのは、カエシに使われた醤油の酸味を最優先した配合が思わせるのだろう。よって醤油ダレの甘みや塩分は控えてあり、塩気の過剰な演出をしていない。その上に野菜の甘みをスープに感じるので全体的に穏やかなスープとなっている。本来ならばこれだけで十分に優しい旨みを感じられるスープなのに、余分な旨味成分の底上げもされている。耐えられないような量ではないが、補う程度に足されてあり残念。

麺上げまで150秒ジャストの中太平打ち麺は、軽やかにウェーブした手もみ麺。持ち上げた箸先からはハリの強さを感じる強麺に見えた。いざ口に運ぶと、麺肌には溶け出したグルテンの表膜が口当たりを良くしている。ちぢれ具合が緩やかなだけに口の中を暴れまわるような凶暴性は無いが、歯応えではかなりの強情さをアピールする。そんなパスタのアルデンテにも似たコシのある食感が生み出す歯切れの良さが素晴らしい。決して太麺ではないが、食べ応えのある麺質に一瞬で引き込まれてしまった。この麺質ならば後半でもダレる事はなさそうなので放置して具材をいただくとする。

具材のチャーシューは豚バラの煮豚型が表面を炙られて添えてある。かなり小ぶりだがホロっと崩れるような柔らか仕上げとなっている。味付けも控えめで脂身の甘みを先に感じられる作りとなっている。印象としては強くないが、ラーメンに寄り添うような個性を出している。

逆に、追加した味玉は強い個性を発揮している。白身にもグラデーションがない程に漬けダレが全体的に浸みわたっている。浸透しているのは醤油の色素だけでなく塩分も強く浸透しているので強い塩気が入り込んでいる。その分の熟成度も高いが、黄身にまで浸みた塩分は施し用のない塩っぱさとなっていた。丁寧に温め直された仕事ぶりが出ているだけに残念な仕上がりだ。

昔ながらの細メンマを起用されていて、見た目にも〝らしさ〟を表現している。適度な食感と味付けが心地よく、ハリとコシのある麺との共演でも一歩も引かない脇役を演じていた。

懐かしさを演出するナルトには手を出さなかった。色素こそ最近ではトマト色素などを使用しているので安心だが、アミノ酸や苦しまぎれの発酵調味液などと、何が含まれているのか分からない食材は出来るだけ避けたいと思うプラマイゼロの考え方が働いてそうさせるのだ。

最終的には麺は完食したが、かなり少ないスープすらも残してしまったのは旨味過多によるものだろう。ふと周囲を見ると隣り客がオーダーしていた特製手もみ麺の大盛りにも、並盛りと同じ小さな器で盛り付けてあったが、どう見てもスープと麺のバランスがおかしく見えた。

メニューには違う醤油系もあり細麺も用意されているので、もう少しオペレーションが落ち着いてきた頃に再訪してみたいと思った一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。