なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 白 特製(980円)」@中華そば 六感堂の写真GW前の平日。注目を浴びているお店が池袋に2店舗出来たので訪問した。

小雨が降る日、訪問時間は12:30。

お店の前に2名、道路のガードレール側に1名。

ガードレール側にいる方の後続に着く。

その方は2度目の訪問らしく、前回訪問時は数十メートルは並びが出来ていたとの事。

並びが収まったのか、天候の為なのか、いずれにしてもラッキー。

しばらく待っていると5分強で店内昇格。

高台にチケットを置くと、細麺か手揉み麺の選択を迫られる。

後者の手揉み麺でお願いした。

店員さんは男性スタッフ2名。麺場はメガネのお兄さん。

カウンター席からも丸見えだったのでずっと見ていたが、レードルを正しい位置で静止することが出来ず、カエシがレードルからこぼれたり、スープもキチンと量れていないようだ。

カエシをセットしても分量が違っていたのか、やり直したり・・。

たまたまだったのかどうか確認したが、やはりレードルを正しい角度で持っておらず、この方では常時ブレが出てしまうと思われる。

オイラのロットの時も確認したが、同じく作業工程にブレがあった為、食べる前からあまり期待はしないでおいた。

高台にモノが到着。

まずはスープから。

白から白ダシをイメージしていたが、色味からも薄口醤油を使っていると思われる。

香味油には遠くの方でネギの風味がし、スープは煮干し、鶏ガラ、豚ガラを使用している模様。

それと工程の中に大匙1杯の課長さんが入っていることも確認済み。

香りは良いのだけど、課長さんで旨みを補正している割りには煮干し・動物系共に弱く、また塩梅もかなり優しく物足りない。

この手のヤツで最初塩梅が弱めで段々と口が慣れていくタイプのモノかな、と思っていたが、そもそもの旨みが弱いので終始物足りない感じで固形物を食べ終わってしまった。

続いて麺。

平打ちの中太ストレート麺。

茹で加減は2分半。

手揉み麺という割には茹で麺機に入れる前にも手揉みしていないし、手揉みをすると揉んでいる圧力によって多少麺の厚みが変形したりで食感が変わって面白いんだが、そういうものもなくただ単に最初から縮れているだけだった。

麺はプツッと切れる食感良く、美味い。

ただ、スープの旨み・塩梅が弱く、麺の存在感がやや優勢。

具材。

チャーシュー、メンマ、味玉、皮ワンタン、ナルト、ネギ。

チャーシューは適度な厚みがあり、直前に炙られている為香ばしい。

塩梅良く、美味い。

メンマは細いタイプのモノでコリコリした食感が良いですね。

味玉は半熟状を目指したモノだろうが、茹で時間足りず中が未完成。

皮ワンタンは薄めのタイプのモノで麺と食感が似通っていてあってもなくても良いかな。




麺量は150gあればよい方。140gくらいだと思われる。

スープは課長を足しているのに旨みが少ない。

麺場の方は作業工程にブレがあり、明らかに技量不足。

選んだメニューも特製の割りには具材寂しく、また、精度も低い。

こちらでは特製ではなく、普通の中華そば(680円)ならよりCPは良いだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。