なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛辛魚味玉つけめん・中盛り(1020円)」@麺処 井の庄の写真RAMEN GOTTSU』で食べた後、連食予定であったこちらに向かうが思いのほかお腹に残っていた為、此方まで徒歩でカロリー消費。

そして滅多に来られないので石神井川を眺めたりして時間を費やす。

コチラに訪問したのは14時過ぎ。

前回はらーめんだったので、今回はつけめん。

ピークタイムは外したつもりだったが、さすがは人気店だけあって中待ちまで出ている。

入り口入ってすぐ右側の券売機にて掲題のチケットを購入。

中待ちの席に着いたら、先客が立て続けにカウンター席に呼ばれ中待ち先頭に。

ハーフ顔の素敵なオネエサンに「中盛り・辛さ控えめ」と伝え、また中待ちの席に戻る。

そこから5分弱で入り口付近のカウンター席に昇格。

モノが到着したのは数分後。

まずはつけダレから。

粘度が高い豚骨魚介。前回頂いたラーメンと粘度は変わらないかな。

つけダレの表面には赤い油の層。これが結構辛い。

魚粉の山を崩してつけダレに溶かすと節系の風味は上がるが魚粉の粉っぽさが増す。

カエシはほとんど感じられず、ダシ感を前面に押し出したつけダレ。

つけ麵にしては少し塩梅弱い。

段々と口が慣れていったが、それでもやはりもう少しカエシが効いてて欲しかった。

続いて麺。

麺は中太ストレート麺。

麺自体は茹で加減よく、コシを残した茹で上がり。

冷水でしっかりと〆られており、温度感冷たすぎでつけダレがすぐに冷えた。

また、つけ麺で有名なお店とかと同等くらいの粘度を持ち合わせているのに麺が中太の為、麺の存在感がつけダレに負けていて、中太麺ではこのつけダレを受け止めることが出来ていない。

具材。

つけダレの中にチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。麺の側に味玉。

チャーシューは小さい角煮くらいの大きさにカットされたモノ。

脂が多い部位だったが、個人的には有り。

チャーシューダレに漬け込まれて塩梅ちょうど良く、美味い。

メンマは材木型の割りには食感柔らかでダシを感じる味付け。

味玉はゼリー状にはなっていたが、かなりしょっぱかった。



前回のラーメンが印象良かったので再訪したが、つけめんの方はつけダレのカエシが弱かった事。

つけダレの粘度の割りには麺が細かった事。

ラーメンより完成度は落ちますね。

ただ、それでもこれを求めていったので、概ね満足。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。