なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
83

「汁なし麺(900円)」@立川マシマシの写真【2019.5.2再訪】
この日は立川で午後から仕事がありました。その前に昼飯を食べて行くことに。
立川駅界隈も飲食店には恵まれています。様々なジャンルの店がひしめいていますね。もちろんラーメン店も。この日は朝飯の食べ方が少なかったので腹が減っていました。なのでこちら『立川マシマシ』へ^^

14:30頃店到着。相変わらず変な時間に飯を食う私。しかし、どの飲食店も比較的空いているのだけはありがたいのです。この日はGWも中日に差し掛かっていましたが、さすがにこの時間は店も空いていました。
券売機では、この店で初めて「汁なし麺(900円)」を試してみる事にしました。ちょっと値段が高めの設定だな…と思ったら、何と麺量茹で前450gだそうです!
食券を店員さんに渡してしばし待ちます。この店もなかなかオペレーションが素晴らしく、私の前後4人分くらいを要領よく調理して、着席から7,8分でコールタイムとなりました。そんなに早いとは思ってもみなかったのでちょっと慌ててしまいましたよ^^; 今回はそのままでお願いしましたその際店員さんが、唐辛子を入れても良いか聞いてくれますので、ありがたくお願いしました。

さて、色んなJ系店で汁なしメニューを食べてきましたが、この店の汁なしは今まで食べた類似メニューの中で、最も見た目が狂暴であります!
肉味噌的に味付けされた挽肉の塊!デフォルトでかなりのアブラの量!増していないのにかなりの野菜の量!ボトンと無造作に落とされた生玉子!そしてそこここに見られる唐辛子の赤い欠片…。とりあえずよく混ぜて味を行き渡らせることにしました。
麺を引っ張り出そうと奥まで箸を突っ込んで持ち上げようとしましたが、凄い量の太麺は混ぜるのに難儀します。箸が折れるのではないかと思った。汁なしとは言え結構つゆだくで、味が行き渡りやすくあります。そしておもむろに麺を啜り込んでみれば…かなり辛い!むせました^^;
っで、ちょっと麺が柔目ですね。基本的に麺は柔らかめの方が好みの私でさえかなり柔らかく感じるので、普通の人が食べたら相当に柔らかく感じるのではないでしょうか。恐らく今回は茹で加減失敗してますね。その分麺の量がより多く感じられます。J系の良店特有の良い意味でデロンとした食感は好みですが、さすがに柔らかすぎでした。

豚は相変わらず良い出来栄えです。脂身バランスよく、柔らかく味付け良く仕上がっています。意識しているのか、普通のラーメンの豚に比べるとほぐれたような、より柔らかい仕上がり。アブラと一緒にドカッと大量に乗っけられていて凄い食べ応え。
ヤサイの盛付けも素晴らしいこちらの店。茹で加減良く、適度にシャキッとした食感を残しています。一時期キャベツ率が低くなってがっかりしましたが、かなり回復していました。
そしてニンニクについては、この店では卓上に備えつけの刻みニンニクを好きなだけ入れる事が出来るわけですが、お客さんの少ない時間帯は冷蔵庫にしまってあって、お客さんが入る度に出していました。なかなか気遣いが立派です。こうしないとあっという間に風味が飛びますからね。そして今でも業務用を使わず生の刻みニンニクを使っているところがポイント高い!全く風味が違います。

流石に茹で前450gの麺量は凄い量でした。オッサンが食うには危険な量^^;
完食したら腹パンパンでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。