なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「蟹油そば+燻製うずら(110円)=960円」@crab台風。の写真土曜の14時に到着。香港から凱旋された一杯に興味を持って来店。遠くから見ると周りのビルに溶け込んでいるようであるが、近くで見ると赤と白の基調が目立っていた。入店すると、やや臭気が漂う店内が気になった。券売機で掲題のボタンを連打し、一番左奥に着席。壁や机はクリンネスがなされているのがわかった。さすがこの時間なので、先客2名後客1名であった。

出てきた一杯は気持ち大きめな器にたっぷり入っているように見えるビジュアルで、レアチャーシューの色がナチュラルなのが好印象である。まず下の麺を引き出して食べてみると、硬めの食感に既にタレの味が付いていて美味しい!太い麺で食べ応えがある。このタレから蟹の味わいがはっきり見えていて、蟹はやはりワタリガニの味わいであった。この一杯をかき混ぜる前に具材をいくつか少し食べてみることにする。具材は、レアチャー・穂先メンマ・水菜・刻みたまねぎ・海苔・カニミソっぽいモノ・緑のソース。レアチャーはしっとりしており、肉本来の旨みがはっきり感じとられて美味しい!それが大きめで2切れあった。トッピングのうずらの玉子は4個で、やや燻度が強めで美味しい!少し味が濃いようにも思ったが、好みの味わいであった。カニミソっぽいモノはベースのソースを凝縮させたモノだろうか。蟹と豚骨の味わいがして、これ単体だけで食べるとかなり濃い。緑のソースはホウレンソウがメインではないだろうか。これらをかき混ぜてみて食べてみると、蟹と豚骨の味わいが全体に移って美味しい!食べ進むと下にあるスープと相俟って濃さが目立つが、麺と具材の美味しさも見えていた。ワタリガニの味わいが最初に出てきて、それを豚骨が支えている味わいである。麺は多めに感じられた。穂先メンマは少しの塩味で気持ち柔らかめだが、いい味わい。水菜はこの油そばにアクセントを与える食感。刻みタマネギは甘味があって存在感がある。海苔はいい香り。うずらはスープと絡んでも味わいが損なうことがなく美味しい味わいであった。途中でホワイトペッパーと昆布酢を投入するといい味変であった。1/4を残して割スープをコール。豚骨メインの出汁で美味しく完食することができた。

ワタリガニの美味しさが随所に表現されている油そばで、豚骨の味が融合されて美味しさが増しているように感じられた。それに併せる麺に力強さがあって、このスープをしっかり受け止めて旨さが出ていると思った。具材もチャーシューが秀逸で、肉の旨みが堪能できた。途中から感じる味の濃さが気になったが、スープ割りをいただいて食べることによって中和されたようにも感じられた。次回は雑炊セットでいこうと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。