なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「彩りラーメン」@博多ラーメン つるの写真比較的安定感に優れた暖簾と思っているが、今日はオイル、ラード主導な味の構成。湯面の油膜は前回訪問時も気になったものだが、当時以上の厚みに感じられてならない。そして、醤油だれと調味料も強めだ。油が増えてるのに。
つまり、豚骨自体に元気がないと言う事だ。提供側がそれを把握しているからこそ、油分と調味でカバーしている訳で、確信犯的な印象が否めない。
ストレート細麺は硬麺で。小麦の風味が芳醇な、品質の良い麺のはずが、どちらかと言うと油をそのまま食べている感覚に終始する。値上がりしていたにも関わらず、全体的なクオリティダウンは正直残念な気持ちが否めない。
ランチ時はライスが無料、替玉もサービスとボリューム面への訴求には一切の隙がないが、40代男性の胃袋は物量を左程求めていない。下ブレと信じたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

こんばんは。

連日ハイペースで豚骨が続きますね。
脂と塩分が必要以上に強めなスープは豚骨への濃さの
自身の無さというのはなるほどです。

pvs aka duff | 2019年6月20日 23:21

今月は豚骨しか上げませんw
旨味が足りん場合、その他の要素に頼るしかありませんからね。スープタイプの場合は、油が一番手っ取り早い。
ある意味バイパス調理なんですが、コレが常態化すると末期症状です。

Dr.KOTO | 2019年6月21日 09:22