なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「肉ワンタン麺、大盛」@たんたん亭の写真7月1日 1050分 シャッター待ち1名、僕の裏にはすぐに3名の連結。浜田山駅出て徒歩1分、白地に大きな看板でたんたん亭とすぐにわかる。
多分15年くらい前だったかな?ラーメン食べ歩きをし出すきっかけになった会社の先輩が、たんたん亭なんだかんだで行っちゃうんだよなぁ…。と1番のお気に入り店だった。ただその頃まだピチピチに若かったし、濃くてカロリー高いやつが大好きだったから、正直たんたん亭伺った際にはその美味しさがわからなかった。
気がついたらその当時の先輩と同じくらいの歳に今、自分なっている。かづ屋、八雲などなどの名店の源流であるこちら、これは改めて食べないとと久しぶりの再訪問。

肉ワンタン麺(1070円)大盛(150円)を。うーん安くない。

食券ではなくテーブルオーダー。コの字カウンターで囲まれた厨房。席数は多くないけどその分お店との距離が近くていい。一番客でもあったのでご提供はすぐに。というより、あ、僕のやつつくって頂いてるな調理行程が隅々見れるからあっという間だったのかもしれない。
…つを!こんなうまかったんだ!旨味爆弾え、鰹節や煮干しはともかく、昆布や貝柱?干しエビ?海産物系の深い出汁を何やらじっくり感じるぞ。そこに所謂ガラなどなど、ダブルどころか渾然一体となった旨味の凝縮に、清湯ながらもどっかーーーん!としたパンチ力がすごい。良い意味で舌にその味が積み重なる。繊細に感じていたお味からグイグイくる強いお味に。そこをすっっと潜り抜けていく中細ストレート麺がセクシー。ずばん!と綺麗なストレート、球速145キロくらいの感覚か?キレと伸びのある麺が、スープを切り裂いて入ってくるような感覚。
たんたん亭の名物としたらやっぱりワンタン。…うをっっっ、あっつ!!!熱々はほはほあつっ!所謂とゅルとゅルモチモチ、というより筋肉質しっかりワンタン。でっか!1つ1つがとても充実した大きさでございます。これはたまらん。ワンタン食べるとこれが主役になってくるよやっぱり。
スープまで勿論完食。食の好みは年齢で変わるというけれど、若かりしころ、このお味の意味がわかっていたらきっと素敵だったろうな…。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは。
若い頃にほズバッと分からない味だからこそ、
今もそんなに繁盛し続けるのかもしれないですね(^^)!

あたと_13号 | 2019年7月5日 00:33