なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
75

「タンメン」@上海亭の写真たぶん親子二人鷹の厨房、中華鍋を大胆に振るいながら、豪快かつ丁寧に調理を進めて行く。野菜や豚肉をサッと炒めて、鶏がらスープで軽く煮る。
鶏がらスープは、口当たりあっさり。しかしながら具の旨味が渾然一体を果たし、膨らみと起伏に優れたコク深さに蓮華が止まらない。塩味や油に頼る事なく、素材の力を信じた味の設計。自家製の辣油を加えるのも良いだろう。
ストレート中麺は汎用性に優れた品質で、スープや具の個性を巧みに引き立てる。素朴な甘い香りがフワリと鼻先に舞うが、その後味覚嗅覚を支配するのは卓抜したスープの風味。落ち着いたこの味、ホッとする穏かなこの味。
麺も具も十分な量だが、箸休めの自家製漬物を食べてしまうと、どうしてもビールを頼みたくなってしまう。そして追加してしまう餃子。キケンだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

ここはとてもいい店です(あくまで個人的にw)
近所だったら、たぶん入り浸ってると思いますよ私^^
今時、瓶ビールで大瓶を出すとこって少ないですよね?
飯の前に腹はタプタプですよ
店内もメニューもお母さんも全てが昭和♪

>追加してしまう餃子

次回、食います

墨田区だと、押上、業平、錦糸、横川。江東区は亀戸、大島、砂町のいわゆる城東地区。この界隈は、何故かビール大瓶の店がまだ大量に生存していまして、代表格としては休日中心に行列が絶えない(なんでだろ)亀戸餃子も大瓶ですw
やっぱし大瓶の大容量で餃子を流し込む作業の捗りっぷりを考えると、瓶ビールは多少高くても大瓶が魅力的ですw

Dr.KOTO | 2019年8月28日 23:19