なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン」@伊勢屋の写真水戸のノスタ系1

ラーメン官僚こと田中一明氏が取材・執筆を担当した「ラーメンマップ茨城5」
4までは,茨城県内のラーメンを食べ歩くメンバーが店のチョイスを行ってきたので,どんなチョイスをするのか気になっていた。
結果として,素晴らしい出来。
よくも茨城県に住んでない方が,ここまで食べ込み,茨城ラーメン界を俯瞰できたたものだと感心した。
また,「茨城県人ではないからこそ気付く価値」,のようなものが感じられ,新鮮味もあった。

前置きが長くなったが,その本に掲載された店で,行ってなかった店の一つがここ。(他にもあったがその後全て行った。)
水戸市の下市と呼ばれるこの界隈は,江戸時代に水戸徳川氏が整備した商人の町。
今でもその風情を何となく残している。
その下市の商店街にあるこの店は,前述のラ本によると1954年創業,現在は3代目とのこと。
外観だけではラーメンを出す店には見えない。
店頭のショーケースには,だんご,饅頭,草餅,おはぎ,稲荷寿司,かんぴょう巻が並ぶ甘味処。
冷やし中華の幟を見て初めて食事処でもあることが確認できる程度。
入店すると,店のお姉さんから「お食事ですか?」の確認がある。
15:00を越えた時間帯,和菓子等を買いに来る方も多いので当然の確認なのだが,テーブル席も7割方埋まっている。
ピーク時には外待ちもできるのではないだろうかと言う人気ぶりだ。
従業員も,フロアも含め5人ほどと,こんな地味な店としてはかなり多め。
後会計式。
壁掛けメニューを眺めると,ラーメン類の他にも「キーマカレー」があり,この時間帯,カレーを食べてる方も多かった。
デフォの「ラーメン」は事前情報では500円だったが,現在は600円。
チャーシューメンがたった+100円の700円とお安かったので,そちらを注文した。
注文から5分,提供されたのは,正しくノスタビジュアルの醤油味チャーシュー麺。

麺は黄色っぽい中細ストレート。
やややわらかめの茹で具合がいかにもと言った感じ。
しかし,この麺,なかなか美味しい。
ラ本によると水戸市内の製麺所,「松月製麺」製の卵麺とのことだが,麺自体の旨味が強い。
麺をすすったとたん感じたのは,意外にも魚介の香りと甘みを感じる旨味。
P氏は「鶏ガラと昆布」と書き,G氏も全く同じ表記をしているが,ホントか?
改めて前述のラ本を読み返すと,「豚骨」と書かれている。
権威のある方が取材を元に書いているのだから,動物系の出汁は鶏ではなく豚なのだろうが,ラ本掲載後,さらに人気が出てきたので,3代目が魚介をプラスしてスープをブラッシュアップしたのではと想像。
それが100円の価格アップにつながっているのかな?
あくまでも一ラヲタの妄想である。
魚介と言っても鰹っぽくも鰮っぽくもない。
蒲鉾のような香りなので,おそらく鯵なのではないだろうか。
外してたら非常に恥ずかしいのだが……。
とにかくこのスープ,醤油のお湯割りのような味気ないノスタとは別次元。
十分現代に通用する美味しさだと思う。
具は,海苔,ねぎ,メンマ,ナルト,チャーシュー。
チャーシューはけっこう厚みがあるものが4枚。
脂身の少ないモモなのだが,これがふっくらやわらかでメチャ美味しい。
モモのチャーシューと言うと,硬く締まったパサついたのを想像してしまうが,その概念が覆される。
脂が少ないだけで,肩ロースなのかもしれない。
麺量は140g程度だと思う。

ノスタ系は苦手だと思っていたが,これは意外なほど美味しかった。
所詮甘味処が片手間で出すラーメンだとタカをくくってたのが恥ずかしい。
道理で客入りがいいわけだ。
しばらくラ本では取り上げられてなかったこの店をチョイスした官僚さん,改めて流石!と感服した。
これを機会に,ノスタ系の食堂も掘り起こしてみようかな……。


蛇足;
次のレポ,店内連食ではない。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

RAMENOIDさん、
店構えからは旨いラーメンを出す店には見えなかったんですね。
ノス系でも好みに合ってよかったですね。

まなけん | 2019年7月15日 09:15

おはようございます
渋い所も押さえてありますね。
ほんと官僚さんは凄いですよね。
昨日はラーメンマップ埼玉協力メンバーだった方の仮店舗に行って来ました。

あらチャン | 2019年7月15日 09:53

こんにちは~
官僚さんが推されているんですね。
甘味処でもぬかりなく食べつくす所が凄いです。

がく | 2019年7月15日 11:31

こんにちは☆

団子にお稲荷さん…そして屋号が「伊勢屋」さん…。
前に富岡製糸場近くでいただいた「伊勢屋」さんを彷彿とさせます。お値段も同じとは。
ノスタな麺顔は同じですがちょっとボリュームがコチラの方がありますね。
なんか関係あるのかな…。
確かめに行きたいとこですがちょっと遠いです。

ノブ | 2019年7月15日 11:47

どもです。水戸は美人さん多くないですか?
徳川の栄華から美人を長野や秋田に連れてったそうな?
...味わってないですが、個人的にはこの拉麺大好きです。
ほうれん草が入れば完璧です!

昭和のBecky! | 2019年7月15日 13:08

こんにちは。
これだけ茨城のラーメンを食べているRAMENOIDさんが絶賛するとはラーメン官僚さん流石ですね!茨城ラーメンマップ買ってみようかな~♪

poti | 2019年7月15日 13:57

どもです。
歴史のあるお店には理由があるんですね!
不味かったら続きませんから(^з^)-☆

ラーするガッチャマン | 2019年7月15日 15:14

良い意味での意外性も楽しめた様ですね。
スープの食材の推測はラオタ冥利かと(苦笑)

痒い所まで手と目が届く官僚さん、凄いです。

おゆ (元・肉総裁) | 2019年7月15日 18:11

こんばんは.
私もここはずっと気になっている宿題店です.行こうと思いながら行けないお店,水戸にいくつかあります.
団子などとラーメンなどが食べられるお店って珍しいと思うんですけど,水戸の文化でしょうか.

Paul | 2019年7月15日 18:47

どもです!
さりげなく書いてますが「掲載されている未訪店舗はすべていった」ってすごいです!
蒲鉾のような香りが。
そしてアニマルは豚なんですね。
これは自分の舌を信じるしかありませんね。

さぴお | 2019年7月15日 18:48

こんばんは~
高円寺の甘味処あづまに似た感じですね~✨
ワタクシ、実はチャーの最高峰は「神もも」だと思っております♪

銀あんどプー | 2019年7月15日 21:18

こんばんは。
その地に根付いるラーメンて良いですね~
スコアー以上の良さがありますね。

kamepi- | 2019年7月15日 22:35

こんにちは

隠れた名店ですね。
官僚、本当良く食べ歩いていますよね。
RAMEさんも半端ないですが。

ももも | 2019年7月15日 22:55

こんにちは
こういうお店いいですね。
地味でもしっかり地元で愛され、ラヲタもうなるスープ。
ノスタ系は、醤油のお湯割りみたいなスープが多いですからね。
こんな美味しい老舗に行きたいですね。

mocopapa | 2019年7月16日 12:51

こんばんは(*^^*)

あら、ノスタ系が苦手とは感じませんでしたよ。
まあ、店によりますよね。
学生時代のころまでは、ラーメンから魚介の味が
すると嫌でした😅

としくん | 2019年7月16日 22:03