なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「手打ち中華そば 650円」@藤屋の写真レジェンドな店主さんが作るベーシックなラーメンは、有り難みを感じさせる一杯だった~!の巻
 
写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12494844330.html

7月中旬の祝日、昼過ぎに訪問。先客後客0名。

Rさんによれば、青竹打ち麺が中国から佐野市に伝来した際、
ペンさんに師事し、ラーメンを作って70年という
レジェンドの店主さんがいらっしゃるお店。

意外に新しい外観と内装です。
頭上のメニューを眺め、
生姜やニンニクも気になりましたが、
こちらを口頭でお願い。
ビシッとスイッチが入ったように
調理がは始まります。
 
セルフと言いながら、お冷やが到着。
店内は年輩の男性店主さん、女性店員さん2名の体制。
大きな釜に手揉みした麺を投入し、1分掛からずに麺上げ。
見るからに湯切りがあまい...
でも、食べるとそんなことは全く感じません。
 
あっという間に着ラー。
それではスープから。
軽い油のコクに適度な醤油の塩気、
生姜が香りつつ、ガラっぽい動物系が伸びていきます。
結構、生姜が感じられます。
生姜ラーメンは+100円なので、少し徳をした気分w。
淡麗ながらもガラっぽい出汁感も十分なレベル。
 
次に麺を。
麺は多加水の手打ち縮れ麺。
スープを束になって拾い、
チュルンと引き込まれ、ツルモチな食感。
極細や極太が混合しているけど、
一体感がある食感の楽しい麺です。
青竹打ちだと麺内に空気の気泡が入るのだとか。
そう言われると食感が滑らかなような..
麺量は体感140~150g程度。
 
具はチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、ネギです。
チャーシューはベーシックな味わいですが、大きさは十分。
メンマはシナコリシャキで食感良好。
小さい海苔は麺に巻いてパクリ。
ナルトは練り物の味がしました。
請求書の上には七味唐辛子が置いてあります。
もしかしたら、結構、合うのかな?と思い、掛けたりして。
残ったネギはスープと一緒に。
 
あっという間に完食。
70年に及ぶベーシックな一杯は、有り難みを感じました。
傘寿は超えていると思われる店主さんは偉ぶることはなく、
店員さんと和気藹々な雰囲気。
末永く続けて欲しいかと。
採点は有り難み+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

おはようございます
ラーメン作って70年ですか!
それは確かにレジェンドですね!

キング | 2019年7月17日 06:52

どもです。
此方に行ったときニンニクラーメンを食べたもんで
本来の味が分かりませんでした(笑)
もう一度行こうと思ってますε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

ラーするガッチャマン | 2019年7月17日 09:03

ラーメン作って70年は凄すぎます😆

NORTH | 2019年7月17日 10:37

70年は凄いですよね。
頑張って頂きたいです。
ただ、跡継ぎは居られない様ですね。

おゆ・Sometimes | 2019年7月18日 11:33