なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「冷やし担担+ちょこっとごはん」@麺恋処 き楽の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/07/24/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/ptFd3PA9Wj8

<御成門界隈の名物夏限定!やっと食えたよ令和元年夏仕様!>

 夏を告げるもの・・・それは「冷やし中華」。その中でもこれは!と思うのが「いそじ@代々木」でありまして、その姉妹店になるのが「き楽@御成門」。ところが、き楽の冷やしを未だ食えてないオレ。先月後半から、御成門で下車しては、店内の券売機の前には立つんだけど、未提供が続いてしばらくスルーしてました。そろそろ?やってないか??もう7月下旬の梅雨明け前だぜ・・・と思って突撃したら、やっと提供開始となってました。ラッキー。




<全体> 粗粒のしっとり感&カリカリ感!ジークンドーマークの如し陰陽コントラスト!

 おおお!単なる担々挽肉アピールの一杯かと思いきや・・・歯応えの利いたやつが麺顔の半分を占めているではないか!。挽肉のクニクニとしたソフトさは分かるとして、カリカリ感のあるピーナッツと柿の種!そしてゴリゴリ歯応えと言えばキクラゲ!。トッピングはザクザク感を覚える大根の千切り!。歯応えだけでもかなり内容が濃ゆい。そして「胡麻豆乳」と宣伝POPで告知あったから汁がやや多めなタイプだと思いきや、完璧な汁なし系に近いタイプ。




<タレ> 豆乳入りでマイルドなのだが・・・しっかり辣油とその他もろもろの旨みが非常に濃ゆい!

 豆乳入りと思って優しいマイルド感だと思ってたら大間違い。確かに優しい味わいもあるけど、ハードなところはしっかりハード。例えば胡麻感覚については、芝麻醤が豆乳に溶けると円やかになるどころか、妙に胡麻感覚が増すようであります。そしてシャバシャバとしない。そこには若干の酸味を感じ、それが更にどこかしらフルーティな気分にさせますが、単純にフルーツ酢って感じでもなかろう・・・。濃厚な胡麻豆乳があってこそ、尖らない酸味!ナチュラルで淡い酸味と仕上がっております。

 ここに挽肉のエキスがジットリと混じるが、酸味と胡麻感でこころなしかドレッシング感覚もありなむ。そんな気分でまどろんで味わっていると、攻めて来るのが辣油です。こう見えて結構な量の辣油が入っていると思うのだが・・・。軽くオレンジ色に全体を染め上げ、シャープな刺激はないが辣油のおかげでかなり引き締まった味わいになっているとも思えます。山椒は殆ど感じないレベルだが、感覚ばバカになってるオレなのか・・・。微かな香り程度かしら?。

 それにしても、このタレは旨みが濃ゆいし味が多彩。酸味には甘味があり、甘味には辛味が溶け、胡麻感のリッチな香りが広がるかと思ったら、何故だかフルーティーさも香り立つ。ちょっとこれは語り尽くせないな・・・。




<麺> 自家製麺:中太サイズのストレート多加水麺!氷水の即冷引き締めによるヌチヌチさが香り高い!

 相変わらず自家製麺が旨い。それにここはいつ来ても製麺室が綺麗に掃除されているような記憶で、とにかく姿勢がよいね!。そんな気を抜かれたことない熟練の自家製麺は・・・やはり旨い。多加水で密度感がほどほど高いのにハードなモッチリ歯応え。プツリと前歯の圧力で切れる瞬間がまた楽しい。また中盛までサービスと言うのもいい感じ。並なら200g。中なら300g。ライス割を避けられぬ私は、控えめに並とさせていただきますが、殆どの男性客は中盛狙いでありました。

 氷水で冷やされているに違いない!。このキッチリとした冷え冷え感がたまらん!。普段はプリプリした感覚が、今回はクシクシな歯応えにグルテンの香りが際立つので楽しからずや。冷えても物腰はゆるやかで、濃密なタレは確実に絡めとる。挽肉は麺の隙間に入り込むが、おススメは大根を少しつまみながら、中太麺を食らうことでしょうか。風味というより、水分を含んだものと食う風合いが、濃密タレの中では新鮮に感じましたから・・・。




<挽肉> 肉旨みと醤とスパイス感!少し濃ゆめの味付けが食欲を加速する!

 ここ最近食い続けている冷やし担々麺の中では、濃い味付けのようです。辛いとは言ってません。肉の旨みが芳醇だし、玉ねぎの甘味が無い分、スパイス辛さと醤の塩気がしかりと滲んでいると思われます。汁なし系ですから、最後まで汁を吸い込むことなく、この濃ゆい味わいを持続して楽しめたので、最後にライス割する時にはとても重宝しました。まさに食欲が加速してしまうのだった・・・。




<柿ピー> クラッシュ柿ピーで汁なし系の迫力を一気に増幅!

 ご存知!柿ピーをクラッシュさせたのが大量にトッピング!これ大好き!!。以前どっかの居酒屋で、これを衣にした揚げ物を食ったことがあったが、驚愕の旨さでしたぜ。またまた、独身の南浦和時代では、ご飯にフリカケ的にして食ってたこともあり・・・それほど好き。

 何たってクリスピーな度合いがハンパなくアピールだしそれが持続する。また味わいが単なる醤油や塩じゃない独特の風味があるし、ピーナッツとの相性は言わずもがな。わざと直接麺の地肌につけてかみ砕くと、モチモチ感の中でガジガジと欠片が潰れこむカオスさがたまりません!。もうこれだけで、数ステップくらい印象がアップ。この後会社帰りには確実に買い足すこととしました。




<他具材> 大根の微細千切りのシャリシャリ感が濃ゆい味の中では貴重な箸休め!

 濃ゆいタレ、内容のしっかした挽肉と、アピール感バリバリの薬味。そして・・・質実なる自家製麺。どれも内容が濃ゆい中で、サッパリとさせてくれるのがこのトッピング。大根の瑞々しさが光るのだ!。微細千切りのシャリシャリ感が濃ゆい味の中では貴重な箸休め!。これは旨い!。千里眼@東北沢だったら、マシマシでお願いしていたに違いない!。細かい部分だが旨し!。




<ライス割> うれしいことに・・・チャーシュー切れ端のってるぜ!

 「ちょこっとごはん 50円」。なのであまり期待してなかったのだが、嬉しいことにチャーシューの切れ端がのってる!。これだけで一杯食い切れそう!。レギュラーの中華そばにのってるアレですよ!あの質感ですよ!。それは大切に直接クチへ運んで味わい楽しみましたが、残りは躊躇なく丼へと投入。

 濃密な味わいがここで一気に大人しくなり、熱が映ってより旨さが復活です。まだ部分的に、柿の種の欠片が備わるので最後の最後まで美味しく、ランチの幕を閉じました。




 総じまして「代々木と並ぶ麺恋処の冷やし麺!マイルド&リッチ!ソフティ&クリスピー!」と言う感想。二年越しにやっと味わえた「き楽の冷やし麺」。待った甲斐がありました。これは確実に毎年食うことになりましょう。まだまだ本格的な暑さはやってきてませんが、これから一気に注目集めることになるかと!。御成門に来たらとにかく「き楽」がおススメ!。そんな宣伝部長気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   雨上がり
   狙い定めた
   昼飯は



   虎視眈々と
   名物担担



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

き楽さんの冷やし担担、
挽肉たっぷりで美味しそ!

二三郎 | 2019年7月24日 08:36

どもです。
御成門はたまに行くんですよ!
なんてったって、挽肉が旨そうですよね👍
〆のライスが堪らない奴ですよ😆

ラーするガッチャマン | 2019年7月24日 19:13

こんばんはぁ~♪
こちら方面は中々行く機会が無くてこちらも未訪なんです。
美味しそうですね。
いそじも行かなくちゃ(^▽^;)

mocopapa(お疲れ気味) | 2019年7月24日 21:05

こんばんわ~

一時、「いそじ」サンは毎年、冷やしを食べに行ってたんですがコチラは未訪問w
一度行ってみたいと思っていたのでコレ見たら尚更興味津々です♪

バスの運転手 | 2019年7月25日 22:33