なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「タンタンメン(750円)ニラ(150円)中辛・ニンニク少なめ」@中山 マグマ タンタンメンの写真平日。この日は出先の事業所から直帰となり、グリーンラインを利用し、中山で横浜線に乗換える際に、夕食を摂って帰ることにします。同駅周辺では何軒か利用したことのある著名店がありますが、この日は未訪問のこちらがターゲットです。

20時過ぎに入店すると、先客5名ほど。駅からは少し歩きますが、通り沿いのSCの1階に入居と立地も良く、コンスタントに客が入っているのでしょうな。同店は、どちらかと言えば味噌タンタンメン推しのようですが、初回なのでデフォルトのタンタンメン(750円)と、トッピングのニラ(150円)のボタンをポチ。カウンターに着席して食券提出時に、辛さは中辛、そして翌日人と会う予定があったので、ニンニク少なめを申告。

厨房では、注文毎に手鍋でスープを調製し、茹で上がった麺だけが先に投入された丼に、手鍋からスープを注ぐ方式で、先客分の調理が進行中。ワンオペなのですが、その手際の良さからオーナー店主なのかも知れませんな。この次のロットが自分かなと思ったら、私の注文品が途中から先客分に相乗りしていたみたいで、意外に時間がかからず、5分少々で我が一杯が先客に続いて配膳されました。これはラッキーでした。

スープの色が映える黒い陶器製の丼に、お馴染みの挽肉を溶き卵で綴じた具を含む、赤に近いオレンジ色のニュータンタンメン近似のスープ。その上に、麺茹での釜の中で適時湯がいたニラがドン! 何とも豪気に量が盛られています。ニュータンタンメンの店舗や、インスパイアメニューをいただいてきた中で、ここまでたっぷりのニラが投入されていた試しはありませんでした。これは嬉しい誤算w ではいただきます。

まずはスープ。動物系の清湯ベースに、火を入れた挽肉を溶き卵で綴じたものを合せ、唐辛子とニンニクで調味したものを一体化させた辛味スープ。ベースに合せた塩ダレだけでなく、挽肉溶き卵炒め由来の塩味と併せて過不足のない塩梅。ニンニク少なめながら、必要充分な効き具合で不足は感じません。店主、途中スープに具を合せたタイミングで、小皿に取り分けてしっかりスープの味見をしていましたから間違いない訳です。

程なく、カプサイシンの発汗作用で、後頭部から首筋にかけて汗が噴き出し始めますが、辛さ自体は中辛なりで、この私にしてまだまだ限界まで余裕がある感じ。辛い一杯を数こなして、少しは鍛えられたかなw 美味しい。

麺は、エッジが立ち、持ち上げた麺が緩やかなウェーブを描く、多加水仕様の中太麺。ニュータンタンメンに使われているものと同タイプのもので、この手の一杯に合せて全く違和感のない麺です。持上がった麺肌には、粗挽きの唐辛子がへばりついており、迂闊に啜ってコイツが喉に引っかかりでもしたら咽せ返りそうw 用心しながら啜りますw

挽肉溶き卵とトッピングのニラを一緒に摘まむと、味もさることながら、サッと湯通ししたニラの食感が何とも言えず良いんですな。これだけでおかずになります。堪らず店主に声を掛けて、小ライスを追加発注です(現金精算可)。

出て来たのは、小ライスなんだけど、普通サイズの茶碗にしっかり盛られた白ご飯。充分に普通サイズで通用します。そしてたくあん搭載w

麺が終了した後、最初の何口かは、挽肉溶き卵とニラのコンビをオンザライスで楽しみましたが、三口でまどろっこしくなってしまい、結局ライスをスープにドボン。オンザライスからインザスープへw これこれ、これですよ。ニュータンタンメンにおける自分のルーティンは、麺がなくなったらスープにライスを投入し、クッパ状態にして締める。これに尽きますなw 掻っ込んで食了。スープまで全部行っちゃいました。

直近で、元祖ニュータンタンメン本舗の店舗に行ったのは、一昨年の国立店(閉店)になるのですが、その時満足度よりも相当高かったかな。それだけ再現度も高かったし、こういったジャンクな一杯なんだけど、丁寧に作られた感が窺えました。次回は、翌日の予定のない時に、通常量のニンニクを使って貰い、かつ1レベルアップの大辛にチャレンジしてみたいと、次回の予定が既定事項となってしまった一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

NSASさん、こんばんは。

ここはイソゲン直系というわけではない店だと思いますが
テイストはイソゲンを更に強化した感じで嬉しいですよね~
トッピングにニラがきちんと用意されているのも嬉しいところです。

ぬこ@横浜 | 2019年8月7日 21:41

ぬこ@横浜さん、おはようございます。

イソゲン直系のお店の経験はそれほど多くはありませんが、このタイプの一杯数々の中でも、
相当に好感度高かったですw
特にニラの量、並の店だったらニラダブルに相当しそうな物量でした。

NSAS | 2019年8月8日 06:51