会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とき卵らーめん」@とき卵らーめん 大空の写真8月某日、夕、本日は午後からの名古屋での会議出張を終え、明日からの大型盆休みを楽しみに信州へ帰還。その前にこちらもお楽しみであるラーメンをイッとく。先ず一軒目に突撃したのはこちらの店。

実は1軒目は「愛ごや」にでもと思い、検索すると見つけたのがこちらの店。「愛ごや」はまだ夜営業の時間前なので、チョイと珍しい「とき卵らーめん」に釣られて突撃してみる。

17:25着、先客無し、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー表(メニュー写真)検討、ここは店名にある‘とき卵らーめん’(650円税込)でイク。「終日ランチタイム」という事で、セット物がお得だが、連食予定なので止めとく。

こちらの店、「大空」と書いて「たいくう」と読ませる模様。「とき卵らーめん」と言えばそもそも名古屋では「玉子とじラーメン」の「萬珍軒」が有名どころ。こちらの店は情報の少ない店であるが、「とき卵らーめん」がどん一杯なのか気になるところ。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、キクラゲ、ノリ、ゴマ、刻み小ネギが、溶き卵の絡まる豚骨スープに乗っている。また、紅ショウガの入った器が供される。

スープから。黄白濁したベーススープは豚骨であるが、あまり豚の炊き出し感は感じられないあっさり目の動物感が味わえる。そこに絡まる溶き卵のコクと、ふわとろな食感がなかなかのテイストを醸し出している。同時に溶き卵=かき玉効果もあってスープが結構アツアツなのもイイ。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高めも、溶き卵のコクを支えているのでイイ塩梅。ライトな豚骨の旨味と、溶き卵のコクがマッチしたなかなかに美味い豚骨スープである。

後半は紅ショウガを投入してイク。紅ショウガのかっちりとしたテイストが、溶き卵入りの豚骨スープにもバッチリと合う。豚骨スープと紅ショウガの相性の良さをここでも再認識する。

麺は断面四角のほぼストレートな細麺。博多系ほどの低加水では無く、中加水の麺である。茹で加減はやや柔らかめで、ツルモチとした食感がある。私的にはもうチョイ硬めが好み。溶き卵もしっかり絡んでいる。イイのである。メニューに「長浜ラーメン」があるが、博多麺っぽさはあまり無い。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、少しくの硬めな食感で、醤油ダレの味付けが美味い。メンマは醤油ダレの味付けの柔らかサクサクの食感、普通に美味い。キクラゲは細切りカット、そこそこの量があり、柔らかコリコリの食感がイイ。ノリの磯風味はまずまず。ゴマはプチプチと香ばしい。刻み小ネギの薬味感はプチ・爽やか。

スープ完飲。名古屋での会議を終えての夕ラーに突撃したこちらの店での「とき卵らーめん」。それはあっさり目の豚骨スープに溶き卵が絡む「博多ラーメン」で、「玉子とじラーメン」の「萬珍軒」ほどの玉子とじ感は無いものの、博多ラーメンと溶き卵の組み合わせが悪く無く、CPも良好で美味かった。但し、私的には麺がはもうチョイ加水率が高くて硬めな麺で食ってみたいところ、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんばんは。

溶き卵ラーメン!?
これって何気に名古屋エリアのご当地麺なんですかね。
神奈川にも「溶き卵タンタン」系はありますが、ここのものは
豚骨+溶き卵という、なかなか変わったものみたいですね。

ぬこ@横浜 | 2019年8月24日 19:12

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

名古屋には知る人ぞ知る「萬珍軒」の「玉子とじラーメン」が有名?です。
これは醤油スープなんですが、こちらの店の豚骨スープでの溶き玉もなかなかでした。
「終日ランチタイム」もチョイと意味が分からんがお得です、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年8月25日 09:22