なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とうもろこしの冷たいラーメン」@自家製麺 MENSHO TOKYOの写真日曜日の昼13時過ぎ 外待ちなし
食券を買って中で数分待ち相席テーブルに案内されました

余談ですがここのテーブル、毎回二人でくると何故か横並びに座らされるので目の前が知らない人になってちょっときまずいです...。

さて、こちらのお店は大好きで数回来ているのですが、まだ食べていなかったまぜひつじを食べようと来たところ、こちらの限定が!
ポスターの写真がおいしそうだったので思わずこちらをポチり(数量限定なのかは不明)

数分ほどで着丼

まずはスープ 生クリームがベースで何か油分が結構たっぷり浮いています 名前から、コンポタ風のスープを想像していましたが違うようですね
味は洋風で、麺匠 潮の白いラーメンと雰囲気は似ていますね とろみはなくさらっと しかし大量に振りかけられた粉チーズが溶け込みかなり動物性の油脂を感じるまったり味 謎の酸味も微かにあります
ベースはなんなのでしょうね??鶏?いろんな要素があって不思議な旨味を感じます

そして麺 デフォのラーメンともつけ麺とも違う麺です 限定のための麺ではないでしょうか
やや平たく縮れていて、つるっと&弾力強めもちもち 茶色い粒が見えます メンショーは麺がおいしいんだよな...好きだ

具は、とうもろこし、生の赤い大根とズッキーニを刻んだもの、穂先メンマ、低温調理鶏チャー、クルトンなど
生野菜がサクサクで冷たいスープに合っていていいですね
デフォと同じやわらかく酸味のあるメンマはこのラーメンに合うのか?と思っていましたが食べてみると悪くないですね
そして鶏チャー!レアレアでピンク色です しっとりやわらかで厚みもあるため食べごたえがあります 味付けは控え目で主張しなくてこのラーメンにぴったり!これだけ増したいくらい気に入りました でもデフォメニューにも鶏チャーってありましたっけ??無かったような...

総評 最初はあれ?メンショーぽくない限定だなと思っていたのですが、いい意味で変わった味でやっぱりメンショーだとなるような一杯でした
レギュラー入りして欲しいとまでは思わないですが、食べてみてよかったです 毎年一回は食べたい味

余談その2 点数には関係なし
こちらのお店は、場所柄か客層があまりラーメン屋ぽくなく、カップルや家族連れがファミレスのように使っていることが多いので、食べ終わってもゆっくりしていく人が多いです。
さくっと食べてさくっと出る所謂ラーメン屋を期待しているとイライラしてしまう人もいるかも...
別にお店やお客さんが悪いとかいうことではなく、そういう雰囲気のお店です!ということです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。