なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油ラーメン 620円」@らーめん 楓家の写真高円寺や中野よりも都心に近いのに、なぜか垢抜けないローカル感が漂うJR東中野駅周辺は、ラーメン店も昔から人気の「好日」さんや量が売りの「大盛軒」さん等の老舗から、「かしわぎ」さんや「みそや林檎堂」さんのような今どきのお店も混在する不思議なエリア

昨年の春に、駒込にあった「Kinari」さんが東口の交番近くへ移転オープンし、いまだに評判は良いようだが、そのKinariさんの向かい側にて10年以上もひっそりと暖簾を守り続けているのが、「楓家(かえでや)」さん

元々は喜多方ラーメンで有名な「坂内小法師」で経験を積んだ店主さんが切り盛りしてるようで、「ウチは喜多方を提供しています!」とは謳っていないが、店頭のメニュー写真ではメインの醤油(620円)をはじめ多彩なメニュー構成

醤油ラーメン以外にも、塩・味噌(各770円)、担々麺・ごまみそもやし・冷やし各種・つけ麺各種・ジャージャー麺・(各820円)に各種トッピングやセットメニュー・ご飯モノ・アルコールも充実したラインナップ

縦に長いカウンターの店内となっており、平日13:10の到着で先客は居らず、えらい腰の低いご主人の接客で、「奥の方が涼しいからどうぞどうぞ!」と奥の席へ案内されたが、入口に近い席の方が明るいので入口近くに着席

口頭で醤油ラーメンの単品をオーダーすると、「これでも読んでお待ちください」と新聞2紙を持って来てくれる応対から、ご主人ワンオペでの調理が始まり、麺の茹で時間もそれほどかからずに到着した一杯は、お盆に乗せられ大きめな木製レンゲもサイドに鎮座

茶濁った醤油感のあるスープからは喜多方っぽいピロピロ麺も透けて見え、スープは動物系を優しく炊いた力強さと節系のアッサリ感が共存し、醤油のエッヂは控えめながら塩のシャープさも感じられ、塩分を欲するこの時期には身体に染み入る

佐野らーめんほどシルキーではないが、喜多方らしいプリプリ感のある黄色がかった平打ち麺は、麺量もそこそこあるがスープ量がたっぷりなので満足感はあり、2枚乗ったチャーシュー・クタ茹で気味のれん草とメンマ・海苔とシンプルな具材が揃う

チャーシューは脂身が少なく見えつつも、柔らかく炊かれ厚みもそこそこあって、チャーシューメンでオーダーする価値もアリアリで、卓調には醤油・ラー油・酢の餃子セットがあったが有料(100円)でオリジナルの潮州ラー油というのもあるようで、味噌や冷やしを注文する際には合わせてみたい

単品でもお腹イッパイのランチとなり、食後も「お急ぎでなければ、ゆっくりと涼んで居て下さい」とお冷のお替りを持ってくる至れり尽くせりの接客は、ランチをサクッと済ませ仕事に戻りたいこの日には仰々しくも感じたが、決して悪い印象ではなかった(^^;

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

つちのこさん、
神接客ですね。ラーメンはもう少し個性があると、もっと良くなりますね。

まなけん | 2019年8月12日 16:48

kinariさんやかしわぎさんへの訪問で、
複数回通りががってきただけの此方の様子。

参考になりました。
グリーン車クラスかもの接客にCP良き喜多方系。
この組み合せは唯一無二かもしれませんね。

おゆ (ゆるりと) | 2019年8月12日 22:04

おはようございます。
こちらは私もKinariさんに行くときに何度も見かけているはずです!かなり素晴らしい接客のようですね^^こんな対応してくれるお店が近くにあったら通っちゃいますね♪

poti | 2019年8月13日 09:03

まなけんさん、コメントありがとうございます!

店主さんの腰が低すぎて、逆にこちらが恐縮してしまいます(^^;
ラーメンについて、まさに「個性」がちょっと足りませんでしたが、価格と接客を差し引けば及第点です♪

つちのこ | 2019年8月13日 09:09

おゆさん、コメントありがとうございます!

私もずっとスルーをしており、外観の雰囲気から「女性店主さんかな?」なんてイメージしていましたが、そこそこの年齢な男性でした(^^;
お店の明るさや雰囲気は少し...な所もありますが、決してNGなお店ではありませんでした(^^)

つちのこ | 2019年8月13日 09:13

potiさん、コメントありがとうございます!

やはり皆さん、チラ見はしますがスルーしているお店のようですね(^^;
すでに老舗感すら漂う感じで、ピカピカに清潔感のあるお店ではありませんが、CPと接客は納得です♪

つちのこ | 2019年8月13日 09:16