なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:00過ぎに訪問。先客1名後客無し。店内は非常に狭く、短いカウンターのみ。キッチリと清潔にされており、混み合っていない分には居心地は悪くない。女性店長が若い男性店員1名に教育を施しながらのオペレーション。

ヴィーガン対応という本メニューを選択。上述の通りのオペレーションなので、20分近く待ってから漸く配膳された。

スープは焦げ茶色で、粘度はあまり感じられない。表面を多めの液体油が覆い、部分的に赤い辛味油も。
飲んでみると、白味噌をベースとした組み立てとなっており、そのコクとまろやかさが土台を形成。液体油の果たしている役割も大きく、ヴィーガン対応とは思えぬ程の味の厚みがもたらされており文句無し。
そして、そこにインドカレー的な複雑にして本格的なスパイス感が程好く被せられるのがポイントとなっており、何とも言えぬ味わい深さ。適度に高めにコントロールされた塩分濃度、仄かに感得されるトマトの酸味も相俟って、最後まで飽きの来ないキレとヒキを生み出している。

麺は、白い縮れ中麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際の潔い破断感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹感が得られた。

具として、味付けされたモヤシ、刻まれたトマト、コーン、トロトロの玉葱小片は、各々よく調和しており文句無し。
上に散らされるパクチーは、強い風味が非常に良いアクセント。
肉味噌的なものは、はソイミート製だろう。少しボソボソしているが、スープに浸して食べると非常に美味。

移転前に食べた「天空」同様、程好く独自性を打ち出しながらも全体としてバランス良く作り上げられた一杯。大いに楽しむ事が出来た。新メニューの開発にも期待したくなるというものだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。