なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩そば」@おとなの塩sobaの写真2毛作時代に1度訪問。焼肉屋さんとは思えないスープ、自家製麺に驚き、店内連食をしてしまった。今回は移転して専門店に。ちょっと厳しい目で食べてみた。

 スープは明らかにバージョンアップ。鶏の香りが強いくらいに鼻腔を刺激する。周辺では、かねかつレベルの味わい。ダシが強いとタレは弱めになるが、これはショッパイくらいの味わいで、ものすごくパワフル。細麺も、クッキリでレベルが高い。スープ、麺だけでも十分力強く、塩ならば都内の新店と比べてもトップクラスだろう。

 トッピングは合格点。肉巻きアスパラが2本あり、これがお得。ただ、麺とスープほどの魅力は感じない。流行をうまく取り入れた印象で、そのへんに個性は感じられない。発展途上という印象か。

 それとスタート880円、麺大盛り160円は、お高めで、場所を考えるとCPは悪いか。麺とスープが良いので、次はつけを食べてみたい。未来の名店の香りを感じる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。