なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製三位一体 + 玉子かけご飯」@中華そば 和渦 TOKYOの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/09/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rrnhxcnecYk

<生まれ変わった和渦!2度目の訪問!益々落ち着いたいい店になってきたよ>
 
 今回は、前回醤油系に続き、塩そばを狙ってきたんだけど・・・「三位一体」という言う張り紙に気持ち全てが吸い込まれてしまいました。限定とか特製にやっぱり弱いオレなので、どうせならどっちもやってしまえと、今回は「特製三位一体」です。それと、欠かすことのできない「玉子かけご飯」も忘れずに!
 
 
 
<全体> スープの三位一体構成よりも・・・特製の賑やかさに嬉しい圧倒を覚えるね!
 
 入店すると店の空気感がいいよね。マリオットホテルの下にはJR東海・東日本の電車が景色よく走る抜ける。そしてフロア担当の女性がキレイでフレンドリー。フロアでの手持ちぶたさタイミングでも、定位置にポジショニングで見守ってますよ!。本当に気持ち良い中華そば店になったものだ。そして旨さも相変わらず。そんなナイスな一杯はこんな麺顔をしながら目の前に現れました。
 
 
 おおお!当然出汁に注目なんだが、麺顔のトッピングがゴージャス過ぎて汁が見えん!ここまでやってくれると流石特製と唸りたくなるよね。肉の多さに目が行きがちだが、ワンタンだってデカいよ。これで味玉がホールで1個あるのなら完璧満足感なんだろうが・・・しかし他がとにかく贅沢だから全然許せるね。スープの色合いを意地で見分けますが、何とも淡麗さと柔らかさが織りなす塩だれ感覚。焦って動画メモをスローモーションで撮影してしまったよ(笑)。
 
 
 
 
<スープ> ファーストコンタクトは蜆!柔らかい滋味のあとは鶏出汁の静かな煮出し!飲み干すころにはさば煮干の旨味溢れる
 
 こちらの「三位一体」は限定品なのですが、日によってエキス構成が違うという展開です。今回は「サバ煮干し×鶏×蜆」と言う構成。日ごろ酒の飲み過ぎなオレにとっては蜆がありがたい。そんな勝手に薬膳感覚で味わいはじめましたが、最初の味風景に残るのは「蜆」からでした。ふわっと香る程度の貝エキス。やはり淡水系の旨味というか・・・派手さはないが素朴にもジワジワと来る貝エキスがいいね。
 
 
 続いて広く感じるのは自慢の地鶏スープの鶏エキス。鶏油系の濃密さは皆無だが、鶏ガラの煮出しによる丁寧さというか、ストレスを全く感じさせない旨味感。良い鶏は脂が綺麗だとか言うが、まさにそんな感覚で、煮干の含みもあって素朴にも見えるが、実は柔らかい旨味と透明化に溢れる旨味だと思われますよ。
 
 
 麺を食い終わってスープの完飲に向かいだすと、サバ煮干しらしい魚介の甘さを明確に感じます。珍しいね・・・。アジ煮干しはよく見かけるんだが。以前、ちょっといい店で飲んだときの酒のアテが「サバ煮干し」で、おつまみ的に旨かった記憶。それにしても円やかだね~。魚肉の乾燥して熟したアミノ酸が丁寧に煮出されています。鶏の上品な旨味とよく調和するし・・・。最後の時点では、蜆の風味は舌が慣れきってしまって、鶏とサバの競演をひたすら堪能です。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:加水の高さと弱い平型フォルム!伸びやかさのあるモチモチテイスト!
 
 麺が意外にも明るい目の多加水感覚でした。少し平型な形状でとても明るいクリーム色。表面も艶めいていて、啜りの良さを感じ取ります。捩れているようで、実はきれいなストレート麺?。通常の細麺より一回り分厚く感じますが、ちゅるちゅるとした滑らかさが印象的です。これは汁を吸い込むタイプで、汁持ち上げもよろしく、まさに三位一体スープもろとも味わってくれというメッセージ。
 
 
 前歯の歯切れもプツプツと着込みよいし、肉のハードさに比べればライトで対照的です。奥歯でもクチクチとよく潰れるし、出汁の旨味とグルテンの旨みがよい一体感!。密度感がそれほど高くないので、明るいモチモ感もあると思います。伸びやかさのあるモチモチテイスト!って感覚でしょうかね・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> ゴージャスな感覚!ひょっとして三位一体に対抗して4種の部位があったのか?
 
 実はチャーシューがかなり好み!多少無意識に食ってしまったが、ひょっとして「ロース・肩ロース・ヒレ・モモ」と4種類入ってたのかも?と、写真整理をして考えてます。全部写真メモ撮れてない〜。どれもタレに程よく漬けられたイメージで、周囲のロースト部分が深い醤油褐色です。部分的に脂に浸透してるところが実は好みだったりします。
 
 
 バラ肉はすごく脂がスープ熱で溶け出しており見るからに艶やか!。三元豚らしい肉繊維の細かさに加え脂のサラリ感で肉が上品にも感じしまうー。また肩ロースは身が薄いさくら色をしており見るからに薄味上品。ところが大胆に食うと周囲に深く浸透したタレ味で冷酒を欲する旨さに変貌です。
 
 
 ここから先の記憶がかなり飛んでるー。歯応え感からヒレ肉だと思ってるが、これはタレもうまいが三位一体出汁との相性が抜群!脂が少ないけど紙締める楽しさ旨さがそこにあります。残る一枚は・・・あっさりと柔らかく食えたような記憶。ここまで来れば腿肉であって欲しいがそりゃないかー。汁が三位一体なら、肉は四身一体でゴロがいいんだがねー。
 
 
 
 
<ワンタン> 皮が大判で滑らかで汁吸って味がするタイプ!肉餡は・・・強いといたスパイス風味!ハッカク??
 
 チャーシューも見事でしたが、ワンタンも負けておりません。皮が異様に旨かったのだがこれも自家製かどうかは不明。しっかりと出汁味を吸い取って、皮自体の緩い滑りさえ旨しと思える代物です。肉餡は鶏豚粗合挽きのシンプルな旨さで、塩気と軽い胡椒で十分満足な味わい。少し香味が入ってるなと感じてつぎを食うが・・・面白い東洋のスパイス感がほのかに香る!。滑りが良いから気がついたら飲み込んでしまってた(笑)。何だかんだハッカクに近い風合いを感じた次第・・・。旨し!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 元の漬け出汁の円やかな浸透に・・・三位一体出汁風合で濡れる旨さ!
 
 ハーフ味玉。もう卵黄はブランド物だと思える艶かしいディープオレンジ。タレじゃなく淡麗な出汁が染みてる感じで、見た目以上にマチュアな甘味を発します。ところがハーフだからずいぶんと食らうまでにスープの波を食らったようだ。マチュアな甘味に三位一体の旨味が溶けて、これも美味いと唸ってしまう。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!
 
 
 
 
<玉子かけご飯> 消費税アップに負けないサイドメニュー!値上げせず単価50円続行!しかも内容も濃ゆい!
 
 消費税が上がっても、再度メニューのミニ丼は今日も50円。本当に頭が下がります。味玉で質の高さを証明した卵黄がとろっとろですよ。鶏そぼろがケチってないし、ほんの少しナマ醤油かけてあって実に美味そうです。これは50円ではかなり申し訳ないうまさ!恐らく間違いなく、この店に通うときは必ずこれを追加し続けると思います。
 
 
 
 
 総じまして「旨さ!美しさ!ホスピタリティ!出汁とサービスも共に三位一体なる崇高中華そば」と言う感動。ここはもっと訪問を重ねるつもり。うまさ!美しさ!ホスピタリティ!の素晴らしき三位一体中華そば店。ツベコベ言わず一回食っとけ東京のラーメンファンなら!激しくオススメ!そんな応援と今後の発展期待を感じつつ・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   雨過ぎて
   季節外れの
   南風
 
 
 
   汗掻き辿る
   魅惑和渦そば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

どもです。
此方はわたしもお気に入りです!
特に三位一体は都度楽しみですよね✌
お姉さんも美しいし💝

ラーするガッチャマン | 2019年10月9日 07:40

三位一体に偽りなしな
バランスとれたラーメンの様です!

YMK | 2019年10月9日 07:55

こんにちは(*^^*)

三位一体とか見つけちゃったら、間違いなく
私も気持ち吸い込まれます。
日替わり出汁の組み合わせとは凄い。

としくん | 2019年10月9日 11:23

こんにちは
三位一体なんて言われたらそりゃねぇですね(^^)
ていうか遂にダウンですか?
お大事にして下さい。

がく | 2019年10月9日 12:18

こんばんは~
こちらの麺は淡麗系でも独特ですよね。
次こそは三位一体を頂きたいです♪

銀あんどプー | 2019年10月9日 17:37

こんばんはぁ~♪
見るからに美味しそう!
三位一体は食べに行かないといけないですね。
インフル大丈夫ですか?

mocopapa | 2019年10月9日 20:26