なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん+餃子」@佐野らーめん 417の写真佐野のちょっと気になる店名の店

老舗の完璧と言っていいチャーシューメンをいただいた後は,最近移転した某店に行くも,まさかの臨休……。
ならばと,3店めとして考えていたこちらに来てみた。

「佐野ラーメン」と言うと和風な店舗のような印象があるが,この店は川沿いにある喫茶店のような外観。
黒い外壁に「佐野らーめん 417」と,筆文字の白いロゴが貼りつけてあるのがかっこいい。
入店すると,エントランスには,おそらく看板に使ったであろう「417」の筆文字が,額に入れて飾られている。
佐野出身の女流書道家,「さおり」さんと言う方の字で,「青竹」を表現していると説明書きがあった。
さらに入ると数々の鉄道グッズがお出迎え。
店主さんはどうやら「鉄ヲタ」らしい。
店内は外観と同じく喫茶店のような作りなのだが,あちこちに駅名等が書かれたブリキの看板が張り付いている。
客は7割りほどの入り。
カウンターが空いていたので,「銀河鉄道999」の見事な模型が置かれている席に座る。
後会計式。
麺メニューは「らーめん」と「ちゃーしゅーめん」,それぞれの大盛のみと潔い。
基本の「らーめん」に,「おいしいよ」と書かれている餃子を付けることにした。
10月に入っていたが,増税後も値上げなし。
600円+300円,計900円と,リーズナブルな店が多い佐野の中でもかなり安い部類だ。
注文から5〜6分で提供されたのは,いかにもピロピロしてそうな麺がのぞいたかなりシンプルな醤油らーめん。
餃子は大きめなのが4つ。
4つって珍しいのでは?
店名にも4を使っているので,4という数字に対するネガティブイメージはないようだ。

麺は自家製青竹手打ちの中細縮れ。
多加水で気泡を含んだもちピロ食感は,佐野らーめんに多くの方がもつイメージ通り。
やややわらかな茹で具合で,麺が細めなのもあり,後半はかなりダレた。
スープはこれまた多くの方がもっているイメージ通りの,ガラ出汁+化調と思われる淡麗系醤油味。
カエシの主張は,おぐら屋さん系や田村屋さん系などの人気店よりも強め。
どこ出身か全く見当がつかなかったが,それもそのはず,ネットをよく検索すると独学らしい。
鉄道ヲタ,佐野ラーメン好きのご店主が,昔ながらのホッとする味わいの佐野ラーメンを出す店にしようとこだわった結果のようだ。
オーソドックスな醤油ラーメンが好きな方には響くだろう。
具は,ねぎ,メンマ,チャーシュー。
やや雑然とした盛り付けなので,もう少し丁寧だと印象がいいのではないだろうか。
チャーシューは肩ロースの煮豚で,赤身主体にもかかわらず,崩れるようにとてもやわらかい。
小さめに見えるかもしれないが,1cm以上の厚みがあるので食べ応え十分。
ちょっとしょっぱめなのが惜しい。
半分の厚さに切って並べた方が,水面が埋まって見栄えもいいし,塩気もスープに逃げるのではないだろうか。
麺量は150gほどだろう。
かなり大きな餃子は皮薄め,具は野菜が多い。
これもまずまず。

青竹手打ちのピロピロ麺使用,かなりオーソドックスな味わいの醤油ラーメン。
あまり好みではないタイプなのだが,増税後も600円で収める心意気と,マニアックかつオシャレで清潔な店で佐野ラーメンを味わえる価値を考え,大台に乗せておく。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

おはようございます
いちのえびすは残念でしたね。
まぁ、佐野はまだまだ行かれるのでしょう^ ^
オーソドックスでも良さげですね。
しっかり焼き目のついた餃子もおいしそう。
グッズを並べながら清潔に保つのは難しいですけど、楽しみながら綺麗にしてるのでしょうね。

あらチャン | 2019年10月11日 07:37

どもです。
一気に栃木の件数伸ばしてますよね❗
此方は知りませんでしたが、1度は行かないとね😄

ラーするガッチャマン | 2019年10月11日 07:45

こんにちは。
オーソドックスな味わいなようなので、やや遠征向きではない気もしますが、近場にあったら重宝しそうなお店ですね^^600円という価格もありがたいです♪

poti | 2019年10月11日 15:35

こんにちは
増税後でも600円はありがたいですね。
その価格なら50円ぐらい上げられても文句で無さそうですけどね(^^;

がく | 2019年10月11日 16:43

こんにちは~
417をしばらく見ると、何となくニュアンスが伝わりました👌
地方のラーメンはこれくらいの価格が嬉しいです♪

銀あんどプー | 2019年10月11日 17:04

こんばんは。
私も以前伺った時にお店の趣味が面白いと思いました。
ただ、ラー本とかの情報まで行かないかなという味の印象。
味も変化していくものですから、今の味も知らなきゃと思います。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2019年10月11日 17:18

こんばんわ

教科書通りの佐野ラーメンの店ですね。
地味ですが、この餃子も良さそうですねえ。

まなけん | 2019年10月11日 20:06

こんにちは。

お目当ての臨休は残念でしたね。
佐野はやはり、餃子もいいですよね。
最近、荒川沖からの引込み線の歴史を調べていました。

ももも | 2019年10月11日 20:24

こんばんは!
オーソドックス オブ ナンバーワンですよね(^^)

みずみず | 2019年10月11日 21:25

御店主の趣味を活かして実益を兼ねたお店でしょうか。
こういう方向性も楽しそうでアリかなと思います。
引退したら、考えようかな?? 苦笑

おゆ | 2019年10月11日 23:41

おはようございます(*^^*)

鉄オタのお客が多かったりして。
ラーメンはカエシ強めなのが惜しいです。

としくん | 2019年10月12日 07:48

こんばんは.
佐野のお店は餃子を食べてる人が多かったです.
ラーメンが小ぶりなので餃子ありが普通なのでしょうかね.
417に意味はあるのでしょうか.

Paul | 2019年10月12日 09:07

こんにちは、ども。
佐野ラーメンはしばらく頂いていませんが、ピロピロ麺がちょっと苦手ですが、麺自体とスープの味はいいですねー。
写真を見ると、しょっぱそうな感じはしませんが、一度舐めてみたいですね。

佐野厄よけ大師へ行ったとき真ん前にもラーメン屋さんがあったような記憶、ここへ行って見たいと思っていましたが、その前にこちらへ行かなくちゃ。

村八分 | 2019年10月12日 11:36

こんにちは
鉄オタ、ラヲタの店主さんが独学で出したお店なんですね。
オーソドックスな麺顔で、餃子も美味しそう。
こんなシンプルなお店、都内では流行らないのかなぁ~?

mocopapa | 2019年10月12日 15:01

どもです!
「おいしいよ」という餃子、いいですね。
何故かそういう素朴なアピール好きなんです
麺はダレてしまって、かえしが効いてるんですか
なかなかピーキーな感じでしょうか

さぴお@腰痛により機能停止 | 2019年10月12日 18:56

こんにちは。
417と青竹が結び付かないです。
ラーと餃子4つあって900円はお安いですね。
2店目で餃子食べるのも凄いですが。

M | 2019年10月22日 12:28