なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ねぎラーメン(こってり 920円)」@天下一品 府中中河原店の写真今年もやってきました10月1日。増税ではなく天下一品祭りw 初日のラーメン無料券を目指して八王子の天一を覗いてみるも、外に数十人の行列が出来ているのを見て心が折れ、この日の入店を断念。2日目以降のオリジナルグッズ狙いに切替えます。一度も当ったことがないのだけどねw

この日会社帰り、19時前に店頭に到着すると、流石に行列は出来ていないけど店内8割方席が埋っています。カウンターに着席してメニューを一瞥。祭り開始のタイミングが増税と重なっているので、予想通り価格が改定されています。ただ、それまでのラーメン一杯720円が790円へと70円もの大幅値上げ。消費税2%分どころじゃないわな。こりゃ祭りが終ったら客足がドッと落ちたりするんじゃないか。

でもメニューの価格表示が、税抜表示メインで税込価格を括弧書きにする判りづらい表示から、税込表示一本に統一されたのだけはマル。

気を取り直して、この日はねぎラーメン(920円)をこってりでオーダー。このところずっと、こってりが重く感じるようになったと「こっさり」で行っていましたが、たまに食べたくなるのよね、こってりがw やはり、年齢や老化のことばかり言ってないでたまには尖らないとねw ややあって配膳。

縁にオリジナルロゴの入ったお馴染みの丼に、見るからにドロリ感のある淡褐色のスープが張られ、どっさり青ネギの小山、脇にチャーシューとメンマが添えられています。水面下が全く見えない特濃スープですから、当然、麺は窺い見ることはできません。ではいただきましょう。

まずはスープ。鶏独特の風味高い高粘度ベジポタ系。これこれ。舌に載せて転がすと、多少ザラつきを感じるくらいの粘度があります。鶏の風味とは言っても、クセや臭みがある訳ではなく、程良いお醤油感と相俟ってマイルドな味わい。何だかホッと安心感のある味ですな。久し振りのこってり。美味しい。

麺は、緩いウェーブの中細ストレート麺。咀嚼時にザクザクとした破断感があります。スープに沈む麺を持ち上げようとすると、餡かけの餡を纏って持上がってくるのに近い重量感を感じます。それだけスープが高粘度ということなので、この麺に嫌ってほど絡みまくり、しっかりとスープを口に運んで来てくれます。適度にコシのある食感も良し。美味しい。

たっぷりの刻みネギは、九条ネギを思わせる青ネギ。ねぎラーメンを注文して、これだけの盛りにしてくれたら文句なし。麺やスープと一緒に口に運ぶと、独特の香りが口の中に拡がり良い感じ。

チャーシューは、モモ肉を使った薄味仕様。いつどこでいただいても、同じ品質のものが提供され、そういう意味では丁寧な仕事をしているんでしょうが、いかんせん薄い罠w 薄切り選手権じゃないんだからさw メンマも3本くらい申し訳程度に入っている感じ。ネギのように気前よく載せてくれたら嬉しいのになw

さて半ば。同チェーンでのMy定番チューンは「にんにく薬味」投下なんですが、卓上のその隣に「からし味噌」が並んでいるのが目に入り、両方を少しずつ使用してみることにします。レンゲに適量ずつ取り、これをスープに溶いて行くのですが、粘度の高いこってりなので、なかなか溶けて一体化しづらく、溶けきらない状態で掻っ込み開始w

両方のアイテムの違いがもっとはっきり判るかと思いましたが、いつもにんにく薬味を溶いて掻っ込んでいるときのテイストとあまり変らないなぁ。美味しいから良いけど。麺を掻っ込み、残った粘度あるスープwith青ネギは丼を持ち上げて飲み干して食了。久し振りのこってり、堪能させていただきました。

さて、会計時にはもう一つの楽しみって言うか緊張の一瞬がw そう、スピードくじです。数年前に初日に一杯無料券を頑張ってゲットしたことはありますが、2日目以降のグッズ狙いでは当った試しがないものでw 果たして・・こってりネックストラップ こってりラーメンチャーム付きのレインボーバージョンが当った! ここ数年ずっとお祭りの2日目以降に参加し続けていて初めて!

久し振りのこってりは堪能することが出来たし、初めてオリジナルグッズも当てることが出来たし、と~っても気分良く帰途につくことができた一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。