なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩ラーメン」@青竹手打ちラーメン おお竹の写真田村屋さん三番弟子のお店

佐野にあって,現在最も人気のある系列は田村屋さん系と言っても過言ではないと思う。
某サイトの系図によると,一番弟子「押山」,二番弟子「日向屋」,三番弟子「おお竹」,四番弟子「ようすけ」となっていて,最近の話題店である「大山」さんも,「弟子」とどこかに記載される日がいずれ来るだろう。
チャーシュー増しを2杯いただいた後,その中で未訪だったこちらに来てみた。

前店から700m,車で2分とこれまた近い。
店は道路よりも少し高く,ちょっとした水害なら浸水しないかな。
入店すると,正面に田村系の証,「一麺一心」の額がある。
店内は水害の影響か,こちらも5割程度の入り。
後会計式。
テーブル席に案内され,メニュー表を眺めると,基本の醤油系の他に塩もあるのが田村屋系らしい。
塩があるならもちろん塩を。
前2店でチャーシュー増しをいただいたので,ここも揃えようかとも思ったが,厚みのあるバラをここまで計10枚いただいているので,増しは自粛した。
価格改定があったようだが,それでも650円とお安く,本家のように塩の方が高いという設定ではないのも嬉しい。(9月にいただいた本家の塩は税込700円だった)
空いているのですぐに出るのかと思ったが,なかなか来ない。
3杯めなので腹が空いているわけではなかったが,それでも提供まで35分かかったのはどうしたことだろう。
茹で湯を交換でもしていたのかな?
それなら説明があってしかるべき待ち時間だよね。
前店が注文から3分で提供されたのとはえらい違いだ。
とにかく,ようやく提供されたのは,田村屋さん系らしい色鮮やかなナルトと緑が印象的な澄んだスープの一杯。

麺は青竹手打ちの太~細ストレート。
気泡を含んだピロピロではなく,ミシッと小麦が凝縮されたような食感は,直前にいただいたものと似ている。
この腰の強いしっかりした噛み応えの麺が,田村屋系の特徴かな。
とすると,直前の店は田村屋系の麺リスペクトなのだと想像。
佐野の多くの店で使用されるピロピロ麺が物足りない方にはこのタイプの麺の店がオススメだ。
スープは見た目通りすっきりとした味わいの塩。
動物主体で旨味を補足したような感じで,魚介は感じない。
本家の塩は,魚介や牛筋が使われ,肉片もスープの底から出てくるので,敢えてインパクトの強いスープにしようという意図が見えたが,こちらはもっとシンプル。
移転前の本家で6年前にいただいた醤油はすっきりな印象だったので,本家は開店当時とはかなり変えてきているのだろう。
独立したこちらの方が,以前の田村屋さんの味わいを残しているのだと思う。
どちらも魅力的だが,このすっきりシンプルな味わいの方が個人的には好きかな。
具は,ねぎ,メンマ,ナルト,水菜,チャーシュー。
水菜が載る佐野ラーメンはあまり多くないかもしれない。
ナルトのピンクが緑によく映え,ビジュアル的効果も大きい。
チャーシューは厚みのあるバラが2枚。
程よく軟らかで,適度に脂身が入るのも好み。
この価格で2枚載るのは嬉しいが,流石にこの日は12枚め,もういいかなと言う感じ。
もも○さんはやっぱりすごいな。
麺量は180gはあっただろう。

しっかりした噛み応えの麺にすっきりとしたスープ。
彩りも鮮やかな,田村屋系佐野ラーメンの塩。
説明もなくかなり待たされた違和感も食後にはどこかに吹っ飛んだ。
やっぱりこの系列の佐野ラーメンは好きだな。
佐野ラーメンをもっと探究したい思いが湧いて止まない。




蛇足;
昨夜の「嵐にしやがれ」では,「大和」さんが紹介され店主ご夫妻が出演していた。
しばらくマイベスト佐野ラーメンだった店。
ナイスチョイス!
ちなみに茨城のご当地,スタミナ冷やしも登場。
茨城スタミナ本家の「松五郎」さん,客の写真撮影は禁止でも,マスコミ取材は平気で受けるのは不思議だ。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは😃 
佐野ラーメンも、調べれば色々奥が深そうですね。
同じになりがちな味や麺も各店工夫しているんですね。

mocopapa | 2019年10月20日 11:36

こんにちは
ここも美味しいですね。
佐野ラーメンはどこも負けまいと日々進化してますからね。
当たれば儲かるだけに激戦ですよね。
昨晩少しアクセス数が伸びたのは嵐にしやがれの松五郎だったんですね。

あらチャン | 2019年10月20日 12:24

こんにちは!最近夢にまで出てくるようになってきました(^^)
関東に縁がなくなりなかなか行けないのが残念・・

みずみず | 2019年10月20日 13:33

佐野拉麺勉強になります。それにしても650円は流石だと思います。

昭和のBecky! | 2019年10月20日 14:37

どもです。
3番弟子さんのお店だけ行ってません(*^^*)
そのうちに行けると思いますo(^-^)oワクワク
大和さんが1番好きです👍

ラーするガッチャマン | 2019年10月20日 17:14

こんにちは
色々テレビで取り上げられているんですね。
茨城の松五郎さんは撮影禁止との事で行くの躊躇しています。
やっぱりマスコミにはオープンなんですかね?
うーん、ちょっと納得いかないなぁ。

がく | 2019年10月20日 18:00

こんばんは。

以前は魚介も加えていたと厨房からお聞きしました。
私がうかがった時は未使用とのこと。
>ミシッと小麦が魚薄くされたような食感は
「魚薄くされた」・・なにか触感の比喩かと思いましたが、「凝縮」のミスタッチかな。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2019年10月20日 18:16

こんばんは~
佐野ラーメンって栃木だけでも何軒あるのでしょうか。
いつか全軒制覇してしまいそうですね👌✋
松五郎は友達が店の写真だけ撮っていました(笑)

銀あんどプー | 2019年10月20日 18:23

monaさん正解。
訂正しました。

RAMENOID | 2019年10月20日 18:42

こんばんは.
こちらも腰のある麺なのですね.シンプルでおいしそうですね.次回の参考にします.
写真禁止って,何か事情があるにせよ,客として信頼されていないのかなと残念に思うんですよね.

Paul | 2019年10月20日 21:54

こんにちは。

佐野強化月間ですね。
嵐のテレビは少しだけ見ました。
松五郎は写真禁止なのですね。
ひたちのうしくのお店、楽しみです。

ももも | 2019年10月20日 22:11

佐野系の勉強になりました。

ただ、この客入りで30分以上の待ちは何かあったんでしょうね。
それへの説明が無かったとかちょいと気がかりです。
一時が万事にならなければ良いのですが...

おゆ | 2019年10月20日 23:52

無かったとか→無かったのは

おゆ | 2019年10月20日 23:53

おはようございます(*^^*)

理由わからず35分とは痺れますね。
それも吹き飛ばす満足感でしたか。
田村屋さん系は全部行きたいすねえ。

としくん | 2019年10月21日 06:16

おはようございます!

田村屋系の3番弟子となれば、やっぱ間違いないんでしょうねェ〜
どうせなら、系図に記載された全店を制覇しちゃって下さいナ(^_-)-☆

こんにちは☆

佐野ラーメンも様々な系統があるんですね。
コチラの塩も美しくて美味しそうです。
スープの下に潜んでいる麺が魅力的。
佐野は近くて泊まり仕事が無いのが残念です…。

ノブ(激務中) | 2019年10月21日 10:25

こんにちは。
佐野ラーメンに関していつも勉強させてもらってます!嵐にしやがれで佐野ラーメンと茨城のスタミナが紹介されたんですね!客のラーメン撮影がNGで取材OKは確かに不思議ですね(笑)

poti | 2019年10月21日 17:29

こんばんわ、
佐野ラーメンを連食すると、細かい違い・個性がよくわかってきて面白いですね。
そもそも佐野ラーメンの塩が未食なので、まずは食してみたいです。

まなけん | 2019年10月21日 17:44

こんにちは。
佐野ラーメン、もっと探究してください。
って、RAMENOIDさんに 食べて貰って参考にする ズルい者です。
最近、中々遠出できないんですよねー。
佐野ラー食べたい。

M | 2019年10月22日 12:54