なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「≪期間限定≫ラーメン街道一番星 TYPE-RS チャーシューメン」@らあめん花月嵐 鴻巣店の写真2009/04/12 16:00入店

『秘かに国道17号補完計画進行中』

皆さんこんにちは、ど~もボクです。
本日は、国道沿いのクセに閉店時間が早い花月嵐訪問です。
らあめん花月系は午前様営業でナンボ、らあめん花月嵐 藤阿久店を見習ってほしいものです。
券売機にてしばしニラメッコしますが、『ベジラーメン菜菜NaNaロッソ』とか興味ありませんので、標記メニューにてw

では『いただきます』
チャーシュー外周のピンクが何となくレア感を醸し出します…w
一応、家系インスパイアの様ですが…www
多少ブラックペッパーが掛けられていますが、オペをミスったか?量が少なく、幸か不幸か影響はほとんどなしw
意外にも、極くわずかながら豚の香り。
鶏油の他に、豚油も掛けられているのか?
しかしブタ感は最初の数口のみで、あとはブタ感一気に消失。
とはいえ、乳化現象も見られます。
セントラルキッチンで真面目に作っているのか?
ゼラチン質をブチ込んでいるだけなのか?www
カエシがやや強めに香る辺り、予想外に食えちゃったりしますw
私のバカ舌振りが如何なく発揮されている訳だが(爆)
麺は中細~中太レベルの平打ち。
柔らかめな茹で上がりですが、スープとの相性は悪くない、うん悪くないw
具材はチャーシュー・青菜・海苔3枚・刻みネギ。
まずは取り敢えずチャーシューを数えてみると5枚。
ノーマルのTYPE-RSがチャーシュー2枚で¥700。
3枚増しでプラス¥200、1枚当たり¥66.666666…
厚さ3~4mm程度、小振りなチャーシューにこれだけの価格設定は強気そのもの。
ノーマルの方がCPはまだ良い方か。
謳い文句は『香ばしく燻した本格炭火焼チャーシュー』。
その実態は、燻した香りも何もない、煮豚と言っても通用するシロモノ。
食感としてはややカタ程度で、まぁまぁ。
外周部がミディアムレア状態なのは、何の意図があってのものなのか不明です。
青菜は茹で過ぎでクタクタ。
食感も風味もなく、その存在意義が問われる。

スープを飲み干した丼底にはそこそこの髄粉。
セントラルキッチンで真面目に炊いた?というよりは、初めから髄粉投入といったところでしょうか。
“如何に美味しいラーメンを作るか”、ではなく、“如何に家系に似せるか”、という点に心を砕いていらっしゃる様でw
味自体はまぁまぁ悪くない一杯であると思われますが、チェーン店好きなバカ舌の私が言う事ですのでwwwww
ただしこのレベルのチャーシューがわずか3枚マシで¥200マシというCPの悪さ。
全体的な量も少なく、割高感は否めない。
う~ん、残念w

『御馳走様でした』

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

>“如何に美味しいラーメンを作るか”、ではなく、“如何に家系に似せるか”

ナイスな評価です。
私も深夜の高崎店にでも行ってみたいと思います。
でも、食べてみたいのは「ベジラーメン」ですかね。

黒衣のペテン師 | 2009年4月22日 06:42

やっぱり家系チックですよねー^^;
でもなんとなく私も好きな感じでした。
割高感はありますよね^^;

がる | 2009年4月22日 17:50

コメント投票ありがとうございます。

黒衣のペテン師さん

悪くない一杯ではありましたよw
ただし、チャーシューメンは絶対オススメしません、フツーのラーメンがお値段的によろしいかと思われます。
『ベジラーメン』…〇ンプラザ中野が必要以上にベタ褒めしていますよwww
出演料貰ってるんでしょうねw


がる副会長

意外とイケますよねwww
ラーメンはまだいいですが、チャーシューメンは高い!w

嘆きの六連星 | 2009年4月24日 03:45