なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辰醤油らーめん:700円」@らーめん 辰屋の写真今や星の数ほどある二郎インスパイアの中でもイチオシのお店です。
いつでもどんな時でも店主さんが1人で調理会計接客全てをこなすそれはまさに職人。
野菜と麺茹でを同じ茹で釜とテボを使っておりますが、巧みにに麺と野菜をあちらこちらのテボに移し変えつつ茹で操ってこんがらがらない様子は見事。

スープは一言で言うならば「和風二郎」といったテイスト。
完全非乳化タイプで、脂分は比較して抑えてあります。背脂は少なめで液体油に依存。
それでも二郎に負けない濃厚な豚骨醤油のコクがあります。それでいて鰹節や独特のカエシによる和風チックなお味なのでどこかサッパリ感。このスープがまた麺にも野菜にもニンニクにも合う!
麺は極太の角麺。まるでうどん・・・と思いきや、小麦の味が凝縮された、噛み応え抜群の紛う事無き中華麺です。よく極太麺だと表面がとろけていることも多いのですが、
この麺はガッチリを表層がコーティングされており、いつまでも歯応えバッチリの中毒性がある美味しさ。
チャーシューはちょっと冷たく、脂身が固まっているのでスープにしばらく沈めておいて柔らかくしましょう。そうすると脂身がトロトロになりにやける美味しさ。

個人的に二郎系で唯一スープまで飲み干せるほどのお店。素晴らしく美味しいです。
小麦の高騰やあんなこんなや色々なことがあっても、今まで一切値段を上げていないのも好印象。
少なめや、二郎成分を大幅に抜いたラーメンもあるので、一般人にも勧められる貴重な二郎インスパイアのお店です。
営業時間が結構フリーダムなので、各地の営業時間情報などは信じずに開店時間即入店ぐらいの早めの時間に行きましょう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。