なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン大盛」@九州ラーメン いしの写真6月1日(月)13:50初訪。
かなりオリジナルに近い久留米豚骨が食べられると、福岡出身の友人から教えてもらったお店。「ほんのちょっとあっさりしてるけど、御天に匹敵するニオイと久留米ならではの荒っぽいバタ臭さがいい感じにリアル」だそうです。(メールより引用)
これは是非とも行ってみなくては!と意気揚々と向かってみたのですが、店の前まで来てその閑散とした店構えに少し怖じ気づきました。なんというか・・・マニアック臭が漂っています。
店外ではさほど感じませんでしたが、店に入るとムワッとした豚骨臭が一気に襲ってきます。メニューはラーメンとチャーシューメン、それと高菜炒め等のちょっとしたおつまみ。目玉焼きというのもありました。

透明感のある薄い黄白色のスープです。某サイトの動画によると、豚骨のカシラ部分のみを使用し、毎日継ぎ足し継ぎ足しして作られたスープとのこと。30ウン年やっている店ですから、とても年季の入ったスープということになりますね。すごい。
サラッとしたスープで意外とあっさり。豚骨も塩気も薄めです。
臭みはありますが、強烈という程でもありません。しかし今まで食べた臭い豚骨の中でも一線を画したような独特の風味がします。くさやっぽい発酵系の臭みというか・・・なんだか不思議な味わいです。
そして麺ですが、こちらも初めて食べるタイプの麺でした。中~やや細めの縮れ麺。加水率高めで柔らかい食感です。いい表現が見つからないので率直にその時思ったことを書くと、上手く茹でたサッポロ一番みたい。なんだか軽くてツルっとしているのです。
これがうまくスープを持ち上げてくれるのですが、全体的には微妙です。動画で見た特製ラー油を途中から投入してみましたが、さほど変化はなく大盛で頼んだことを少し後悔しました。

色んな御当地ラーメンがあるんだな~と勉強にはなりましたが、美味しいとはちょっと言いにくいラーメンでした。久留米ラーメンは自分には合わない?とも思いましたが、後日ラーメン Show in Tokyo 2009で食べた久留米の名店大砲ラーメンはとても美味しかったのでそうでもないよう。豚骨好きとしては他の店にも食べに行ってみたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。