なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば¥650+半肉¥150+味玉¥100」@次念序の写真幸いなことに、平日来れる際には開店前が多く。
つけめんを食べるべく並ぶのですが、注文する段になると「限定」の二文字に負け、中華そばを注文してしまいます。

前の道を通過する同僚に見つからないかドキドキしながら並びます。

開店。水を汲んで着席。5分程でまずつけめんのお客に配膳され、更に5分程で中華そばが届きました。

スープは魚介系が前面に出ていまして、動物系はちょっと下がり気味ながら下支え十分。旨みも十分。ややドロっとしたスープですが、その粘度は昨今の流れからするとさほどでもないような気がします。塩分濃度が高かった時期がありましたが、今回は良い塩梅です。
麺はボソボソしながら弾力もあり、啜っていると本当に幸せな気分になります。この固めの仕上がりは意図しているのでしょうか、来るたびに異なる感じです。

半肉につきましてはCP最高です。
バラ2枚、サイコロ4つ。炙ってはいませんね。
メンマは、非常に好みです。いつも増量すれば良かったと後悔します。
ネギは苦いです。ただ、このスープにはこれくらいの苦さがマッチしているように思います。鮎を食べながら箸休めに生姜をかじるという行為に似た感覚でしょうか。
プリンとした味玉は黄身が半熟ゼリー状でこれもいい塩梅、秀逸な出来です。
ついでに海苔の下にも。

スープも完飲しました。

ひとつだけ望みを言うと、つけめんをスープ割りした際の柚子の風味を中華そばでも感じたいのですが…贅沢ですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。