なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけめん」@一笑の写真本日2軒目。

買い物も終わった後、まだ全然お腹に余裕があったのでもう1軒行くことに。
ここまで来たらやはり「○麺堂」に行ってまだ未食の煮干番長にするか、とも思ったのですが、そういやもう1軒新しくオープンしたお店があったなぁということを思い出す。
しばし悩んだ結果、まだ未知数のこちらに変更。14:00過ぎの入店で2割ほどの入り。ここは豚骨がウリだそうですがまだレビューのないつけめん(820円)にしてみました。
ただ後で調べたところによりますと、やっぱり下赤塚の「一笑ラーメン」と同じ系列だったようですね。

10分ほどで到着。
まずスープをそのままいただいてみると、薄い。つけめんなのに普通のラーメンスープと同じか、むしろそれより薄いんじゃないか?と思ってしまうくらいの濃度です。これは久久にラーメンの麺とスープを分けただけという禁断のやつに当たったんじゃないのかな。おまけにスープの濃度が薄いわりには酸味が強いし。たしかに今思えば「一笑ラーメン」のつけめんもこんなんでしたけど、でもここまで薄くはなかったと思うんですが・・・。
麺は細めのストレートでこれもやっぱり向こうのお店と同じよう。細いわりには多少コシもあって悪く無いんですが、いかんせん絡むのかの字も無いこのスープとでは・・・。
具はチャーシュー、メンマ、海苔。これに卓上のネギと辛子高菜で補います。
さすがにこのままでは食べられないので、普段はあまりしない卓上の調味料でカスタマイズ。おろしニンニクとラー油、それに前述のネギと辛子高菜をいっぱい投入してなんとか完食しました。

正直これはつけめんと呼んでも良いのかちょっと疑問に思ってしまいますね。「一笑ラーメン」のも薄かったですがそれよりも薄いのでは・・・。おまけに値段を考えると。
ただお店の人の対応は悪く無い、というかむしろ良い方で好印象だっただけに、もう来ないとは言いませんが少なくてもこのメニューは改良して欲しいかなと。最低でも濃度を3倍くらいに上げて欲しいですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。