なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ザルラーメン+チーズ(ニンニクヤサイ)@700+100」@ラーメン二郎 府中店の写真2010.5.18(火)21:10。ここ1〜2ヶ月、コメントを下さる方々がこぞって訪れ、高得点を叩きだしているこちら。未訪の二郎ということで、前々から興味はありましたが、蓮爾にどっぷりハマっている現在は、蓮爾並みに太いという麺を試してみたくて仕方がありませんでした。しかし、府中は遠い…と思っていたのですが、よく考えてみると、職場から下北まで歩けば、明大前で乗り換えて京王線だけで行けるじゃないですか。しかも、帰りは武蔵野線を使えば秋津で西武池袋線に乗れる!じゃあ、仕事も一段落したことだし行ってみるか!と、思い立ったが吉日で行って参りました。

改札を出て南西口を出ると、目の前に国際通りのアーケード。これを進んで行くと見えました、二郎の名前。お店の前には…外待ち無し。中を覗くと中待ち4名…ですが、券を買っている間に2名が座って待ちの2人目となりました。そこから10分ほど待ち、空いた角席に着席。チケットを渡すと、ちょうどこれから僕から始まる次ロットの麺茹でが始まりました。ちなみにこの時店内に流れていたのは、ラジオのビジネス番組。中国元の切り上げ問題と高速増殖炉もんじゅの問題点を聴くこと約10分。麺が冷水で締められ、「ザルの方は」。

「ニンニクヤサイ」でお願いして受け取った丼が画像。おお、スープに浸っていないのに地黒な麺…太いですね!そして海苔やらチーズやらニンニクやら、更には表面が油でテカっているヤサイやら、麺の丼は凄いことになってます。一見してキャベツ率が高いのがわかりますね。これは桜台よりも多いかも。一方のつけ汁は、かなり厚く油の層がある、乳化度合いの低いタイプ。その中にほぐし豚がずいぶんたくさん見えます。

レンゲがあったので、しょっぱいだろうなー、と思いながらつけ汁を一口啜ってみると…やっぱりしょっぱい。けれど、塩気が通り過ぎると、口の中に豚出汁の旨みがじんわり広がります。それから、甘さ、生姜の風味も出ていますね。麺をつけたら美味しい予感。とりあえず、麺の丼から野菜をひとつかみつけ汁に投入し、それから麺をつけ…いや引っ張ってるんだけど麺が…出てこないぞ。うわ、この強力なゴワゴワ感とちぢれのせいで、絡まってるんだ。…なんとか5〜6本を引きずり出してつけ汁に投下。そしてそれを口に入れました。

…凄い!ものすごい硬さ!これは先々週食べた蓮爾 登戸店よりも太くて硬い!ちょうど、蓮爾 さんこま店がオープンしたばかりの頃の生茹で麺のようです。でも、これは…ウマイ!練った小麦の塊を食べているかのような強烈な風味と歯ごたえ。そして、塩気、醤油味の強いつけ汁が、この凶暴な麺とがっぷり四つに組んでます。これは旨い。浸しすぎてちょっと塩気が強い時は、ヤサイを一緒に口に放り込めばOK。この野菜も、ちょうどシャキシャキな茹で加減がいいですね。そして「ニンニク」コールでもどっさり盛られたニンニクを投入すると、更に刺激的な味に。おぉ、これは強烈だ。そして、濃い味付けのほぐし豚は、時折麺に絡まってきて、ジャンクさを倍加させます。

せっせと麺を引きずり出しては浸けて食べる。この繰り返しに完全に没入してしまいます。引きずり出…あ、海苔とチーズが一緒にやって来たぞ。じゃあ食べちゃえ。うん、チーズが一緒に口に入ると、こってり感が増しますね。海苔は風味を変化させる感じ。良く合ってます。無くても良いけれど、あると変化が楽しいトッピングですね。

…と、あっという間に麺が最後のひとつかみになってしまいました。時計をみると食べ始めて約7分。腹具合は…腹六分目といったところか。あぁ、初回だからおとなしく小にしとこう、と思ったけれど、大盛りにすれば良かった…。でもいいか、ここはもう絶対また来るし!…ということで、最後の麺をつけ汁に投入、食べきりました。

ここで割スープをお願いしました。そして、つけ汁の器を渡すと、スープの寸胴から人すくい取り、丁寧に網で脂を濾したスープを追加してくれました。これを飲んでみると、旨い!確かにライト系で、ややもすると軟弱豚骨醤油(そんなくくりがあるかは知りませんが)のようにも思えるかもしれませんが、塩と醤油がキリッと立っている分、強い味だと思います。それに、スープを加えると、生姜の風味と甘みが際立ちますね。美味しい。

約12分でスープも完飲して完全に終了。美味しかった…。いや、この麺は強力ですね。蓮爾 さんこま店で出来の良いときの麺と互角、というのが僕の印象。でも、太さはこちらの圧勝。蓮爾 登戸店の麺と比較しても、こちらの方が極端なんじゃないでしょうか。参った。スープがだいぶ違うので、どちらが美味しいという比較は出来ませんが、蓮爾と全く互角の、凶悪な旨さでした。もう決定です。また近いうちに来ます。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

どうもです。
府中二郎さん気に入って貰えた様で良かったですよ~、自分の二郎の中でのお気に入りの店舗です。
この他にはない麺を食べる為だけに訪問する価値は充分ですからね~
自分の時はザルは少しだけ外れの部分があったので70点台後半の評価でしたけど
ラーメンの時は神降臨状態で同じ点数を付けさせて頂きましたよ。
ここは結構ブレ幅がでかいらしいので、当たりを引けたのは幸運ですね。
次回はラーメンの方も是非とも試して見ては如何でしょうか?ラーメンで食べる極太麺も乙なもんですよ~w

Juventus | 2010年5月19日 03:40

KMです。
おはようございます。

行かれましたね。
こちらのザルの良い所を余す所なく表現されてますね。
このザルは好きで、夏は良く食べてました。
太くなって、さらにいいですね。
同じく蓮爾が好きなので、コチラも応援してます。
こういうのは採点の対象外にしてます。
そういうことは忘れて、ガツガツ食べたいところです。

蓮爾ですら、随分ご無沙汰してます。
画像をみると、豚くんが随分少なくなってしまった気がします。
豚がおおいと、旨みも多いので、味も変わっているはずです。
そういえば、府中も豚は多かったので、行ってました。
今は常識範囲ですが。

KM | 2010年5月19日 08:02

こんにちは~

自分も先月の「二郎の日」に初めて行って、そのレベルの高さを実感しましたよ。
ホント、麺がかなり太いですよねぇ。
やっぱり二郎はこれだけ太くてこそ!と言える、代表格のお店じゃないでしょうか。
ザルだと、より一層、麺の醍醐味を実感できそうです。
自分は、次回訪問時はザルの予定なので参考になります。

corey(活動終了) | 2010年5月19日 14:45

>juventusさま

こちらもコメントありがとうございます。
いやもう気に入ったも何も、距離も電車賃も関係ない!また絶対食べる!
…という心境ですww
このクラスの麺が蓮爾だけじゃなくここにもあった、ということがまず驚きですが、
これを食べるために並んでいる人たちがいる、というのが、驚異的です。
自分は置いておいてw
蓮爾も登戸は並んでますけどね。
そうですか、ブレるんですか。下ブレすると、どうダメなのかな。
それはそれで興味がありますw
次回はもちろんラーメンです!大盛り。今回のように切れてなければ豚入りで!

the_sphere | 2010年5月20日 00:57

> KMさま

いやはやこれは旨かったです。
蓮爾とはまた違うベクトルのスープで、同じように極太麺を食べられる。
こんな幸せがあるとは思ってもいませんでした。
蓮爾と府中二郎、今週はどっちにしよう?という感じで悩むと思います。

豚は、ほぐされたものが結構入っていた印象ですが、塊はありませんでした。
細かいから充分に感じるんでしょうね。
でも、豚が食べたい!と思って行くと、これでは足りないかも。
次回は是非とも豚切れじゃない時間に訪問したいです。

the_sphere | 2010年5月20日 02:03

> coreyさま

「26の日」は、未体験なんです。ここは初めてだし、上野毛は未訪だし。
でもここが思いっきり気に入ってしまったので、早速メーリングリストに入りました。
次回26の日は来週水曜ですね…行けるかな。いや、行こうw
蓮爾で極太麺をつけ(ざる)で食べると麺の凶悪さが引き立つということを学んでいたので、
初訪にしてざるで行ってみましたが、大正解でした。
でも次回はラーメンにします。ラーメンも旨そうだ…

the_sphere | 2010年5月20日 02:03

こんばんは、napsです。

亀コメで失礼します。
最近はあまりRDBに遊びに来れなくて……

小麦の塊、とはなるほど〜と思っちゃいました。
割りスープも生姜とは美味そうです。
ザルは必ず行く予定なので楽しみです。
写真も主張したいことが分かっていいですね〜

naps | 2010年5月21日 00:57

>napsさま

こちらの現在の麺は本当におすすめです!
どうやら、今の麺になるまでには紆余曲折があったようですが、
とにかく極端な剛麺になってますので、それをザルで堪能してきてください。
レポート楽しみにしています!

the_sphere | 2010年5月23日 00:40