なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩ラーメン+白玉+八穀炙り角煮丼@700+100+350」@RAMEN CIQUEの写真2010.6.5(土)11:32。平日はもちろん公共の交通機関で通勤していますが、休日に出勤する時には車で行くこともあります。そのときは、新青梅街道を越えて青梅街道に入り、都心方向へ進んで環七で折れて南下、井の頭通りを東進して大山交差点で渋谷方面という経路を通ります。その途中、気になる店はいくつもあるんですが、その中で最も気になっていたのがこちらです。

ラーメン二郎 荻窪店の前を通過して、青梅街道北側のコインパーク密集地に到着したのは11時20分頃。しかしすべて満車…。そのまま青梅街道を走って店の前を通ると、店はまだ空いていなくて待ちが10人程いるし…。仕方がないので少し先で左折し、路地に入ってぐるっと一回り。そうして10分ほど時間をつぶして戻ってみると、コタンの笛の横の一番近い駐車場が空いていた!ここに車を止めて急ぎ足で店に向かうと、少し前に店が開いたようです。待っていた客が順次入店して、食券を購入していました。

カウンター6席と待ち用ソファは既に一杯で、僕は15人目。とりあえず塩ラーメンの食券を購入。それと白味玉も。そこで列に戻り、店内で立って待ちます。待ちます。待ちます。んー。店主が頑張って作業してます。そして最初の一杯が提供されたのは、11時42分。2杯ずつ作っています。あ、結構ご飯や角煮丼を頼んでますね…角煮丼おいしそう…えいっ、追加してしまえ(笑)。更に10分ほどすると、3人がほぼ同時に食べ終わって列が進み、ソファに着席しました。改めて店内を見回すと、これはスナックかなにかの居抜きのようですね。内装だけ変えたんでしょうが、このソファの前には確実にテーブルがあったはず。それがないので、中抜けの不思議な空間になってます(笑)。一方、店主と助手はラーメン店のそれではなくて、レストランのシェフと助手のようですね。注文内容を確認に来る助手氏の態度はとても丁寧だし、店主は滑らかな手つきで丼を仕上げる作業に没頭しています。動きも機敏。

先客9名が食べ終わったり、15人目の僕もやっとカウンターに座れました。並び始めてから丁度30分。そして更に3分で注文の丼が渡されました。おおっ、美しいですね!大きなチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、麩、味玉、最後に乗せられた白髪ネギ。そして澄んだスープ、表面に浮かぶ油滴、下から顔を覗かせる麺。すべてが計算された盛りつけじゃないでしょうか。綺麗です。

期待を膨らませてスープを啜ってみました。…おお、優しい味だ。塩分、出汁、何かが突出しているわけではなく、すべてがバランス良くまとまっている感じ。その中でも一番はっきりしているのは、貝の旨みでしょうか。ホタテかな?SOBAHOUSE金色不如帰のハマグリとは明らかに違う、もっとクリアで澄んだ風味を感じます。これは美味しい…。傾向としてはぜんやに近いと思います。が、大きく違うのは中細ちぢれ麺ですね。こちらはどうでしょう…

箸で一掴みを引き出して啜ってみると…細いけれどもプリプリで、いい食感ですが…スープだけとは風味が全然違う!スパイスの甘みが加わった?もう一度スープだけを啜ってみると、やはりこの甘みはスープ由来ではない。よく見ると、麺になにか練り込んでありますね…赤い点が見えます。クコの実?八角?これが甘みの元なのでしょうか。面白いですね。仄かに甘みが加わることで、中華系の印象となりました。今まで食べて美味しかった塩ラーメンが、いずれも和風か西洋風に感じられたのとは異なり、とってもユニークです。

かなりガッシリとした肉に見えたチャーシューは、つまもうとするとホロホロと崩れる程の柔らかさ。スープの味を邪魔しないように考えられているのでしょうか、味付けは薄めで、肉本来の旨みがメインです。メンマもやはり濃くないですね。細めでもこりこりとした歯ごたえは、良いアクセントになっていました。ほうれん草はアクの少ないさっぱりとしたもの。塩スープに良く合います。そして麩!ラーメンの具としては滅多にお目にかかることはないですが、口に運んでその意図がわかりました。これは、スープの味を楽しませるためのアイテムですね。もちろん、麺がその役割を担うのがラーメンですが、麺にはスパイスが練り込んであるので、スープだけの味も感じて欲しいということなんでしょう。いやー、これはスープに絶対の自信がなければ出来ないことですね。凄い。

追加した味玉、これも美味しかった。プリップリの白身を破るととろけ出す黄身。スープに混ぜ込んでしまうのがもったいなかったので、結局二口で食べてしまいました。いいお味。海苔も素晴らしい風味ですね。

サイドメニューの八穀炙り角煮丼。これも美味しかった。やはり中華風ですね。こちらははっきりとした八角風味のついた角煮で、甘辛です。でも、繊細なラーメン・スープの味を殺さないよう、かなり抑えた味付けとなっているのが特徴でしょうか。雑穀の甘みが複雑な八穀ご飯も良かった。

夢中で食べていたら、約7分で完食してしまいました。ああ、もっと食べたい。いや、量が少なすぎるということはないんですが、美味しくてあっという間に終わってしまうんですね。いやはや、凄かった。とにかく、店主の自信が現れている一杯だと思いました。そして、その一杯一杯を丁寧に作る姿勢、更には客が気持ちよく食べられる接客も素晴らしい。店も清潔。値段にしても、これで700円スタートなんて、抜群のCPと言えるでしょう。ただ、唯一注文があるとすれば、それは具について。それぞれ美味しいし、スープと合っているとは思いますが、ここまで拘って完成しているスープと麺なので、具は全部選択制のトッピングにしてもいいんじゃないかと思います。邪魔しているとまでは言いませんが、メンマ、ほうれん草などは蛇足と感じてしまいました。もちろん、それだけスープと麺に感銘を受けたということなんですが。いずれにしても、また来ます。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

オス~

あーやっぱ味覚が似てますね(笑)。
まーココは確かに素晴らしいですけど。。。
流石はRDB塩ランク1位やね。
だけど、やっぱ不如帰のほうが。。。。

まいど~
ここの塩は以前から旨そうでBMしてたんだけどねぇ~
相変わらず綺麗な清湯で食欲をそそりますねぇ、非常に美しい透明感。
盛りつけも美しいですし、チャーシューが凄く旨そうです。
メンマやほうれん草が蛇足に感じるとは、麺とスープの完成度が物凄いですね。

Juventus | 2010年6月7日 06:55

こんにちは

ここ美味しいですよね~
思わず2日連荘で行ってしまいました
あ~読んでたらまた、食べたくなった(笑)

B級グルメ | 2010年6月7日 12:01

凪。

ありがとうお~
じつわ。行く前に読んでました。
ちょっこっとやりとりありましたよね。
・・・だからこそお店の心遣い・・・

新橋、烏森神社の横あたり。ここらも凄いよね。

いつまでも、ってわけにわいきませんけどね。

一回、どっかで飲みましょね~

こんばんは。
塩はなかなか機会がない私ですが、
一度は行ってみたいものですね~。

水戸 稲郎 | 2010年6月7日 20:16

> ぶるまさま

連荘コメントどうもです。
ぶるまさんは不如帰のほうがお好みですか。
あっちのがもう少しガツッと来ますよね。
ああ、また食べたくなった(笑)明日行こうかな(笑)

僕なんかが子供のころの未来像は、どこもクリーンで高層ビルばかり、
チューブの中をエアカーが走っていてピッチリした銀色の服でしたが、
実際21世紀も10年が経過したのに、新宿の猥雑さは相変わらず。
多分50年後も似たようなものですよ(笑)

都合の良い時に誘ってくださいね~

the_sphere | 2010年6月7日 22:23

> juventus さま

こちら未訪でしたか‥。沖縄へ発たれる前に行けなかったのですね。残念。
多分、インパクトは少ないと思いますが、じわじわじわじわ来るんですよ。
あの滑らかな手つき、またすぐに見に行っちゃうと思います。

the_sphere | 2010年6月7日 22:25

> B級グルメさま

いやー、美味しかったです。
そもそも、ここに行くぞ!と決心させたのは、
B級グルメさんのレビューなんですよ。
ありがとうございました。
期待を裏切らない味でした!

the_sphere | 2010年6月7日 22:27

> 水戸 稲郎さま

インパクト系の反対側ですが、美味しいと思いますよ。
サイドメニューもレベルが高いので、
色々合わせ技でがっつりもOKと思います。
機会がありましたら是非!

the_sphere | 2010年6月7日 22:29

こんばんは。

おー、素晴らしい得点!
ココの塩は私も好物です。^^

最近は絶品の「限定」をやってないようですね。
行きたくて行きたくてウズウズしていますよ、もう。

ファイシャ・プレッタ | 2010年6月7日 22:43

いやあ~!
絶品ラーメンなんですね。
自分にとっての塩といえば、旬麺しろ八さんですが、
地球さん、どんな味なのかますます興味津々です。
では。

サケダイスキ | 2010年6月8日 07:42

> ファイシャ・プレッタさま

ファイシャ・プレッタさんは5回のレビューが全部限定なんですね。
凄いですね。どれも珍しいうえに美味しそうで、うらやましいです。
‥ノーマル品のレビューはされないんですか?

the_sphere | 2010年6月8日 11:37

> サケダイスキさま

いやー、絶品でした。
僕は逆にしろ八さんの塩をまだ食べていないので、
近々突撃したいと思ってます。
味噌が良かったので、期待しちゃいますね!

the_sphere | 2010年6月8日 11:39

こんにちは~

ここの塩は絶品ですね!
ただ確かに、具はもう少しシンプルで良いかと思います。
それこそ、かけスタイルでも十分通用するほどかと。
以前出した限定の雉出汁が、まさに麺とスープだけでした。
それはもう、美味いのなんの!
と、見てたら、ここで久々に食べたくなりましたw

corey(活動終了) | 2010年6月8日 15:16

> coreyさま

そう、その雉出汁の限定、食べてみたかったです!
でも、中華そば屋 伊藤のようなスタイルもありますし、
もっと潔いスタイルにしちゃってもいいと思いますよね。
もちろん、普通の具が欲しい人用の「普通」ボタンも作って。
あの一人平均3枚にもなろうかというチケット・システムなら、
可能なんじゃないかと思いますw

the_sphere | 2010年6月8日 20:37