なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「3SOらーめん M+味玉@700+100」@RA-MEN 3SOの写真2010.6.26(土)20:41。今までラーメンを食べるために遠出した中で、最長距離となった今回(といっても25Kmですがw)、ラーメン 学一軒だけではもったいなかったので、もう一軒、メチャメチャ興味のある店に突撃しました。それがここ、3SO。皆さん高得点を連発している味噌の新鋭ですね。個人的には、先日行った味噌連食の舌の根の乾かぬうち(文字通り)に、来てみたいと思っていました。

ラーメン 学そばのコインパーキングを出てからものの7分ほどでお店発見。駐車場は…あ、あのラーメンのぼりの立っているところですね。お店のはす向かい、民家の裏門のようなところを入ると、左奥に3台分の駐車スペースがありました。右側には農家の物置のようなものがあるので、民家の敷地を借りているんですね。夜は暗くてわかりにくいかもしれません。

入店すると、先客は4名。若者カップル2組です。空席を確認したら、食券購入。学の小ラーメンはするっと入ってしまいましたが、ここでまた汁そばを食べると、結構くるよなぁ…。Sサイズだと、トッピングサービスか…じゃあSで味玉付けて貰おう!と、Sのボタンをポチっ…え、でも横の張り紙を見ると、Mで麺量150g、Sはその半分…ってことは75g?それは少ない…ということで、やっぱりMサイズにすることにして、味玉@100円の券も追加購入。食券提出時に、SじゃなくてMに変えて下さい、とお願いしました。

…白い。白ベースにガラスとステンレスの銀、更に淡い色調のインテリアでまとめた店内は、とってもオシャレで清潔感に溢れています。オープンしてまだ2ヶ月経っていないこともあるでしょうが、テーブルの上のたくさんの調味料の瓶なども、どれも綺麗にしてありますね。また、広めの厨房も綺麗です。あとトイレ!男女両方の個室があるって、このサイズのラーメン屋では珍しいですね。やっぱり、元々はバーの居抜きなんでしょうね。

さて、店主は先客2名の丼の仕上げにかかっていますね。それが提供された後、僕の分が作り始められました。他にすることもないので、いつものように、オペレーションをじっと見つめます。まず店主、丼にスープを3分の1ほど注いで放置。丼温めですね。さらに、取り出します雪平鍋に、アイスクリームディッシャーを使って味噌を投入。そこにホットドッグ屋でよく使う赤いケチャップ入れから、なにやら白い液体を注入。シロップ?旨調?わかりません。そして一番左の寸胴からスープをおたまでひとすくい。これを雪平鍋に加え、コンロにかけて、泡立て器で一気に溶きます。溶けたところでタッパからチャーシューを一枚加えて更に一煮立ち。ここで麺茹で開始です。麺一玉がテボに投入され、太い菜箸でがしがし解されます。次に、中華コンロで熱した大きな片手中華鍋に、お玉ひとすくい分の脂を投入…これ、まだらになっているので、挽肉なども混ざっているのでしょう。それに熱が入ったところでモヤシ追加。しっかりと炒められます。

用意された丼のスープが捨てられ、そこに雪平鍋からチャーシューを残してスープが注がれます。麺の茹で時間は3分ジャスト。しっかり湯切りされた後、スープの中へ。更に、炒められた肉味噌モヤシが乗せられ、かなり多めの白髪ネギ、メンマ、味玉、そして壊れないように丁寧にチャーシューが追加されました。最後に飾り麩が乗せられて終了…かと思いきや、丁寧に具の配置を修正し、レンゲを乗せてやっと終了。1杯作るのに、約6分がかけられました。

まず黒いお盆が渡され、そこに「お待たせしました」といって丼が置かれました。おおー、綺麗なルックス!スープは味噌と油が渾然一体となり、思わず「半乳化」とか言っちゃいたくなる状態に見えます。渡された状態だと麺が見えなかったため、少し引っ張り出してから記念撮影。あ、すいません、その時にチャーシューがちょっと沈没してしまいました…店主殿の狙ったビジュアルから、少し外れちゃいました。

さて、まずはスープを啜ってみましょう。ズズズっ…うおおぉ!これは…なに!?味噌?クリーミ〜〜な白味噌スープなんですが、味噌由来だけじゃないと思われる、優しい甘さやスパイスの香りが複雑に絡まり、何とも言えない味になっていますね!あくまでマイルドに、様々な味が主張している感じ。美味しい!そして…熱い!かなり熱いです。…が、レンゲが止まらない。夢中で飲んでしまいます。白味噌ベースの味噌スープだと、旬麺しろ八が美味しかったのですが、その「味噌が濃くてほっこりしている」のとは全く違う方向性。先日の味噌麺処 花道のような、動物出汁が土台になっているのとも全然違う。味噌が全体のまとめ役となっているような印象。面白いです。

ひとしきりスープを堪能した後、麺に行きます。打ちの中太縮れ麺で、口に含むとかん水の香りがします。そしてこのクリーミーなスープに、かん水風味が合いますねー。スープには粘度がほとんど無いため、絡みはさほど良くありませが、スープの味がはっきりしているので、不足は全く感じません。茹で加減は少し柔らかめで、多少の歯ごたえを残している感じ。個人的にはもう少し硬めの方が好みですが、この優しい味だとこれ位でもいいものですね。

白髪ネギに隠された肉味噌モヤシ、これが香ばしい。少し焦げるくらいまで炒められていて、優しいスープに激しさを加えています。モヤシがシャキシャキしているのもGOOD。挽肉多少塊になっていて、濃いめの味付けと共に存在感を示します。一方、どっさり乗っている白髪ネギは、見かけ倒れでした。…いや、意図的なのかもしれませんが、辛みが完全に抜けるまで絞ってあって、シャキシャキ感もネギの辛みもほぼ残っていませんでした。

チャーシューはホロホロ。過去のレビューではパサ気味だった時期もあったようですが、今回に関して言えば完璧なんじゃないでしょうか。盛りつけ時、店主殿がゆっくりと時間をかけていたのが思い出されます。ジューシーでしっかりした味付け。八角を中心とした、中華系のスパイスでしょうか。仄かな甘い香りも良い感じ。それに対して、メンマはものすごくはっきりした味ですね。甘辛。業務用の良くある味とは違う濃い味付けで、丼の中で一番激しく主張しているかも。

追加した味玉も素晴らしい。味噌麺処 花道の味玉が、ユニークで美味しいと思いましたが、これもまたユニーク。プリプリの白身、とろけ出すギリギリの硬さの黄身と、茹で加減も絶妙なら、味付けも絶妙。節などの魚介系がメインだと思いますが、それだけではない複雑な味わい。美味しい。

唯一の難点は、麺がかなり絡まっていること。数本の束を引き出そうとすると、すぐに引っかかってしまいます。無理に引っ張ると汁が飛び散りそうなので、ちょっと引き出してかみ切らなければなりませんでした。丼の形状が、広く口の開いていない、チューリップ状なので、余計にみちっとしちゃうのでしょう。この点は残念でした。

さすがに学の後だったため、後半は頭の中に満腹中枢からの「しゅ〜りょ〜」宣言がけたたましく鳴り響き、ペースダウンを余儀なくされてしまいましたが、約12分をかけて固形物を完食。お腹はかなり厳しかったものの、こんなにも美味しいスープをたっぷり残すのは残念すぎて、ちびちびとすすり、底から2cmほどになったところで終了としました。

いやー、美味しかった!とにかくユニーク。あんまり味噌を食べていない僕が言っても信憑性に欠けるかもしれませんが、かなり新しい方向性なんじゃないでしょうか。味噌スープなんだけれども、味噌はまとめ役。他の味、香りが豊かで、さながらフレンチのスープのよう。…これで冷やしだったら、ヴィシソワーズのようになるんじゃないですか!?どうなんだろう…是非とも食べてみたい…更に、エスニッQ3SOも食べたい…これは遠いけれども再訪決定です。その時は、連食でなくて体調万全で。点数は、麺の絡まりと白髪ネギの肩透かしが若干マイナス、そこに、かなり上がっていたハードルを軽々とクリアしたこと、J系からの連食でももっと食べたいと思わせられたことをプラスして、このくらい。また来ます。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

> ぶるまさま

スイマセン!なんか2重に同じコメントが入ってたんで、
ひとつ消すつもりで削除したら2個とも消えてしまいました…
しかも消えた後は1個だし…なんかバグ?

朝もはよからありがとうございます〜
ここ、美味しかったです!機会があれば是非是非!
僕はこれから寝ます…

the_sphere | 2010年6月27日 04:39

the_sphereさま おはようございます

ここ気になってる店です。
「しろ八」「花道」等とも異なるんですね。
どんな味か、想像するだけで楽しくなります。
近々に追従したいと思ってます。

buriburi | 2010年6月27日 05:44

まいど~
自分もここ最近高得点のお店なので、気になっていましたわ~
味噌連食で鍛えた舌がこの点数を出すのであれば本物でしょうね。
麺屋優創もそうですけども、最近は味噌で面白い店が結構出てきていますねぇ。
麺の絡まり以外は特に問題も無いようで、今後に期待が持てるお店ですねぇ。

Juventus | 2010年6月27日 06:59

KMです。
行かれましたね。
写真綺麗ですね。
なかなかこういうふうにはいかないものです。
高得点でよかったです。
多くの方が信用してくれるでしょうね。

私の周りの方達も気にいってくれています。
とくに杏仁豆腐です(笑)。

KM | 2010年6月27日 07:15

こんにちは

行かれましたね!最近ここの店主さんとは仲良しで情報交換もします
火曜日が定休ですがラーメンの食べ歩きをして勉強をするそうです
オススメを教えてほしいとのことなので「しろ八」を勧めました
あと何軒かオススメしましたが、しろ八は味噌は冬のみなので塩を勧めました
なぜしろ八かというと味噌の作りが似ていたから参考になると思ったからです
赤いケチャップ入れから入れたものは生クリームです
しろ八もコーヒー用のクレマトップを入れますね!
いずれにせよ満足されたようで良かったですw
甘いの苦手でなければ奥様手製の杏仁豆腐も是非!

B級グルメ | 2010年6月27日 15:21

こんにちは~

ここも気になってるんですよねぇ。
最初は自演?と疑っていたのですが、名だたる皆さんが高評価ですし。
クリーミーな味噌ですか。
でも、クリーミーの一言だけでは済ませられない、そんな予感もするスープのようですね。
遠いけど、ここも是非一度行ってみたいんですが…。

corey(活動終了) | 2010年6月27日 15:26

> buriburiさま

こんばんは。
いやホント、間違いなく美味しい味噌が食べられます。
しかも、独特な感じが素晴らしい。
お店もメチャメチャ綺麗だし、値段も控えめ、
そして駐車場完備で言うこと無しです。
是非行ってみて下さい!

the_sphere | 2010年6月27日 22:22

> juventusさま

こんばんは。
はい、RDBで評価の高い味噌の店と比較しても、
決して劣ることはないと思います。
というか、僕にはものすごく合っていたので、現1位よりも美味しく感じました。
麺の絡まりは残念ですねー。もともとテボでの麺茹では絡まりやすくなると思うんですが、
更に口の狭い丼で、うまく解れないだと思います。
大盛りにするとどうなっちゃうんだろう…ちょっと心配ですw

the_sphere | 2010年6月27日 22:25

> KMさま

こんばんは。写真へのお褒めの言葉、ありがとうございます。
でも、ちょっとピンが甘くなってしまって残念でした。
一応ちゃんと断ってはいるんですが、周りのお客さんに変に思われる気がして、
いつも最大2枚しか撮らなくて、失敗することも多々あります。
KMさんのような、「丼がカウンターに佇んでいる瞬間」を切り取ったような写真、目標です。

杏仁豆腐ですね!次回は連食を避けて(or J系じゃないところにして)味わってみます!

the_sphere | 2010年6月27日 22:29

> B級グルメさま

行きましたよ〜。KMさん、B級グルメさん、napsさん他、皆さん高評価ですからねー。
めっちゃ気になっていました。
で、期待を裏切らないおいしさ!
そうでしたか、あれは生クリームでしたか〜。
生クリームがあれだけビューッと入ることで、
あのクリーミーさと少し洋風な味が出るんですね。
「しろ八」さんの味噌でもクレマトップが入っているとは気づきませんでしたが、
味噌自体の重厚さが違ってるのかもしれませんね。
「しろ八」さんでは「味噌汁」を感じましたが、
こちらでは「洋風味噌スープ」を感じました。
ま、微妙な違いなんですけれども。

そしてやはり杏仁豆腐ですか…これは食べないわけには行きますまい!(笑)

the_sphere | 2010年6月27日 22:39

> coreyさま

こんばんは。
遠いですねぇ。我ら東京北西部の人間にとって、
町田ってのは「神奈川じゃん」という場所ですからねぇ(笑…町田の方、怒らないで)
まあ、逆に向こうからは「埼玉が何を言う」と思われてるかも!?

いやここ、ホントに美味しいです。基本何でも好きなバカ舌の僕ですが、
和洋折衷のバランスが絶妙だと、エラク感動するということに最近気づきました。
ここって、そういう味だと思います。「洋」が他より少しだけ強くでている感じ。
是非食べに行ってみて下さい!

the_sphere | 2010年6月27日 22:45

こんばんは!

こちら最重要BM店です。
噂に違わぬ味のようですね。
行かねばなりません。

土屋 圭二郎 | 2010年8月1日 21:52

> 土屋 圭二郎さま

こちら、是非とも多くの方に食べて来て頂きたい店です!
ホントに美味しいです…
僕の中では最重要再訪希望店ですw
最近は混み出したのかな…早めの訪問が吉かもしれません!

the_sphere | 2010年8月2日 02:20