なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

東京厚生年金会館の程近く、路地裏に位置する目立たない店。
外観は古臭く、入りにくさは相当なものだ。

店主は秋葉原にあった今は亡き(復活するようだが)名店「玄」出身との事で、「玄」とはあくまでも違うものの、良い素材をベースにしたラーメン作りという姿勢はしっかりと受け継いでいるようだ。

まずは加水率高めの麺の出来が良い。
手打ち風の平打ち太麺だが、スープとの絡みよりも粉の味と食感を楽しませることに重きを置いているようだ。
喉越しが心地よく、一口一口が実に楽しい。

動物系・魚介系・野菜をバランス良く使用したスープは、どの味も突出することが無くインパクトには欠けるが滋味深い味わい。
季節によって変わるというトッピングの野菜も、肉汁がしっかり残ったチャーシューも味の濃い玉子もそれぞれそこにある理由がしっかりとわかるもの。

地味な味といえるだろうが、店主は接客含め真摯な人という印象を受けたので、この路地裏でしっかりと自分の世界を作っていってくれるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。