なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「一神堂そば」@一神堂 河原町店の写真——要約——
これは美味い、みんな食べてください。何がすごいってアサリに特化したキワ物でなく、万民が求める“塩ラーメン”の体裁に見事におさまっているのがすごい。食べてください。

友人から行列店だよ?と薦められた当店。じゃあ開店を狙っていきましょう。…17時、まだ開店してませんでした(笑)17時半からとのことでしばらく待って開店時に入店。
厨房からとてもふしぎな香りがする。淡い、でもすごくいい匂い。アサリだけでもない。うぅむ。看板メニューであるという「一神堂そば」には括弧つきで(豚骨塩あさり)て書いてある。うぅむ。とりあえずこれ注文。ちなみに食券制ではないです。

注文から8分程度かかって到着。麺は自家製の玉子麺であるとの事ですが、なかなか楽しみです。見た目アサリですね。アサリです。お店の人の承諾を得て写メ→合掌→いただきます。ひとすすり。
…?
 …ん~
   …!! すごいよ3秒後の衝撃。

——麺——
予想を裏切る細麺でした。時間かかっていたのはスープのほうの仕込だったのでしょうか。ほぼストレートですがもちっ、ぶりっ、の食感も良い、ほんのり甘い玉子麺。親しみと高級感を両方感じます。スープの絡みもいい。

——スープ——
最初は何も感じないんです、するっと入ってくるんですけど後味にきます貝、貝、貝です。アサリです。しかし前面に出すぎていないというか、あくまでもわかりやすい「塩ラーメン」のスープなんですよ。うまくおさまったなー、と関心。脂っけも適度にあるからこその味わいなのでしょうね、もう何の脂なのかは分からないっす。

——トッピング——
あさりは殻つきで10個は入っていましたね。身も大きくて、これを食べるのも楽しいし、何よりアサリ自体おいしい。一見わかりませんが、千切りのザーサイが入っています。この食感が貝のダシとものすごく調和していてすばらしい。このバランスでよくザーサイにたどり着いたな、と関心。

当然ですが一滴も残さずいただきました。

——総評——
何がすごいって、全体として「塩ラーメンの域を出ていない」のが逆にすごい。高級感もそんなに立たせず、変にお酒やバターみたいなアサリ主役の方向にもってくるわけでもなく、みんなが愛するあの塩ラーメンに、完全においしいアサリを合致させてしまってるんですよ。これはもう、参りました。ちなみに得点だけで言いますと、私が公開した149件中で最高得点つけてます。

————

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。