なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
82

「ラーメン」@三平の写真——要約——
普通の一杯のとんこつラーメンだが、塩分濃度の絶妙さにびっくり。余計な味が一切無い、シンプルイズベストの一杯は一度食べる価値アリ

山口県ラーメン行脚、宇部市で高評価を受けている当店にやってきた。店の近くに駐車ゾーンがあって使い勝手がいいです。
店内はテレビ、カウンターとテーブル、という昔ながらの定食屋さんテイスト。しかし壁には自身の「ラーメン専門店」の文字。むむ期待できるか。
ラーメンを注文すると、お冷やと「10枚ためるとサービス権」が出てきます。庶民的でほっこりします。
カウンターから店内が見えるのですが、「ずんどうが無い」のでびっくり。なんと丸釜のなかにどっさり豚骨が入り、弱火でくつくつと炊いている。なんか…すごい。

4分少々で到着。写メ~合掌~いただきます。ひとすすり。 …美味い。…しょっぱくもなく甘くも無く、素直に入ってくる。美味い。

——麺——
細麺ストレート、ざくざく系をしっかり茹でてある、という印象。博多っぽい豚骨ラーメンのそれより少しもち感あり?
——スープ——
醤油だれに丸釜から注いだベーススープのみ。このスープ「塩分濃度」が絶妙。甘ったるくも無く、しょっぱくもなく、それでいて麺にもよく絡む。特別なことしていないのに、バランスさえとれればこのレベルになるのか、と脱帽。脂はほとんど浮いていない、釜からのスープにある豚の脂のみ。
——トッピング——
チャーシューは少し硬めで少し厚め、博多ラーメンによくあるそれ。メンマは歯ごたえ強いですが細く刻んだもので、全体を殺さない。いい。青ネギはもし大盛にできるならたっぷり入れたいですね。どうなんだろ

——総評——
シンプルですが、すごく美味い。技ありの一杯ですよ。店内はお母さんとおばあちゃん、みたいな女性お二人が切り盛りしていたのですが、手際もいいし、味も上記のとおり。こういうラーメン屋ってすごく愛着がもてます。東京で言う「麺屋ごとう」の雰囲気を少し感じますね(味はとんこつなのでぜんぜん違いますが)。
————

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。