なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「天一坊特製坦々麺@880」@天一坊の写真2010.9.25(土)20:53頃。7月に小岩であった飲み会の後、今度は多摩地区周辺の方との飲み会をセッティングしてもらいました。その集合場所となったのが、こちら天一坊。飲めて食べられてラーメンも豊富という、八王子、多摩に3店舗展開する中華料理屋です。僕を入れて4名が参加(キャンセル1名、都合の付かなかった方2名ほど…残念です!)ですが、実は誰も多摩センターに近くない…幹事、ナイスセンスです!w

19:30までのサービス・タイムは飲み物が3割引くらいということもあり、食べるよりもぐいぐい飲んで喋って2時間半。宴たけなわな頃に、麺類タイムとなりました。まず注文したのは、店内に貼られているPOP広告で目を引いた坦々焼そば(こちらの表記は「担担」ではなく「坦々」でした)と、ジャージャー麺。前者は焼そばなので、そもそもRDBではNGですが、かなり酸味の効いたスパイシーな味付けで、この日食べた物の中では一番インパクトがあったかも。たっぷりの水菜とひき肉の乗った盛りつけも綺麗でした。後者は割と辛めだけれど普通の味。麺が冷やし中華を想起させるような味、硬さで、ジャージャー麺としては並といった感じでした。

この2杯がほぼなくなったところで、第2弾として3杯を注文。それぞれ気になったものを頼もうということで、豚しゃぶ胡麻らーめん、牛すじ辛味土鍋麺、そして天一坊特製坦々麺を注文。かなりお酒が入っていたので、注文からどれくらい経ったかは定かではありませんが、割と早め(多分10分以内)に3杯が運ばれてきました。前の皿も残っているので、テーブルの上は大変なことになってます。そして、それをいろいろな角度から撮影する者4名(爆)店員さんは半分あきれ顔でした…

まず口にしたのは豚しゃぶ胡麻らーめんでした。ズズっと啜るとシャバ系のスープは豚の旨みと胡麻の風味がたっぷりで、まさに胡麻しゃぶのタレを薄くしたような味。麺と薄切り豚も当然のようにマッチしていて、これ、旨いかも!と思ったのも束の間、襲いかかる塩気!しょっぱい…これ、塩気を押さえたらかなり美味しいと思います。豚肉も多いし。

次、牛スジ辛味土鍋麺をつつきます…おー、コッテリしたスープはまさに牛スジ煮込み。辛味とあっても辛さは控えめで、それよりも胡麻が主張しています。それと、和風の煮物的なクリアなスープでなく、濁った味噌仕立てのようなトロッとした汁ですね。土鍋で保温されているので、いつまでもコトコト言っているような感じでした。美味しい。ただ、大きめの牛スジと、白菜、タマネギ、ニラといった鍋を思わせる野菜がメインで、麺は脇役といった趣。これなら牛スジ鍋でいいかなー、と思っちゃいました。

そして最後は店名を冠した一品。これも「坦々」になってますが。見た目で面白いのが、器。白磁の深い丼ですが、両脇が角張っていて、上から見るとラグビーボールのような形です。他の丼は丸いので、これだけ気合いが入っているのでしょうか(他にも使ってるかもしれませんが)。で、ルックスは、日本風担担麺に近いかな。茶濁したスープに挽肉がたっぷり乗り、その上にたっぷりのニラが散らされています。

ではまずスープを…ズズっ…お、爽やかに鼻に抜ける強い香りは花椒ですね!花椒がたっぷり使われているこの感じは、四川風。ただ、バックの芝麻醤の甘みが強い辺りは、日本風でもあります。個人的に、花椒が強く効いた担担麺が好みなんですが、これだけ花椒が効いていて、更に芝麻醤もはっきり出ているものは初めて食べました。四川料理店のものと日本風のものの中間といった感じで、面白いです。唐辛子も感じますが、これも辛さはさほど強くありません。また、最初に食べた坦々焼きそばのように酸味が強いわけでもありません。出汁スープがなんなのかはわかりませんが、旨みはしっかり出ていて、ラーメンスープとして美味しいものだと思います。

麺は全品で共通でしょうか。若干黄色く、縮れのある中細麺。弾力のある硬さに茹でられていて歯ごたえが良く、またスープとの絡みもなかなか良好です。ただ、ちょっと没個性でしょうか。それぞれのラーメンは随分違うスープなのに、どれも同じ麺。でも逆に考えれば、あまり個性のない麺だからこそ、いろいろなスープに合わせられるのかな。

濃い味付けの挽肉、ニラはたっぷり乗せられていて、小分けして食べても充分な分量。麺を啜ると一緒に口へ運ばれてきて、味と食感のアクセントとなっていますね。

シェアして食べたので正確な量はわかりませんが、器が大きめなこともあって、結構食べでがあるように思いました。芝麻醤をたくさん溶いて作るスープはコストがかかるためか、かなり小さな器で出てくる担担麺が多い中、これはスープまで飲めば充分満腹になる量ではないでしょうか。880円という値段も、一般的な担担麺の価格としては特に高いものではなく、CPも悪くないと思います。そして花椒。強すぎないスパイシーさを演出していた花椒の分量が、とても好みでした。

一品料理もなかなか美味しかったし、かなり個性的なラーメンが多種揃っているお店でした。若干、チェーン店らしいと思わせる部分もありますが、特にグループで行くにはぴったりだと思います。店員さんの接客もいいし。ごちそうさまでした。また来ることがあったら、今度はどれか一杯、しっかり食べようと思います。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

多摩センター?
どこやねん・・・・

オモロイ器やね。
また飲もうね~

会津愛おし ぶるぢっちゃん | 2010年9月29日 07:10

KMです。
おはようございます。

沢山飲まれても、5種類の味を覚えて
いるのは、さすがです。

飲むとその時のことを覚えていないことが多くなりました。
それはいいのですが、昔の事は覚えていても、
最近のことのを覚えていません。
数分前のこともです(爆)。
これは歳ですね。

KM | 2010年9月29日 08:08

> ぶるまさん

遠いですよね~、多摩センター。
僕も電車で行ったのは初めて。
確かに「多摩地区の中心」といわれると「そうかな…」と思いますが、
でもやっぱりどーなんだろw >Eストさん

また飲みましょうね~
誘ってください!

the_sphere | 2010年9月29日 10:53

> KMさん

まだ記憶は大丈夫ですw
自然科学は記憶/記録・検証/考察だと思っているので、
RDBにレビューとして記録するのも、鍛錬の一環と思ってますw

まー、年などと仰らずに、ガンガンいろんな思い出を書いてください!

the_sphere | 2010年9月29日 11:02

こんばんは。。

こちら、確か京王堀之内にもありますよね。
未訪なので、どんなお店なのだろうと思ってましたが、家族
で行ったりするのに適したお店のようですね。

この一杯もなかなかのようで。。地元近辺の候補としてBM
させていただきますね~

NSAS | 2010年9月29日 21:57

> NSASさん

はい、京王堀之内にもありますね。
家族や友人と、4人くらいで訪れるのにぴったりのお店だと思いますよ。
6人掛けテーブルがいくつかあるんですが、4人だと快適 ^^
麺類、炒飯類なども多種類あって、わいわい楽しく食べられると思います。
ラーメン一杯だけズズっと食べて帰るのだと、
もしかしたら印象がちょっと違うかもしれませんけれど。

the_sphere | 2010年9月30日 00:00

> りうさん

担担麺は、多分RDBで許可されているラーメンの中で最も異端でしょうね。
あ、あとりうさんが辛いもの苦手というのとも関係してます?

ええと、そんな風に言われてしまうと書きにくいですが、
このレビューはアップの直前に書いたものです。丸3日後ですね。
RDBを始めて半年くらい経った頃に気付いたんですが、
どーも食べた直後に書くと、ちょっと冷静さを欠いているのか、
点数が高すぎたかな―とか、低すぎたかも、なんて後で思うことがあったんです。
なので、今は1~3日くらい寝かせて、冷静になってから書くようにしてます。
時間も記録されたデジカメ写真がありますから、
それを手掛かりに記憶をたどる作業になります。

そうそう、あと冷やしも興味を持ちつつ頼まなかったんですよね。
また行きましょーかw

the_sphere | 2010年9月30日 00:06