なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(大)(ニンニク少なめヤサイ豚マシマシネギらー油)@78」@千里眼の写真2010.11.5(金)11:25。開店以来40回以上来ているこちら千里眼ですが、ここ2カ月ほどは足が遠のいていました。しかし、1周年記念でイベントを行うと聞きつけ、開店時間10分前に仕事の手を止めて訪問してきました。事前情報で「豚マシ、豚マシマシ」が行われる(つまり豚入りはサービスする)ことと、それに秘密の新トッピングの登場及び期間限定の無料提供が行われるということはわかっていましたので、特に新トッピングに期待です。ただ、もしかして並んでるかな…

と思ったら案の定。普段は開店待ちなんて多くても3~4人なんですが、既に10人近い列となっていました。その後ろに接続。お、店頭に「新トッピング、ネギらー油」と表示されていますね。ネギでラー油ですか。辛そうですね!辛揚げは、悪くはないんだけどそんなにツボではなかったんですが、これはどうでしょう。それから、「豚マシ」は、もともと1枚入っているところに「豚マシ」コールで1枚追加、「豚マシマシ」コールで2枚追加、つまり最大3枚の豚が普通のラーメンの値段で食べられるということのようです。じゃあ、豚マシマシ確定ですね。

11時30分丁度、ガラス戸の内側のシャッターが上げられて回転となりました。次々に客が吸い込まれ、先頭のお客さんから券を買って順に座ってゆきます。そして僕の番となり、券売機を見ると…ありゃ、豚入りが販売されていないんですね…。なんだ残念。せっかくだから豚Wに「豚マシマシ」コールして、この日だけの最強豚豚丼にしよう!なんて思っていたのにw まあ、豚入りがないことも想像していましたが。では、豚が最大3枚ということなら久々に「ラーメン(大)」にしてみましょう。780円のボタンをポチっ。そして席を見ると…10番席が空いていました。最初から座れて良かった。ただし、こちら1ロットが3杯なので、4ロット目確定ですね。出てくるのは約25分後ということになります。では、ゆっくり待ちましょう…おっと、店主さんと目が合って「こんにちは」。こちらの店主さんとは、言葉こそあまり交わしませんが、「いつもどうも〜」的な覚え方をしてもらってます。

一度座ってから、水を取っていないことに気づいて店中程の給水タンクへ。そして水を汲んでいると、ここにレンゲが置かれているのに気づきました。レンゲ置くようにしたんですね!しばらく来てなかったけれど、最近置いたのでしょうか。それとも、今日から?でもこれで「レンゲが欲しい」と書いていた方々も満足するでしょうね。この店は本当にお客さんの意見を取り入れますね〜。

さて、ここからはちょっと長い待ち時間。お、目の前には新トッピング「ネギらー油」の紹介が張ってありますね。なになに、別皿提供なんですね。それはいいですね!そういえば1人見たことのない店員がいて3人体制ですが、見ていると3人目はこのネギらー油をお皿に盛る作業がメインのようですね…。大きめのスプーンで一杯ずつ、提供直前に盛っています。単純に豚祭り対策の助っ人かと思いましたが、そうではないのかも…そう言えば表にアルバイト募集の張り紙もあったし、もしかして2人目の助手の方、やめちゃったのかな…などと思いながら、今度は店主の作業を見ていると…おや?豚の形状がいつもと違いますね…巻きチャーじゃない?豚祭りのための特別仕様でしょうか。

そんなこんなで時間が過ぎ、着席から約25分後に遂にコールとなりました。「10番のラーメン大盛りの方、ニンニクは入れますか」と訊かれたので、「ニンニク少なめヤサイ、豚マシマシ、ネギらー油で」とお願いします。すると「ニンニク少なめヤサイ豚マシマシネギらー油ですね、少々お待ちください」と復唱。いやー、いつも復唱されるんですが、今日は一段と長くて大変ですね。しかも、皆さん「豚マシマシ」とかに慣れていないから、入れる場所がまちまちだし。「豚マシニンニク抜きヤサイカラメ」とか、「ヤサイニンニクアブラ豚マシマシネギらー油」とか。今日は呪文が新鮮ですw ちなみに、みんな「豚マシマシ」にするのかと思いきや、意外に「豚マシ」というコールもありました。ちゃんと自分の食べられる量を把握してるんですね。いいことです。

コール後、まずは第3の店員からネギらー油の別皿らー油が渡されます。そして完成した丼は店主から第1助手へ渡り、「お待たせしました、ラーメン大盛りです」といって高台に置かれました。これを受け取って下に下ろします。おお、この大盛用丼は久しぶり。そして…豚がやっぱり違いますね!肉の部位が違う。これ、二郎の豚っぽいじゃないですか。かたまり肉で脂身も付いていて…美味しそうだけどどうなんでしょうか。ではまず麺を引き出して…記念撮影。いつもながら、なかなかの山です。ちなみに、ヤサイマシマシにすると、この1.5倍程度の野菜量になります。

ではまず野菜から。おや、今日はヤサイにかけられる醤油の効きがちょっと弱いかな。でもうっすら醤油味のついたシャキシャキ野菜は、キャベツも適度に混ざっていていつも通り美味しいです。そして麺を引っ張ってもこぼれない程度に野菜が減ったら、満を持して麺に行ってみましょう。ズズズっ…熱い!熱々スープの中にいた麺は、下を火傷するくらいに熱々です。そして、味はいつものカイカロー。オーションの香りは満点です。ただ、麺の食感が表面から中心まで均一で、芯を感じられないのが残念なんですよね〜。太いし風味はいいんですが。それと、あまりスープを吸わないのももったいないと思うんですよね。せっかくド乳化で醤油も効いたスープなのに、表面に纏う分だけしか持ち上がってこない。そのために、食べ初めから食べ終わりまで、単調に感じられることが多いんだと思ってます。もし、芯があってスープを吸う麺に変化したら、この店の評価はもっともっと上がるような気がしますね〜。

とはいえ、これはこれでウマイ。個人的には中毒性を感じないんですが、久しぶりに食べるとやっぱりウマイと思います。何がイイって、やはりスープ。丼を持ち上げてズズっと啜ると、ド乳化脂のコッテリ感と甘み少なめの醤油味が重厚で、いつも変わらぬ千里眼のスープを堪能できます。豚骨の出汁感はさほど強くありませんが、バランスがいいですね。毎回ほぼ変わらないこの味を提供してくれるので、いつでも安心して食べることが出来るのが、この店の最大の強みでしょう。40回を越える訪問で下ブレを感じたのは、最初期を除けば1回だけです(その時はちょっと薄かった…)。

さて、ヤサイと麺を3分の1ほど片付けたところで、注目の豚に行ってみましょう…。ムシャムシャ…おおお!これとてもイイじゃないですか!味はいつもの巻きチャーと同じだし、ホロホロ加減も一緒なんですが、より肉の噛み応えを感じる塊豚。脂が残っていてしっとりした感じ、トロトロの端の脂身に、しっかりとした質感の身の部分があって、大当たりの時の二郎の豚のよう。美味しい…いつもより好きだ…いつもこの部位にして欲しい!

最高の豚を一気に2枚食べた後は、また麺とヤサイをガンガン食べます。そして、残り3分の1くらいになったところで新トッピング、「ネギらー油」を使うことにしました。まずは直接食べてみます…お、かなり辛いです。そして具は…名前の通りネギたっぷり。斜め小口切りにされたネギがラー油で漬け込んであるんですね。なるほど、ラー油の辛さとネギの辛さの相乗効果で、かなり刺激があります。では、これをラーメンに投入してみましょう…あれ、意外と辛くならない?それよりは、ラー油のベースであるごま油の風味とネギの風味が際立ちます。これが、なんだか中華っぽい雰囲気を作り出しますね。面白い。でも、少し入れただけではあまり変化が感じられなかったので、もう一気に全部混ぜちゃいました。スープは結構なオレンジ色に変化します。これを飲んでみると…おぉ、やっぱり中華っぽい。全部混ぜても辛さはさほどではなく、その点はちょっと「?」と思いますが、他にはない変わった味の変化を楽しめました。

丼提供から10分。固形物を完食です。んー、やっぱり大でも400g位じゃないかなぁ。絶対に500gはないと思います。食べるのにかかった時間的にも、そして腹具合でもそんな感じ。でも、味は安定したいつもの通りのものでした。そして何より、今日の豚は好みにドンピシャ!いつもの豚も美味しいけれども、ちょっぴり醤油味が濃すぎると思っていました。しかし、今日は巻かれていない肉で表面積が少ない分、醤油が適度に薄くてジャストな塩梅に感じられました。うーん、これからもこの肉でやって欲しい…そんな風に思いながらスープをひと啜りし、お冷やをグッと飲み干して器を高台へ。「ごちそうさまでした」というと、3人の店員が揃って「ありがとうございました!」と返してくれます。店主殿はにっこりほほえんでもう一度「ありがとうございます」

振り返れば店内待ち、外待ちで20人程の行列が出来ています。これから3日間、ずっとこうなんでしょうか。これは大変そうだ。頑張ってください。また落ち着いた頃に来ます。その時も今回の豚だといいな…まあ、戻るかな。でもなにしろ近いんで。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

KMです。
一周年なんですね。
大分味も変化してますか?
なかなかいい味だと思っていました。

麺は盛り上がりぐあいから、450gかな?(いいかげんですが)。
こちらの豚はうまいですよね。

豚ダブルでやさいマシマシだと、上ものだけで結構楽しめました。
この豚はまたうまそうですね。

カロリーを抑えているので、今度は小でも食べてみようかな。
でも豚はやっぱりダブルですね。

KM | 2010年11月6日 06:56

こんにちは。

神保町の用心棒には行ったことがありますが、こちらはBM店のまま、
なかなか訪問機会に恵まれません。
用心棒の麺よりも、縮れの具合が強い麺のように見受けられますが、
とても美味しそうですw
それにしても、豚マシマシ、なんと冗談のような響きでしょう(笑)
一度コールしてみたいww

NSAS | 2010年11月6日 19:27

ギョッツ!
そんまマシマシして~いやん。。。

最近ね、ハラまわり落とそうとして4時30分に起きて40分くらい
走ってるの。

だけど。

ハラ減って間食して。
意味ないね~

でもこれは喰えん。。。

会津愛おし ぶるぢっちゃん | 2010年11月7日 17:28

> KMさん

はい、オープン日から足繁く通ったので、1周年にはなかなか感慨深いものがあります。
味はですね、オープン1ヶ月後に安定してからは変化していません。
だから、いつも安心して同じ味が食べられるお店です。

麺は450gもないような気がするんですよねぇ。
結構多加水(この太さで茹で時間6分は多加水だと思います)だから、
他の店よりも少なく感じるだけかもしれませんが。

豚は旨いですね。ちょっと醤油しょっぱいこともありますが、
非常にハイクオリティだと思います。そして今回の部位がより良かった…
イベント終了後にどうなるのか、またチェックしてきます。
その時は豚ダブルでw

the_sphere | 2010年11月7日 20:03

> NSASさん

今日まででしたが、ご家族の目を盗んで行けましたか?w
「豚マシマシ」コールは良かったですねぇ〜。
イベントならではですが、他でも真似するところがでるかも。
僕は逆に用心棒に行ったことがないんですよね。
用心棒、用心棒 本号の2軒は近いうちに行ってみたいと思っています。

the_sphere | 2010年11月7日 20:04

> ぶるまさん

ふふ、ぶるまさんにはあり得ないマシマシでしょうか。
ってかぶるまさん、呪文コールしたことあります?
かつて撃沈しかけたというのは亀戸二郎でしたっけ。

ちなみに僕もちょっと走ってますよ。職場で。
持久力は多少戻ってきましたが、体重減少までには…

the_sphere | 2010年11月7日 20:06

ども~

こちらは、OPEN当初から
麺友さんに進められておりましたが、
長らく、放置しているBM店ですw

「spherelっチ」のレポがトリガーとなりそうです^_^

YMK | 2010年11月8日 09:40

> YMKさん

おっと、「sphereッチ」と来ましたかw
いやぜひ来てくださいよ。払うお金分の満足感はありますよ。
特に豚入り、ヤサイ増しにするとここの良さが堪能できるでしょう。
んで、平日に来られるなら事前に連絡ください。
昼でも夜でも顔出しますから。
なにしろデスクから店頭まで6分…w

the_sphere | 2010年11月9日 00:02

> りうさん

そう…お昼、食堂を使わずにどこかで食べるとき、
一番楽なのがここなんですよw だから40回。
でもこちらのサービスは、一見さんでも分け隔てなく受けられますよ。
マシマシにすれば、ヤサイの山は1.5倍ですから!
小ならペロリだと思います。是非来てください~

the_sphere | 2010年11月9日 00:05

どうもです。

此方はずっとBMしてますが、つくばから目指すには遠すぎるんですよね。。
連食向きでもないし。。
味わいも完全に成熟しているようですし、東京に戻ったら行こうかな。。
どうやら来年度ありそうなんで。。

3ちゃん | 2010年11月16日 09:12

> 3太郎さん

どうも〜
確かにつくばからは遠いw
せめて渋谷か新宿に用事でもないと来にくいですねぇ。
でも東京へ異動の可能性ありですか!
そうなったら余裕ですね。
ま、東京は誘惑が多すぎるので、逆にBM消化が大変かもですが…w

the_sphere | 2010年11月17日 02:42