なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

知らないうちに大行列店に成長していたようだが、今回初めて足を運んでみた。
日曜日の開店40分前の到着で行列は約15人。
想像以上の混雑振りだ。
敢え無く2ロット目に回り、店内に入れたのは11時15分、つけそばが出されたのはさらに10分後だ。

一口食べての印象は、動物系の旨味が強めに出た最近流行りのつけ麺。
六厘舎やTETSUを真っ先に思い浮かべる味だ。
言うまでも無く魚粉が効かされ、重層的な旨味を作り出している。
さて、このスープ、すこぶる出来がよい。
大量に浮かべられた長ネギがいささか邪魔に感じられることもあるが、まろやかな甘味と適度に効いた醤油の香りがベストマッチ。

ゴワゴワした感触のしっかりした太麺もスープを良い感じに持ち上げてくれる。
麺はしっかりと冷やされているが、その反面中盤以降はつけ汁に浸しても何とも言えない生ぬるさになるのが残念。
チャーシューは平凡。
味玉は非常に味が染みている。
黄身の柔らかさにばかり神経が行き、「味付」の部分がお留守になっている愚かな店が多い中で天晴れな心がけだが、ちょっと醤油の味がきつすぎる。

全体的に見て行列が出来るのはあたりまえの高品質店だが、もう少しオペレーションを工夫すればもう少し待ち時間は削減できるはず。
そろそろ行列整理も出したほうがいいと思う。
近隣に多々迷惑をかけている雰囲気あり。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。