なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】 煮干し担々麺:850円」@せたが屋 本店の写真トラウマレベルのしんどい引越し作業が終わり、ようやくネットも開通。さてさてRDB再開しましょう・・・。
せたが屋の前を通ったら、夜なのになぜか10人以上の行列。そういえば以前にふくもりにもテレビ取材が来てました。何か放送したのでしょうか。
お店の前を見ると、せたが屋限定で「煮干し担々麺」、ひるがお限定で「辛味白湯塩らーめん」なる限定があるではありませんか。これはマストバイでしょう。
ということで翌日、夜の部せたが屋へ。18:00前にもう行列が6名も。間もなく開店し、限定をポチリ。
待っている間にあっという間に満席。やはりテレビ効果?
店員さんは全く無駄話や雑談をしなくなりましたね。好印象です。

そして15分ほどで提供。ほほう・・・これは新しいビジュアル。「味噌をよく混ぜて食べてください」とアナウンス。いただきます。
まずは混ぜずに周囲のスープを・・・。
ふむ・・・魚介系のスープですね。塩分が無い。スープ割りのスープのような味です。つまり出汁だけ。
味噌を一口パクリ。ふむふむ、辛味と胡麻の風味と花椒の味が効いたピリ辛甘の味噌ですね。これがこの一杯の中核を成すものなのでしょう。
ではまぜまぜして・・・いただきます。うん、一気にスープが様変わりし、担々麺っぽくなりました。
ラー油と胡麻と魚介が相俟っている、ライトな担々麺です。あまり煮干しの主張は感じられない・・・。
結構花椒の風味が強烈ですね。たっぷり粒々が入っており、噛み砕くとお口の中がサワー状態。ゴホッゴホッ
麺は多加水の太縮れ麺。ラーメンともつけ麺とも違う、このメニュー特注の麺、だと、思います。プリプリしててまあまあ。量は180gほど。
肉はなんと牛肉みたいなものが2切れ。固めでパサめですが、どこか燻製チックな風味を醸し出しており、これはこれで。
青菜や白髪ネギや糸唐辛子は普通。彩り。
花椒で味覚がやられつつも完食。退店すると行列も数名。

ちょっと変わり種な担々麺ということで楽しめました。
しかし850円はどうか?考えさせられます。
担々麺マニアの方は是非一度召し上がってみてください。
夜の部限定で1日10食でございます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

コメント

まだコメントがありません。