なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(800円)」@一ツ橋 大勝軒の写真所用で朝から都心に出かけたこの休日、午前中に用事を済ませ、帰宅前にプチ遠征いたしましょう。この日の目的地は、国分寺駅から西武線を使ってのアクセスで永福町系大勝軒の直系店となるこちら。所在は小平市になるようです。12時半過ぎに入店すると先客4名。

事前情報で、店内魚の匂いが強いというのは覚悟してはいましたが、その通りというか想像を超えていたかも。これだけでちょっと引いてしまう方がいるかもしれませんね。

カウンター上のメニュー表を眺め、デフォの標記をオーダーいたします。お店は年配のご主人が独りで切り盛り。オーダーから5~6分で永福町系らしくステンレストレイに受け付きのレンゲを添えて我が一杯が配膳となりました。

それほど大振りではない洗面器型の丼になみなみと注がれたスープ、その中央部には草村商店製と思しき中細麺が盛り上がり、ハーフカットのチャーシュー1枚、メンマ、なるとに小口ネギといった一杯。こちらでは海苔は載らないようですね。ではレンゲでスープからいただきます。

澄みきってはおらず多少濁りの見て取れる醤油スープ。この濁りが動物系由来と思われる割にはほぼ煮干一色といった風合いのベースに、醤油ダレを合わせているのですが、出汁感に比べてカエシがちょっと弱いのでしょうか。ファーストタッチで永福系らしいくっきりした醤油感に乏しい印象でした。

そういえば、この日は朝から結構気温が上昇したため、自分の体から相当量の塩分が排出されていたせいで、そんな風に感じたのかも知れません。表面のラードの量は多めで、しばらくすると口の周りがペタついてくるほど。

さて麺。永福町系定番の中細やや縮れ麺は、やはり少し柔らかめの茹で加減。総じてもう少しコシを感じるタイプの麺の方が好みではありますが、この系統にはこれくらいの柔らかめの茹で加減が合っているかもしれませんね。

トッピング関係。ロースの部位のチャーシューは半分にカットされたサイズで、硬めなうえ少しパサつき気味。メンマはごく普通の歯ごたえ、味付けのものが少量。トッピング類にはちょっと寂しさを感じてしまいました。

食べ進める内に、店内の魚の匂いにも慣れ、最初ちょっと物足りなさを感じたスープも舌に馴染んできたのか、麺を掬いきってスープを3分の1ほど飲み、箸を置く頃には満足感に浸っておりましたw

総評。同系他店と同様にその特徴とされるポイントをきちんと押えながらも、永福町系の中では野趣を感じさせる一杯といったところでしょうか。年配のご主人、無理をせず長く続けていってほしいですね。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

>NSAS様
こんにちは(という時間でもないですね…)。
やはり魚臭かったですかw
最近この系統をよく食べているので、改めて思い返してみると、
他店とはちょっと趣きの異なる味わいですよね。

魔太郎 | 2013年6月3日 04:53

いいですね!

永福系。コンプは無理でも
いろいろと食べ比べしたい中、
当然此方もマークしております。

近々、保谷の店舗狙っております(笑)

YMK | 2013年6月3日 08:10

魔太郎さん、こんばんは。

以前のレポートを参考にさせていただき行ってきました。
入店直後は魚の匂いに多少やられもしましたが、しばらくして馴れてきたら
こちらの個性に感じられてきました。
高齢のご主人には無理をせずがんばってほしいです♪

NSAS | 2013年6月3日 20:58

YMKさん、こんにちは。

永福町系も拾ってゆくと結構な数になりますね。
それも埼玉方面に多いので、なかなか制覇は難しそうですw
保谷のお店は、直系店の中でも流れ的に本店に近いようなので私も狙ってます。
ただ17時までの営業時間がネックなので、土曜のワンチャンス狙いですね♪

NSAS | 2013年6月3日 21:01